<< はたらく まるごと >>

木を彫る

f0076833_13295846.jpg


彫刻には、大きく分けて2つの種類があります。

モデリング  (粘土などを盛り上げて作っていく手法)
カービング  (彫り下げて作っていく手法)

私の行っている木彫は、木を彫り下げて作る、カービングです。
木彫は、厳しい意思が必要になってきます。
カービングのしごとは決断なので、心にブレがあると進みません。
目標の形を見出したら、ある程度のスピードで一気にその形まで彫り下げていきます。

迷いながら行うカービングの仕事は、ある意味地獄です。
その形を、「失わせる」か「とどめる」かの2択しかないからです。
それなので、すべての仕事が最後の面になるかもしれないという覚悟をもって、仕事を進めていきます。
わたしはそんな、彫刻の持つ、はりつめた緊張感が好きで、
そんな厳しい苦しみの選択の中から、うまれたかたちがとてもあったかいものであったとき、
言葉にできない、愛おしさが彫刻にこみあげてきます。

f0076833_13301480.jpg



木を彫っているときいつも、最高の決断ができるよう、心がけています。
最善をつくしたその結果が、いまのかたちであるように、
最高の形を、見る人に届けられるように、
それは実はとても難しいことですが、いまのひとときを集中して、一刀をいれて、なにかを捨てて、なにかを残していく、彫刻家の一番たいせつなしごとです。

そうおもえば、最高の形は、すでに木の中にあるということです。
始まる前には、最高も最低も、すべて埋まっていて、
そこに向かう途中に、苦しみの中で、最高にたどり着くのをあきらめてしまわないように。
こころを彫刻のようにしっかりと、重力に自立させておく訓練のようにも思います。
「この仕事をつづけていると、そのうち自分が彫刻になってしまうよ」
と、ふと、思いました。わたしはそれで本望です。

f0076833_027566.jpg


夜中のアトリエに用事で入った時、普段見る昼間の顔とちがう彫刻たちが、そこにはいました。

「一本の木にも流れている血がある
 そこでは血は立ったまま 眠っている」

といった、寺山修司さんのきもちが、そのとき分かるような気がしました。
彫刻たちは、立ったまま、眠っていて、そこには血が流れている。
どうか私よりも、彫刻たちの方が、長く地球で過ごせますように、たくさんの私の知らない人たちに出会えますように。


2月21~ 東京 巣巣 ミニ展示&ワークショップ

3月20~ いなべ市フェア  展示会 ワークショップもあります

4月4~5 アニマルクリエイターズカーニバル 展示会  ワークショップもあります。

5月16〜 東京 ギャラリーキッサ 個展


上記以外にも進んでいることがいくつかありますので、詳細決定次第またアップしていきます。
お近くの展覧会の際にぜひ彫刻たちに会いにきてくださいね。
[PR]
by m_kirin30 | 2015-02-22 13:25 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/23703631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 赤嶺明人 at 2015-02-26 10:49 x
みおさん、こんにちは。
いつも温かくて、身の引き締まる。。気の引き締まる内容をありがとうございます。
僕も職業がら(針灸マッサージ師)共通する思いがたくさんあり、みおさんの思いは僕の心にも入ってきます。

ありがとう(^人^)
Commented by at 2015-02-26 12:13 x
お元気そうでなによりです◑
Commented at 2015-03-24 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_kirin30 at 2015-04-02 14:30
赤嶺さま

いつも読んでいただきありがとうございます。体を扱う仕事ですもんね、共通する思いがたくさんありそうです、心技体ともにバランスよく鍛えていきたいと思います!

みお
<< はたらく まるごと >>