<< 猫島物語 修行 >>

はじめての木彫り

f0076833_18302655.jpg
彫刻を志したきっかけは、いろいろありますが、一番初めは、幼少時代にさかのぼります。
飼いはじめた犬がすぐ病気で死んでしまい、大好きな生き物を助けられない無力な自分が辛く、
動物の命をたすける仕事、獣医師を目指そうと決めたのが最初でした。
だけど15歳の時阪神大震災にあい、美しかった動物たちの姿がある日突然目の前からなくなってしまう体験をして、失ってしまった後の命のことについて考えるようになりました。
地震で頭がくらくらしたせいか、なんだかその頃から、無性に絵が描きたくなりました。
今見ているものは必ず消えて無くなる、という思いから、見ているものを残すことで、自分の今生きている証明書を残していたかったのかもしれません。
現実のかけらを残すことのできる美術にとりつかれた私は、高校2年生のときから美術予備校に通い、進学も美術大学を志すことに決めました。

それからうちにかわいい猫がきて、大学入学までずっと実家で一緒に暮らしました。

当初は仕事の振り幅の大きい、デザイン、工芸科に在籍していましたが、絵を描くこと、デッサンすることでは物足りず、まるごとそのまま、等身大で現実を残したい、という思いにとりつかれていました。
東京芸大を目指していた私は、せっかく3年間も工芸科の勉強をしてきたのだからということもあり、
東京芸大は工芸科で、東京造形大学は彫刻科で、通してくれたほうに、人生を委ねよう、と心に決めました。
そうして両親の理解もあって(今思えば本当に感謝の気持ちでいっぱいです)、志望の彫刻科に入学することになりました。

実家に帰るたびに可愛がった大好きな最愛の猫でしたが、大学3年生の時に家出をしたと実家から連絡を受け、
それっきり帰ってこなくなってしまいました。
初めて作った動物の肖像彫刻が、その、いなくなってしまった猫と、在学中に飼いはじめた黒柴月くんの木彫でした。
月くんは観察がたくさんできましたが、猫のトムくんは思い出そうとしてもあまり思い出せず、写真やデッサンをたよりに作りましたが、「ああもっとかたちをよくおぼえておけばよかったな。。」と、後悔の気持ちでいっぱいだったのを覚えています。それでも、今もそのトムくんの彫刻を見るたび、可愛かったあの姿を、涙が出るほど思い出します。それが、わたしにとって、はじめてのちゃんとした動物の木彫りでした。

そんなこんなで、目の前に実際に生きている、生きていた、私と出会った動物たちの肖像彫刻を、どこまでもリアルに残そう、彫刻に触れた時に、もう一度その子に出会えるような気持ちになるようにと、
現実の生きたその子自身を残す動物の肖像彫刻家を志し、彫刻を見てくださったかたから、うちの犬も、猫も彫ってくれないか、とご依頼が来るようになり、それがずっと続いて今に至ります。

私は自分の仕事を現代美術だとは思っていません、現代美術の方々からしてみればコンセプトのない美術なんて、美術と認めてくださらないかもしれません。
現実が一番美しいと思っているので、現実の動物たちが持つ最高のデザインに、いつも敬意を持っています。
デフォルメもアレンジも装飾も擬人化もなく、そのままの動物たちの姿を彫刻に残したいと思っています。
これからも、この気持ちは、一生変わることはないでしょう。
いろんな作風をつくりなさい、もっと新しいものを発表しなさいとよく言われるのですが、
私にとっては目の前の現実が一番新しく、新鮮で、毎回違う感動があって、同じ月くんを作っていても、タッチから何からすべてあたらしい、発見の連続です。
この、はじめて彫刻を作った時とおなじ気持ちと感動を、生涯持ち続けていけたらなと思います。
f0076833_18303018.jpg

この秋の予定など

9月26日 27日 東京 もみじ市 出店 木彫りのブローチや、ちいさな木彫りの彫刻、先行発売で「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」も発売予定です。
f0076833_18303662.jpg

9月30日   「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」はしもとみお著 雷鳥社より出版 全国書店で販売
         amazonさんより予約受け付け中
         特設サイトもあります

かんたんな木彫りから少し難しい動物の木彫りまで、木彫りの教本&彫刻写真の作品集を作りました、
木彫りに興味がある方や、自分のかわいい愛猫や愛犬を彫ってみたい方、彫刻が好き、動物が好きな方、たくさんのかたに手にとっていただきたく思っています。

10月3日  いなべ市主催 art&camp 名古屋 ミッドランドスクエア 彫刻展示、ミニワークショップ開催

10月16日〜2016年1月11日まで 
       浜田市世界子ども美術館 島根県 にてグループ展 ワークショップ開催

11月18日〜23日 いなべ市北勢図書館 藤原文化センター はしもとみお彫刻展







by m_kirin30 | 2015-09-04 20:01 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/24435741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みおさんへ☆ at 2015-09-05 00:41 x
いつも暖かいお返事、ありがとうございます。
みおさんのお話、読ませていただきました。

みおさんの成されている事、本当に素敵です。
私も過去に最愛の猫ちゃん・ワンちゃんがいましたが
最後の別れってとても辛いですよね。
猫ちゃんの時は目が見えなくなっちゃって
散々迷った挙句、安楽死を選びました。
まだ私も中学生の頃でしたが、いまでも鮮明に覚えています。
涙が止まらず、とってもとっても辛かった記憶があります。
ワンちゃんの時は、持病があって症状が悪化してきましたが
その子の事を考えて、県外の病院に行って辛い思いをさせるより
自宅で一緒に毎日楽しく過ごして、最後を看取りました。

辛い思い出もありましたが、今は12歳のワンちゃんと過ごしています。
いつも思うのですが、もう飼うまいって思いつつもつい・・・。
とにかく日々を楽しく明るく過ごしています。


最後に私は今の仕事が天職と思っています。
とにかく接客業がしたくてしたくて。
おかげさまで、大学卒業時からずっと同じ仕事に就いています。
本当に大好きな仕事でした
いろんな業種のお客様と話せる仕事は他にはないのでは?

みおさん、お互い頑張っていきましょうん!!!
いつもありがとうございます。
Commented by at 2015-09-05 01:01 x
みおさんへ☆

タイトルが名前になっちゃいました
いつもお世話になってます“権”でした
間違ってすみません。。

私の今の仕事、本当いろんな業種の方々と
お話しできて、とっても幸せです。
とことん仕事に対して研究&追求したいと思っています。

長々とすみませんでした。
Commented by m_kirin30 at 2015-10-25 11:51
権さま

いろんな職種の方とお話できるのはほんとうに素晴らしいことですよね、
多様な考え方や、業界各界の考え方や思いを知ることで、その一端である私たちの仕事も、社会においての役割がよりよく見えてくるように思います。
私は、どの仕事もほんとうに尊敬しています。
自分の仕事が成り立つのは、多くのこの世界にあるたくさんの仕事のおかげなので、いつもたくさんの社会人のかたがたに感謝して、自分にできることを精一杯していこうと思っています。

いつもコメントありがとうございます〜^^


みお
Commented by at 2015-10-25 22:59 x
みおさんへ☆

いつも心優しいお返事、ありがとうございます。
確かにどの業種の方々もプロ意識を持って取り組まれると
尊敬しますし、さすがだなって思いますね。
自分自身もプロ意識を持って誇りを持って仕事しないと
いけませんよね。
引き続きお互い頑張っていきましょい!
いつもいつもありがとです◎◎◎

<< 猫島物語 修行 >>