<< 彫刻のちから 旅する彫刻 >>

たのしませること

f0076833_10233115.jpg

子供のころ、絵を描くのが、ものをつくるのがたのしくて仕方ありませんでした。
たのしくつくっていればほめてもらえる、そんな世界で生きていたからかもしれません。
ほんとうにいい美術は、プロであれ趣味であれ、大人であれ子供であれ、
ありとあらゆるところからあらゆる人の手によって生まれる可能性があると、そう思っています。

だけど、仕事としての美術は、たのしくつくる事ができれば、人をたのしませるものがつくれるかといったら、全くそうではありません。
美術の仕事をすればするほど、たのしいだけの制作はできなくなってきます。
それでもいつか、真に自分がたのしくつくるものが、ひとをたのしませる日がくることを、
私が歩む美術の勉強の道は、そのことを学ぶ道でもあります。

たのしくつくる事を学ぶのではなく、つくったものでたのしませる事を学ぶ、それが美術の学問です。
そのためには制作のあらゆる苦悩も、痛みも、必要不可欠なものです。
むしろ難しい制作だからこそ、ひとをたのしませる、感動させる、そういったものをつくることができるのかもしれません。
なにがひとをたのしませるのかを知るという事は、なにがひとを傷つけるのかをよく知っておく事だと感じています。
あるひとをたのしませたからといって、あるひとを傷つけていいわけではありません。
自分のつくったものが、自分にとって、ひとにとって、動物たちにとって、地球にとって、どれかを傷つけるものであってはならない、そう感じます。
まだまだ勉強の途中で、間違える事もあるかもしれませんが、
今の時代のまっすぐな彫刻を、見る人に届けたいと感じています。
やがては自分のつくったものが、100年、1000年、そのずっと先に生きる地球の住民にまで、愛されるように。
今の時代に、こんなに美しい動物たちがいたのだという証明を、つくっていけたらなとおもっています。
f0076833_10243538.jpg
エキサイトブログの10周年記念特設ページに、ピックアップの10人のブロガーのなかに選んでいただきました。
大学生の頃にはじめたこのナマケモノ日記が、これからもたくさんの美術を愛する方々に読んでいただけるよう、
更新はとてもナマケモノですが、続けていこうと思っています。
こちらのページからご覧ください。


現在展示中の、「いぬねこ島へようこそ!」のこり一週間、6月21日までになります。
関東での展示会の機会は少ないので、この機会にぜひ足を運んでみてくださいね。

次回展示は、大阪府箕面市です

はしもとみお展 〜いきものたちの隠れ家〜
2014年7月5日(土)〜7月27日(日)
21日祝日のみ、お休み
11:00〜17:00

けんちくの種
f0076833_10234355.jpg


新作も追加予定ですので、ぜひ遊びにいらしてください!












by m_kirin30 | 2014-06-16 19:29 | 日常 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/22318003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by papacamera at 2014-06-17 11:16
はじめまして。
10周年特集で初めて知りましたが、驚きました。
生きているかのような彫刻、その彫刻をさらにイキイキさせた写真、
デッサンも含め、いつか直接作品を拝見したいものです。

誰かに喜んで貰える、そこに仕事の神髄がありますね。
Commented by a-iro at 2014-06-19 16:45
はじめまして
展覧会、行ってみたいなー
福岡にいらっしゃらないのが残念。
Commented by あやぽん at 2014-06-22 13:41 x
こんにちは。
ギャラリーKISSAさん最終日、おじゃましました。
いぬねこ島・・・とっても楽しい空間でした。
月君もどんちゃんも他のワンコ達もにゃんこ達も、
みんな息づかいが聞こえてきそうなほどに、
そこにちゃんと居ました。 いつも感動です☆
我が家の茶柴も、いつか、
仲間入りさせていただきたいと思っています。
昨日は、お会いできて嬉しかったです♪
ありがとうございました!!

<< 彫刻のちから 旅する彫刻 >>