<< マイノリティ アトリエ >>

カクゴのススメ

f0076833_2219726.jpg

彫刻の仕事は、毎日決断の連続です。
木を彫っていきものの形にしていくので、余分な部分を一刻一刻、時を刻むように彫り進んで行かなければいけません。
いつも、彫刻のプロセスは、一生に似ているなと感じます。
ほんとうの自分が何かでっかいものの中に隠れていて、余分なものをとっていって見つかってくる。
それか小さいころはほんとうの自分がむき出しだったのに、大人になるにつれておかしなものがくっついて来て、それを削って行くのかもしれません。
恐怖と、迷いと、勇気と、覚悟と、決断と、実行。
こればっかりを一日中繰り返しています。

f0076833_2391054.jpg

彫刻をしていて学んだことは無限にあります。ひとを作品と置き換えてみたりもします。

ひとは何を捨てられるかでその器の大きさを決める。
ひとはどんな武器を持つかでその生き方を決める。
ひとは何を守るかでその魂を決める。

そんなことを考えながら、彫刻していると、たまに満ちている今に感動して泣きそうになります。
そういう瞬間のことを、幸せと呼ぶならば、仕事をして汗をかいてアトリエてひとりぼっちで満たされている自分は、世界一の幸せ者です。

なぜかひとりぼっちなのに、そんなとき、世界中とつながっているような感覚になります。
死んでいったたくさんの犬や猫たちと親友、生きている友達、みんなに伝えたい感動があります。
そんなものをつくるために、この孤独な仕事をしているんだと思います。
f0076833_2393878.jpg

目の前のリアルな感動が、すこしでもそっちに届くといいな。
そんな感じで今日もリンゴちゃん(ラブラドール)を彫ってきました。

こんな毎日が明日も続くといいなと思います。
f0076833_23121183.jpg


夏休みにとっておきの展示会とイベントが決まりました!
詳しくはホームページの展示のコーナーにアップしてありますが、
河合塾美術研究所の千種校で、夏休みに誰でも参加できる木彫り教室をさせていただき、さらに期間中展示会もさせて頂きます。

彫刻に興味のある方、木彫で動物や何かを彫ってみたい方、不思議体験をしたい方はぜひ参加してくださいね。   
さらに動物似顔絵コンクールもまた、同時開催しますのでぜひ絵を描いて送ってくださいね。
f0076833_23175241.jpg

夏っぽく砂漠のトカゲができました。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-06-10 23:18 | 日常 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/13939621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sapporo yoshi at 2010-06-11 08:53 x
どこからこのブログにたどり着いたのかわかりませんが、
出会いに感謝しています。
作ることに対しての真摯な姿勢に感動しています。

若いころ塑像の勉強をしました。
もう30年近くも前のことです。
アトリエに流れていた空気を思い出しています。
作ることが好きでした。

素敵な出会いと、素敵な仕事と
期待しています。
ありがとう。
Commented by なのぢ at 2010-06-11 15:37 x
あ!りんごっち
また掘り始めたんだねぇ♪
わたしたちがいる間に完成するかなぁと思ってたから
ちょっと残念だったけど
またどこかで木彫リンゴにあえるの楽しみにしてまーす♪

素敵なおうちでなにより♪
みおさんとはぜーんぜん違う
たんなる主婦のあたしでも

主婦の砦である台所が
思ったような造りだったりすると
料理を創作する意欲って
わいてくるもんなんだよねー

いつか遊びにいかせてね(^^
Commented by m_kirin30 at 2010-06-11 17:54
sapporo yoshi様 : 塑造やってられたんですね! アトリエの土くささが私も大好きでした。どこからか見つけてくださってありがとうございます。
彫刻家っていうすごくマイノリティな仕事を、少しでもみんなにその楽しさが伝えていけたらいいなと思って始めました。
読んでくださってありがとうございます、これからもナマケモノですが日記続けます!
Commented by m_kirin30 at 2010-06-11 18:00
なのぢ様:リンゴちゃん復活したんです!バルちゃんもマルちゃんも作る予定です。
横川家の動物家族が好きで、みんな作りたい!と思ってからはや4年、どんどん動物が増え、どうやら私のライフワークになりそうです。
いつかヴェルちゃんとカブリンゴと一緒に展示したいな~。 あの頃を思い出してまた泣いてしまいそうです。
新しいおうち、楽しみにしてますよ~! 泊まりに行く! みお
Commented by そらまま at 2010-06-12 03:23 x
奈良さんのツイッターから来ました。
明日は息子の陸が河合塾のデッサン模試を受けます。
東京校のみですが。
仲の良い友だち数人は彫刻希望ですが陸は日本画希望。
現在はお茶美に通っていますが
塑造の作品作ったときだけ泣いて帰りました。
講評後に作品を潰さなくてはいけなくて
胸が締め付けられて悔しくて悲しくて
泣いていました。。。
絵は家中にばらまいて、犬におしっこかけられても
平然としてるのにね!w
黙っていたけれど、もしかして陸には彫刻があっているのでは
と密かに思っている母です。

削っていく作業…とても胸を打たれます。
東京で作品を見る機会があれば馳せ参じますから
教えて下さいね。
人生っていわれると…私は何も捨てられずに
器のちっちゃなちっちゃなやつです。
とほほ。
頑張ってください。

Commented by tatlee at 2010-06-12 07:32
ブログ「はなもの別館」でこちらが紹介されていたので、お邪魔しました。よろしくお願いします。

私は職場の自分のスタッフに今年は徹底した「整理」をお願いしています。
なぜ「整理」なのか。それは本質を見える化するためです。

そしてはしもとみおさんの彫刻に対する気持ちは「削っていく=捨てる=形を作る」と私には読み取れて、私が目指す「整理」の本質を突いていると感じたので、自分のスタッフに紹介したいと思い、このブログのことをメールで伝えました。

彼らがメールを読んでくれるのは月曜日になりますが、どういう反応があるか楽しみです。もしかしたら無視されたりして・・・・。

これからも時々お邪魔します。
創作活動って素敵ですね、がんばってください。
Commented by m_kirin30 at 2010-06-12 07:56
そらまま様:読んでいただいでありがとうございます。彫刻は、モデリング(粘土)だとそのまま作品にすることができず、浪人時代の傑作はすべて無になってしまいますね。
でも彫刻ってそういう儚さも一部なので、それに泣けた陸くんはすごく美術に真剣なんだと思います。
その思いを一生もちつづける事が出来たらどれだけすごい作家になれるでしょうか。
がんばって下さい!
実は今東京にいますが、作品を常設してくださっているお店や場所があるのでまたご紹介させて下さいね。
九月には個展もありま~す! みお
Commented by m_kirin30 at 2010-06-12 08:03
tatlee様:読んでくださってありがとうございます!整理整頓は、私は大の苦手ですが嫌いではなく、整理整頓ができないのは我が家が狭すぎるのに物が多すぎるせいだと思っていたのですが、捨てられない物というのも私生活では多いですね。帰るべき場所に帰すことさえ出来ればちらからないのに、帰るべき場所が無いホームレス物たちがアトリエにはおおいです。
そんな私ですが彫刻にだけは命をかけてるので少しでもお役にたてれば!と思います。これからもよろしくお願いします! みお
Commented by そらまま at 2010-06-12 12:37 x
書き込んだ後発見しました!!!
今日は国立なのですね。
ちょっと勇気を出して行ってみようかな?w
脳科学の茂木さんが出会いを大切に、自分から声を掛けて!
と仰っていたので。

とってもステキな企画ですね。
昔イギリスに住んでいたのですが
よく子どもの顔にフェイスペインティングしてくれる企画が
ありました。
日本では、この企画がぴったりな気がします。

実は代々木に住んでいるのですが
みおさんが以前個展を開かれたコドモノminiギャラリーって
どこにあるのでしょうか?
検索したけれどでてきません。
どこかですれ違っていたかもなぁ…と思っています。

Commented by m_kirin30 at 2010-06-13 00:33
そらまま様:コドモノミニギャラリーは、codomonoっていう服屋さんにあります。今はオープンしてるかわかりませんが、とってもかわいいお店でしたよ。
国立は今日はとても充実して忙しかったのですが、もし来ていただいてて、お話ができなかったとしたら、すみません。また七月八月にも東京くるので遊びに来て下さいね! みお
Commented by ゆう at 2011-07-16 02:32 x
みおさんの日記、読ませていただきました。
元気と涙が出ました。
ありがとうございます。

ぜひみおさんの作品をこの目で見たいと思いました。

私は東北にある学校で美術を学んでおります。
技術もまだまだ未熟でお金もないです。
でも、作ることが楽しくて楽しくてしょうがないです。
なんて楽しいことしているんだろう!って思います。
だから、みおさんの生き方に、すごく憧れます。

正直、不安や怖さもあるけど、
私も美術の世界に飛び込んで、生きていきたいと思っています。

Commented by m_kirin30 at 2011-07-16 08:03
ゆうさま:わあ〜!昔の日記もよんでくれてありがとう!
もともと本を読むのがすきなので、文を書くのもすきなんだけど、
この日記を一番、これから美術を目指す人に読んでもらって、
勇気に変わってくれたらな、と思っていたので、
とっても嬉しいです!!
とにかく学生時代は、美術に打ち込める環境だから、
たくさんおもいついたものをつくって、たくさん見てもらうといいとおもいます、おたがいがんばりましょう!
みお
<< マイノリティ アトリエ >>