<< すすむ 原点その2 >>

美術のちから

長期取り組んでいた小児病院のカウンターに置く彫刻の仮設置を行ってきました。
f0076833_9101751.jpg


私は、4歳のとき心臓の病気で入院していたので、子供病院にはとてもお世話になりました。
生まれてから一番最初の記憶が、手術台だったというくらい、衝撃的な記憶ですが、それでも病院は楽しかった思い出があります。

神戸の須磨の子供病院は、図書室や駆け回って遊べる部屋もあって、お部屋にはいつも看護士さんたちの手作りの工作が置いてありました。

私は病室をぬいぐるみでいっぱいにしていました。
その頃から毛の生えた物が好きだったのかもしれません。

f0076833_9144764.jpg


先生も優しくて大好きでしたし、完治して以来、ありがたいことに、病院にほとんど行かない元気な大人に育ちました。

子供の気持ちを楽しくしてくれる病院は、どんなお薬よりも元気になれるのかもしれません。
なのでこの仕事は、過去の恩返しのような気持ちで取り組みました。

ひとときでも、心が楽しくなってくれたらいいなと思います。
この病院に携わったたくさんの方々の想いが、とっても伝わるすてきな場所でした。

f0076833_919463.jpg


人を喜ばせたり楽しませたりするためにある美術。その根っこのところを見失い、自分のため、になるととたんに作品はだめになってしまいます。

けれど美術は大学に入るとき自分のためにだけ戦わないと行けません。
私は負けず嫌いのくせに、最後の最後で戦えませんでした。
勝ちたいのなら犠牲を出してでも勝たなければならない。
けれどよわい犬も好きだし、負け犬でもいいか、と思ってしまいました。

だけど今は、間違っていたなとおもいます。

私のために応援をしてくれる人たち、サポートしてくれる人たち、期待してくれていた先生や後輩たち、たくさんの人をがっかりさせてしまいました。
それは自分の事しか頭に無く、自分が負けてもいいや、誰にも迷惑はかけない、と思っていたからかもしれません。
本当は、私と関わってくれたすべての人たちのためにも、決して負けてはいけない勝負だったんだと思います。

誰かを喜ばせるために作る美術には、力が宿ります。
どんなに小さい彫刻にも、力が宿っていればそれは大事にしてもらえて、また誰かの力になり、つながって、とても大きなエネルギーの固まりのような物になります。

f0076833_934950.jpg

美術は、自分一人の力でできる物じゃない。あらゆる物の力を借りて、だけど自分の手にすべてを集め、作って行く物なんだなとまた感じました。

f0076833_9364199.jpg
f0076833_937312.jpg


工芸は、私なんかが手を出してはいけない実用性、という物を考えると奥深い世界ですが、楽しめる彫刻カトラリーとして、一月に展示会をすることになりました。
実用性はまだまだですが、少しでも使い心地がいいものになるように日々改良しています。
おかしな彫刻のついたカトラリーに興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!
[PR]
by m_kirin30 | 2009-10-07 09:42 | 日常 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/12078002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by s at 2009-10-07 18:04 x
mioちゃんへ
そこにいる生まれてきた動物さんたちはきっとその思いを、出逢ったこどもたちにしっかりと伝えてくれるでしょう。みんな和んでくれるよきっと。
Commented by 渚のおかん at 2009-10-07 21:10 x
小児科病院の作品 無事完成おめでとうございます。先生の幼少時の病気の事は知りませんでした。須磨の子供病院は高速から何度も見かけた事があります。あそこに入院されていたのですね。だからこそ一段と先生の作品に温かみが出るのではないでしょうか。アトリエに置かれていた時より生き生きとした表情ですね。きっと病気の子供たちに何らかのメッツセージが伝わると思います。ど素人のわたしですが、プロの作家さんの底力を感じました。
Commented by m_kirin30 at 2009-10-08 11:33
s様:病院なのでたくさんの子供達にさわってもらえる事を祈っています!頭が禿げるくらいまでみんなさわってもらえるといいなと思っています。   みお
Commented by m_kirin30 at 2009-10-08 11:37
渚ママ様:そうです!須磨の病院。とってもいいところでしたよ!
病気とは無縁のこの健康体は、たくさんの先生方の治療のおかげだったのでしょう。
いまはスポーツマンもびっくりの健康体です(^^)
この病院の企画をしてくださった院長さんもとても素敵な人でした。
やっぱり人が場所を作るんですね(^^)   みお
Commented by Shell(生徒M) at 2009-10-09 21:10 x
いや~こんな子供病院あったら
あたし大人なのに
病気してないのに
行きたくなりますね~

カトラリーやっぱ可愛い!

あと
赤ちゃん系の食器もねらい目かも
「一生食べ物に困らない」
とかなんとか言って…
プレゼントにも良いし
儲かりそう!
(金、金言ってたらお下品かすら?いや、お金も大事ってことで)

マーケティング担当になりたいわぁ~(笑)
Commented by みお at 2009-10-10 23:46 x
Shell様:今日は楽しい時間をありがとう!
デッサン教室もただの教室じゃあなくなってきましたね〜!
これは、将来ビジネスの予感(^^)
みんなでアトリエや〜!
赤ちゃん食器、土曜日にまたツヅキ会議で議題にしましょう
(^0^)
またみんなに会えるのが楽しみで〜す!


<< すすむ 原点その2 >>