<< さよならCOLOR 長くて楽しい一日 >>

つくる

f0076833_9281324.jpg

名古屋市伏見駅の商工会議所ビルの6階にある、会議所歯科さんに柴わんこの彫刻を連れて行って置いてきました。
70歳代のリタイアした獣医さんは、「表情がいい」と、デジカメでいっぱい写真を撮って言ってくれました。
70歳代のあるお爺さんは、本物と思い、「おとなしいイヌですね」と言われました。
昨日は歯の話より木彫の話が多かったんだとか。
そんなお便りを聞くたびに、嬉しくてしょうがありません。

f0076833_9391312.jpg

ここに来る方達は、オフィス街で働く忙しい方達や、ずっと通ってくださっている年配の方々などが多いようです。
みなさん、柴犬のゆるい雰囲気と、木彫りのあたたかさにふれてくれているようです。
木彫は、日本人の心の奥をくすぐる素材です。
きっと日本には大昔から木がたくさん会って、木と出会い、木を加工し、木を使って木と生きる、そんなDNAが深く根付いているのでしょう。
木彫を、やってみたいけど難しそう、と思っている方にぜひチャレンジしてほしいと思います。
歯医者さんがおっくうになっているひとも、ぜひワンちゃんのいる歯医者さんに行ってみてくださいね。

こうやって作った彫刻が喜んで頂けることが、私の何よりの幸せです。
f0076833_10244150.jpg

美術は、時に厄介者にされます。
でっかいものをつくって、置く場所がなく、壊されてきた彫刻もたくさんあります。
作ったものが、ひとを幸せにするものであってほしいと思います。

美術は、この辺りが答えのでない程の難題でもあります。
自分のために作れば作る程、ひとに受け入れてもらえないこともあります。
かといって人に気に入られることばかりを求めた作品も、自分の心を偽ると、あからさまに作品に現れてしまいます。

作品は、自分自身の生き方の鏡のようなもの。
作った彫刻を人の手に渡す瞬間には、いまだに手が震えます。
気に入ってくださるだろうか。
この子は愛されるだろうか。

だけど最近は、何かある一種の信念と言うか、気持ちの固まりのようなものが胸の奥にきっちりとあるように思います。
それは、自分の目で物事をちゃんと見ること。
自分の心で感動し、
自分の手だけでしっかりと作りきり、
自分に正直に制作をすること。
自分自身が楽しむこと。
それらが固まりになって、作るものの奥に芯のようなものを与えてくれます。

そうすれば、もうたいていは大丈夫なのです。
自分自身が深く冷静に、作りきった、と思うものは、人にも必ず感動が伝わってくれるからです。
私は、自分も人も絶対的に信じています。
そうすると、もう前のような作品の評価に対する不安は消えてなくなりました。

つくることは、自分にとって、ひとにとって、社会にとって、地球にとって、いいことであるかどうか、そのどれかひとつでも違っていると思えば、やめなさい。
昔の哲学の本に書いてありました。
いつもそれを確認して、つくっていきたいとおもいます。

f0076833_1075261.jpg

東京 国立のアグレアブルさんでの展示会の詳細が決まりました。
この展示は、仲良し作家の子供服の井上アコさんの展示に、動物でにぎやかにしよう、という特別参加企画です。
詳しくはホームページのほうにもアップしてありますが、
5月1日、2日、3日と、何とここのお店でも、「動物のにがおえやさん」と「いぬのえかきやさん」を開催出来ることになりました。
関東近辺の方で、この不思議体験を味わってみたい方は、予約制で行いますのでお店にお問い合わせくださいね。
http://www.agre.jp/アグレさん

f0076833_1024424.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2010-04-24 10:26 | 日常 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/13516629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タブリン at 2010-04-24 22:33 x
……ほっとしますね、この柴犬。
そりゃ、だれだってほっとしますよ、この表情。
みおさんの文章と同じです、読ませて頂く度に、ほっとします。
 
心が乱れたとき、いつも読ませてもらっています。
この柴犬にも会いたいです。
Commented by m_kirin30 at 2010-04-24 23:31
タブリン様:今年はどこかでお会いしたいですね〜!
もの作りの作家友達は、世代を超えて私には大切な仲間です。
そんな作家木彫友達(しかも自分の好きな恐竜!)のタブリンさんは私にとっては刺激のあるすてきな出会いでした!
インターネットに感謝で〜す!
みお
Commented by hero at 2010-04-25 21:09 x
お猿はイラストで動きそうな雰囲気ですね。

4月30日の金曜映画は旭山動物園だそうです、オラウータン

がチラリと出ていました。

関西圏でも同じ放送なんだろうかな。
Commented by m_kirin30 at 2010-04-25 21:39
hero様:おさるは絵本の一部の絵なんですが、なんだか愉快なのでのせてみました。
旭山物語はいつも見ています!ウータンチラリ、嬉しい瞬間ですね!こちらも30日だったはず。
猿の惑星も映画でまたやらないかな、と思ってます。大好きな映画なんです(^^)
みお
Commented by Shell at 2010-04-26 17:58 x
わんちゃん、みんなのアイドルになるといいですね。
仕事って人間性や生き様が浮き出てきますよね。
わかります。
相手がモノであっても、人であっても
本当に、偽りのない正直な自分でないと
絶対に、後悔するし
その出来事で、後々まで苦しめられたりもします。
(人によってはそうでなかったりしますが)
正直にありのままであることがやはり大事な気がします。
Commented by m_kirin30 at 2010-04-26 21:13
shell様:そうやね〜。私も人を信じやすいほうやからたまに表面上の言葉を本心と勘違いしてしまうことあるよ〜(^^;)
正直な人がまわりに今はたくさんいてくれるのですごく普通の自分でいられます。
いつもありがと〜!!
みお
Commented by cutejunko at 2010-04-27 13:07
ホントに生き生きしてて、じぃちゃんが間違えるのも分かる!!^^
カワイイな~☆
歯医者さんて、私はキライで、ついつい先延ばしにしてしまうけど、
こんなワンちゃんがいたら、ちょっとでも行く気になりそう♪♪
特に、お子様とかは喜びそうだね!^^
Commented by m_kirin30 at 2010-04-27 21:33
cutejunko様:私も美容院とか選ぶときに犬がいるとこをわざわざ探したりしてしまいますが、病院でワンちゃんがいたら、ほっとしますよね〜!
いつか、子供がのれるでっかい秋田県の彫刻を作りたいです。
さわれる彫刻動物園とか、いいですね〜!
みお
Commented by orangutansmomo at 2010-04-28 23:47 x
こんばんは♪
明日、ミニジプシーさん郵便局に迎えに行きます。

上野動物園のコミュニティ誌「どうぶつのくに」5月号お宝ものだと思うので連絡しました。

http://www.doubutsu-no-kuni.net/index.html

をクリックお願いします。
コモモちゃん特集です。
よだれものですよ。
Commented by m_kirin30 at 2010-04-28 23:51
orangutansmomo様:コモモちゃん、9月までに彫ろうと思ってるんです!動物園の赤ちゃん達シリーズ、きっとみんな出会ったらめちゃめちゃ楽しいはず!と思ってます。
コモモちゃんサイト、見てみますね!
momoさんのサイトのコモモちゃん親子写真、感動しました!
みお
<< さよならCOLOR 長くて楽しい一日 >>