<< 手紙 バトン >>

はるウララ

f0076833_11393084.jpg

春はうららかできもちいい。
ほんとだったら全国桜のニュースや入学式。
うららかなニュースがたくさんあふれる時期ですが、今年はいろいろありました。
だけど桜が咲いて、猫が歩き回って、亀が冬眠から目覚めて、
いつもの春がやってきました。
きっと、うちの亀は、地震があったことを知らないんだろうな。
ミノムシはあいかわらずぶらさがって、
新しい春生まれの命が、いっぱい芽吹いて行くのでしょう。

だけど私もそうでありたい、とおもいます。
どんな事があっても生きていく、とは変わって行くこと。
何かが起こったとき、それ以前には、誰も決して戻れない。
時間軸は、常に一方通行だから。

起こった出来事を受け止めてそれを乗り越えて、変わって行く。
変化しながら、今に受け答えしながら、なんとかして生きのびて行く。
すこしでもいい風に、ちょっとでもいい風に、
変化しながら。そんなふうに乗り越えて行きたいと思います。

最も強い者が生き残るのではなく最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である   
と、ダーウィンが言いました。
変わることが生きること、というふうに、
いつもあたらしく、いつも新鮮に、けれど変わらない思いを胸に、
いつもよりちょっとがんばって行こうと思う春です。
f0076833_11355532.jpg

友人がこの前写真を撮ってくれました。
思いをこめて彫る
ただそれだけの毎日ですが、私にとっては一番のしあわせなのかも知れません。
大好きな彫刻だから、彫刻とはなれたくないから、どんな辛いことでもがんばれる。
そんな仕事に巡り会えただけでもとてもしあわせなことでした。
f0076833_11355791.jpg

今は彫っても彫ってもまだ彫りたい。
死ぬまでに目一杯の彫刻を作って、目一杯の動物たちに囲まれて、
あーつかれたと言っておばあちゃんになるのをゆめみて、
彫刻を彫り続けて行こうと思っています。
f0076833_1135566.jpg

f0076833_11354922.jpg

開催の有無も確定するのがおそくなってしまいましたが、
今年も井上アコさんとのGWの展示を行う事にしました。
5月1〜5日に、東京国立のアグレアブルミュゼさんにて、
動物アクセサリーを展示します。
また、オーダーメイドなどの注文なども受け付けたり、(5/1〜3)
いぬのえかきやさんもいつものように開催したり、(5/1〜3)
今回は木彫りのワークショップも開催します。(5/1)
最終日には、原きよさんによる絵本「神様のないた日」の、読みきかせ会も行ないます。(5/5)
絵本「神様のないた日」は、地震の経験を元に描いた絵本なので、今回、子供達や大人の方にも色んな気持ちを知って頂きたいなと思って開催することになりました。
たくさんの方に来て頂きたいです!
by m_kirin30 | 2011-04-09 23:13 | 日常 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/15788265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by はるちゃまん at 2011-04-13 00:44 x
みおさん、桜がきれいに咲きましたね。
来年の春は、日本のみんなが笑顔で桜を愛でることができますように・・・。

マダムMに誘われて始めた水彩画、どっぷりはまってしまいました。
デッサンとか立体感の出し方とか、全く知識はないけれど、自分なりに描いて画用紙に筆を下ろす時、うれしくてドキドキします。
花が好きなので、もっぱら花ばかり。
きれいな色を使うとほんとに楽しいです。

はなももさん宅の動物たちの到着が楽しみです。
(私が依頼主ではないんですけど・・・ね。)
Commented at 2011-04-14 00:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by YH at 2011-04-15 17:05 x
去年国立でアイちゃん、ジプシーさんをお迎えした者です。今年も来てくださるのですね。
西日本から見た東日本はどうですか?3/11以来日付の感覚がわかりません。東京なのに高層のため本震は勿論、最近の関東の大きな余震でも具合が悪くなるほど、揺さぶられました。
みおさんの言うとおり。時間軸は一方向・・
けれど福島に沢山の親族が居り、大きな余震、原発避難で怯えている今、明るい時間に向っている感覚はありません。新聞の原発、今後の余震の記事も心を重くするものばかりです。

緊急警報が鳴るたび、東北の親族を又都心の古い家に住む両親が心配で又、自分が揺さぶられるのにも、ひどく怯えてしまいます。

阪神、スマトラ地震などのとき、思いつくかぎりの支援はしました。けれどそこに住むかぎり付きまとう大きな余震の不安、毎日の心の苦しさまで分からなかった浅はかな自分に気づきました。

東京ではもう普通の生活をしている方が多数だと思います。
同じ東京でも、本震時の状況や被災者の有無で、こんなに温度差があって、自分だけが取り残されていく気がします。
みおさんは苦しい時をどう過ごしましたか?
長くなってすみません

Commented by m_kirin30 at 2011-04-16 08:56
はるちゃんまん様:わあ!はまってますか!
次回アラブに行った時は、水彩画大会しましょうよ!!
はなももファミリー、展示会日本でできることが決まりました。
きっと、悲しいニュースの多いにほんが、少し明るくなってくれると信じています!
アラブに連れて行くのも(もはや自分の子どものような存在のはなももファミリー彫刻)とっても楽しみにしています!
みお
Commented by m_kirin30 at 2011-04-16 08:59
ひで様:天職callingといいますが、よばれている感はたしかにありmす。おーい、彫りに来て!と動物たちが言っているような気になるときも!
つなぎの血!?そうかもしれないし、そうでないかもしれないし、怪我は、じつは彫っている時は集中してて気づかず、あとになって、わあ!ということがあったりします。
でも軽傷なので、気づいた頃にすでになおっている場合も!
みお
Commented by m_kirin30 at 2011-04-16 09:12
YHさま:そうですね、わたしは、中学3年生のとき地震にあって、神戸や尼崎の街も、見た目は驚くほど復興して見えます。
ほんとに地震が来たのかな、というくらいきれいな神戸ですが、
私の実家も、以前地震の被害にあった建物で暮らしていますし、
元の生活に戻れた、という感覚は、きっと生涯無いんだと思います。引っ越したり建て替えるお金がある家はいいですが、きっとたくさんの人が、柱がどうなっているか心配な家で今も暮らしていることでしょう。
直後ももちろん苦しかったですが、苦しいといえば、今でも苦しいですね、地震のニュースを聞くたびに、苦しいです。
だけど、亡くなった方たちのことを思うと、生きている私たちは前を向いて、明るいニュースを増やして行くことが大事なんだと思います。
自分にできる仕事で、人が笑顔になれるような、感動するようなニュースを作っていくことが、一番の支えになるのかなと思います。
西の私たちはいつも東北の方達を思って、いつも通り以上の仕事をしていきたいとおもっています。
みお
Commented by エリ at 2011-04-26 00:08 x
お久しぶりです!以前にコーギーのてつとトイプードルのクレオの彫刻をお願いした者です!
東京在住なのでイベントがあっても中々行けませんでしたが、今回国立のアグレアブルミュゼさんにいらっしゃるということで家族みんなで伺う予定です!
楽しみにしてます!
月くんの彫刻や他の子達にも会えるのでしょうか??生で会えたら嬉しいです!!

楽しみにしてます!!
Commented by m_kirin30 at 2011-04-26 09:06
エリ様:わ〜!ありがとうございます!
月、亀、そのほか新作ディエゴくんもかざります!ぜひ遊びに来てくださいね〜!触ったり写真を撮ったり、あそんでいってください!
1、2日は私もなるべくいます!
Commented by エリ at 2011-05-04 07:11 x
昨日アグレアブルミュゼさんに両親とワンコと行ってきました~!
等身大月君を見れたのがとっても嬉しいです!
デッサンも拝見させて頂き、みおさんのまっすぐな心が伝わってくるようで感動でした!
犬好きな両親もただただ感心して見入ってました!!
個人的に一番好きなのが月に座っている月君?!です!
お会い出来なくて残念ですがまた機会があったらぜひ伺います!!
いつか卒業制作で造られた巨大な天狗猿と月君を見てみたいです!!
これからも素敵な彫刻沢山造ってくださいね!!
応援してます!!
Commented by m_kirin30 at 2011-05-09 17:00
エリ様:ありがとうございまーす!月に座った月、一番新しい彫刻です。
でっかいテングザル君は、三重県の海の近くのお宿「源」さんにいます!しかも黒柴シバちゃんも!(本物のワンちゃんです)
機会があればぜひ!!
12月には個展もありますので、おあいできたらうれしいでーす!!
みお
<< 手紙 バトン >>