<< 神様のないた日 土地 >>

暮らしづくり

f0076833_2119064.jpg

見えたもの、聞いたもの、食べたものが、自分の体や、目や、この手や、脳を直接作っているんだと気づいたのは、なんと二十歳を過ぎた頃でした。
健康でなければ、いい目と手と脳がなければ、いい彫刻もできません。

学校では教えてくれない、だけど一番大事なことを教えてくれたのは、大阪の予備校の先生でした。
「甘いもんばっか食べとったら考えが甘くなる!」
「ダサイもんに囲まれとったら感覚がダサくなる!」
そう聞いたとき、身の回りの暮らしに、自分の納得していないものがどれほど多いだろうと、ショックを受けたものです。

当たり前の事ですが、美術を仕事にするものにとって、自分づくりも、作品づくりの一部なんだと、
そんなことを考えてから、暮らしづくりを大事にするようになりました。

最初はお金ばかりがかかると思っていました、でもそんなことはない、
よくよくさがせば、いろんなところに、いいものは見つかります。
質のいい素材や食材、質のいい音楽やデザイン、すべて、質素で、自由なものでした。
自分の目で、自分のいいと思った物を見極める力をつければ、自分にあったいいものはきっと見つかります。
それは、なかよしな友だちがお金持ちでも、貧乏でも、関係ないようなものです。

暮らしを自分の納得するものにつくりあげていく、
いい仕事も、この、暮らしなしではあり得ません。
その理想は、私にとっては、いたって質素な、シンプルな暮らしでした。
毎日自分でお料理ができる環境と時間、
納得のいく道具達、
掃除の行き届くちいさなお家、
仕事ができるところ、
土のあるお庭、
一匹の犬、
すこしづつ、理想を自分でつくりあげていく、これ以上の楽しみはありません。
誰かにもらったものであったり、誰かの力を借りてつくったのであれば、これほどの達成感は得られないのでしょう。
もらったものは、ありがたいし嬉しいけれど、
汗を流して手に入れたものは、大切な事この上ないです。

自分の作ったもの達に囲まれて、うんうんとしあわせを感じる。
枝をかき集めてちいさなうちをつくったミノムシのように、納得の空間。
そんな時間と空間を人生でたくさん作れるように、
なんでも自分の力で汗をかいて作っていく、ということを、大切にしていきたいと思います。
f0076833_2194766.jpg

つくれるものから、ひとつづつ、です。
f0076833_2119316.jpg

夏休みの企画で、今年も河合塾さんで木彫りのワークショップをさせてもらうことになりました。
またみんなで木彫りができると思うと、ワクワクします!

7月23日(土曜日) 7月30日(土曜日) 子ども教室(小学5年生~中学3年生まで)
8月7日(日曜日)  8月17日(水曜日) おとな木彫り教室

ご予約はこちら 0120-59-1109

タリーズコーヒーさんとの企画も決まって、この夏は展示やイベント、ワークショップが目白押しです。ナツノアツサニモマケズ、がんばって乗り切ろうと思います!
by m_kirin30 | 2011-07-12 22:15 | 日常 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/16264730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ふくりんご。 at 2011-07-14 20:32 x
こんばんわ^^

大人の木彫り教室、姉と予約しました★ちゃんと出来るかドキドキ

みおさんに会えるの楽しみにしています
Commented by m_kirin30 at 2011-07-16 07:55
ふくりんごさま:わ!!うれしいな〜!!声かけてくださいね!!ぜひぜひ。私はちっちゃくておっちょこちょいなのでちょっと恥ずかしいです。
怪我だけはきをつけてつくりましょう〜!
みお
Commented by 黒住和隆 at 2011-07-19 01:27 x
はしもとみお様こんばんは

いい生活をしようとおもったらなるべく自分でいろんなことをせざるを得なくなっていくのしょうね。

本当に安全で納得のいくものを食べたいとおもったら自分で土を耕さなければならないように。

それをやってのけていくあなたを尊敬します。

新井さんのうちで作品を拝見しました。狛犬(と新井さんが言っていた)前に拝見した作品と違う雰囲気に驚きました。表面の渦巻きをみて縄文土器に触発されたのだろうかと勝手に想像しました。

ほえているサルは意外な荒々しさを感じました。動物の持っている「闘争性」の表現がテーマだったのでしょうか。

暑中お体お大事に
Commented by m_kirin30 at 2011-07-22 10:11
黒住様:せざるをえなかった、という事も多かったですが、ちいさな理想をかなえていくのは、ロールプレイングゲームのように(例えが変ですが笑)達成感があります。
たっちゃんちの作品は、大学3年生のころで、狛犬がすきですきでたまらなかったころのものです。
いまでも、あのころの荒々しい動物たちを作りたくなります。
動物の、あいらしさも、怖さも、猛々しさもすべてつくっていきたいです。
みお
Commented by シゲじい at 2011-07-31 20:47 x
昨年末の大阪ラマダホテルで作品を拝見し木彫のすばらしさを知りファンになりました。

で、8月7日の木彫り教室に申し込みしました。

初めてすることなのでドキドキしてます、・・・

が、台風9号が・・・当日直撃しないかな?

山口から行くので天候しだいでキャンセルするかもしれません。

むー、台風がそれるよう祈ってます。
Commented by m_kirin30 at 2011-08-08 16:33
シゲじい様:木彫り教室来てくださってほんとにありがとうございました!ラマダで一度お話していたので、覚えていて、ああ、まだ木彫りに興味を持ってくださっていたのだなと思って、ほんとうにうれしくなりました!
私のワークショップは、技術的に教えられるという事は少ないのですが、木彫りの汗をかく楽しさや、熱中してものをつくりあげる熱い思いを伝えたいと思っています。
遠くから来て頂いて本当にありがとうございました。
作品のお写真、ブログで紹介させてください。
ぜひ、木彫りチャレンジしてみてください!ホームセンターやハンズなどでも道具類は揃えられますので!!

みお
<< 神様のないた日 土地 >>