<< いのち プロフェッショナル >>

すきなこと


このまえの展示のときに、青羊(あめ)鈴木藍ちゃんが、動物たちにまみれて撮影をしてくれました。彫刻達もなんだかとっても嬉しそうに見えます。
f0076833_9203164.jpg


彼女の音楽が大好きです。兄の関係もあって音楽の友だちができてとても嬉しく、また、音楽も美術もいつも、一緒だなあと感じます。

すきなことを仕事にする。
誰でも、そうありたいと思っています。
だけど、とても厳しい。それも、当たり前です。
すきなことであればある程、ゆずれないものがあって、本気なほど、激しく傷つくことばかりです。

だけど、すきなことだから、あきらめたくないし、がんばって続けます。
お金ですきなことを汚したくないと、ある時期はとても、仕事と美術の関係に、苦しみました。
だけど、目的はお金を稼ぐことでなく、たくさんのひとを、美術の力であったかくしたい、そう思ったら、今の私を取り巻く全部が、大切な一歩づつなんだと気づきました。

すきなことは、すきなだけすきなまま楽しみたい、という想いもあります。
わたしにとっては、音楽だったりスポーツだったり。
美術も昔はそうでした。
絵がすき、粘土がすき、ものづくりがすき。
ほめられたい、見てもらいたい、わかってもらいたい、そんなかんじでした。

今は決定的に違うことがひとつ。
「見返りがなくても、ごく自然に続けるだろう」
ある朝起きて、そんなことを漠然と思いました。
私は呼吸をするのと同じように、絵を描くだろう。
食事をするように、美しいものを食べて、
ただ生きるように、彫刻するだろう。

すきなことは、いつしか生きることそのものに変わっていました。
それに気づいた時、生きていて一番感動した朝でした。
f0076833_863134.jpg


藍ちゃんにとって、うたうことが生きることであるように、
私にとって、つくことが生きること。
世界中の一人一人が、自分で選んだようで本当は、神様だか何だかわからないけどおっきな力に選ばれた、自分の仕事をするための命なのかも知れません。


藍ちゃんのブログに、こんな歌の歌詞がありました。ミルトンさんというひとが、うたっています。


それは人生の宴でか パンを貰おうとしたバールでか
多くの人が この職業に足を踏み入れた
楽器を演奏し 歌う仕事に
聴衆が木戸銭を払おうが払わなかろうが どうでもよく
歌うことそのものが 陽光の元へと至る道だった
昔の自分を思い出すことがある
歌うためなら 何も苦にならず すべて快適だった
トラックの荷台に乗り でこぼこ道を揺られていく旅すらも
そんな風だった
泥まみれの服 大地で一杯の魂
アーティストはみんな 人のいる場所どこへでも
出かけていかなきゃいけない
過去においてそうだったなら これからもそうなのだ
歌は僕を溶かす 決して人生に退屈しない
無論 歌うことにも


あまりに自分の気持ちと一致するこのうたと、藍ちゃんとの出会いに、
つくりてにとって、気持ちは音楽でも美術でも、まったく同じなんだと、気づきました。
f0076833_863952.jpg


たくさんのつくりての仲間達が、同世代でがんばってくれているのはわたしにとって、一番の励みになります。
自分のその誰かの励みになれるよう、この仕事をずっと続けよう、そう思います。
続ける、ということは、とても難しい事です。長く、一生ひとつのことを続けるということは、進歩し向上しないと、決して時代について行けません。

10年後も20年後も、この唄のようにまっすぐに、続けて行きたいなと思います。
この唄を教えてくれた藍ちゃんに感謝を込めて。
by m_kirin30 | 2010-10-28 09:07 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/14873195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kemonoz at 2010-11-09 23:07
なんか照れる…。
私が落ち込んでたら元気をください。
みおちゃんが落ち込んでたら私が元気をあげられたらいいな。
おばあちゃんになっても音楽 彫刻 していたいね。
Commented by m_kirin30 at 2010-11-10 18:13
kemonoz様:おばあちゃんになっても続けたいね〜!
死ぬ前の日まで音楽と美術に囲まれていたい。
この唄の原点を忘れないように、
お互いの道をがんばってあるいていこ〜う!
みお
<< いのち プロフェッショナル >>