<< 黒柴月くんその2 こどもたち画伯につたえたい10のこと >>

黒柴月くん

f0076833_09281848.jpg
f0076833_09314189.jpg
写真 砺波周平さん

黒柴月くんがこの世界から旅立ちました。
忘れない鮮やかなうちに、月くんの一生を振り返っていきたいなと思います。

月くんとは、ある日突然出会い、一緒に暮らし始めました。
そして、ある日突然、旅立って行きました。

小さい頃から動物が大好きだった私は、実家で小学校3年生の時に一匹の子犬を飼うことになり、たいそう可愛がりましたが、病気で一ヶ月で亡くなってしまいました。
その後、高校二年生のときにかわいい猫が来て、猫と実家では暮らしていました。

3年も浪人してやっと入った念願の美術大学、東京造形大学2年生の秋の終わりの日、木彫をするための木を買いに、私は原付を走らせました。
木材やさんに向かう途中、キャンキャンと犬の鳴く声がして、私はなんだかそちらの方へあるいていきました。
するとちいさなちいさな黒柴が、尻尾をフリフリしながらじっとこっちをみています。
やすし犬舎さんというブリーダーさんのお店が、そこにはありました。大きなリクガメもいたり、不思議な犬舎でした。
なぜがその子に釘付けになってしまって、「犬と暮らしたい」という思いがどんどんふくらんできて、抑えることができませんでした。幸い古いちいさな貸家で暮らしていたので、動物を飼ってもいい物件に住んでいて、お庭も小さいながらもあったし、なんとか暮らせるんじゃないかと思って、そのままちいさな黒柴くんを、連れて帰ることにしました。
この子のために、お金を稼ごう。この子を残すために、デッサンをもっと勉強しよう。
大学二年生の冬には、月くんの初めての彫刻を作りました。
私は朝の6時半から大学に行き、夜遅く家に帰るほど制作が好きだったので、家にずっと置いていくのがかわいそうに思い、モデルにもなるし大学に連れてしばらく通っていました。
しかし犬が好きな人ばかりでもなく、犬を連れて行くことを、よく思っていない人もいました。
そんな中でも、クラスメイトの本多絵美子ちゃんは、自宅で老犬の柴犬を飼っていることもあり、黒柴くんのことをたいそう可愛がってくれて、「月くん」というこの世界で一番素敵な名前のプレゼントを、してくれました。
月くんは、その後も田村先生に可愛がってもらい、警備員さんやバスの運転手さんにまで可愛がってもらい、果ては足を甘噛みされたにもかかわらず当時の学長にも、可愛がってもらいました。

私は月のデッサンを、1000枚は描いたでしょうか。大学時代は、月くんとともに、デッサンを鍛え、いつか最高の犬が作れる彫刻家になりたいと、夢を膨らませていました。

月くんとはどこへでも一緒に行きました。
車が大好きで、友達に乗せてもらったり、先生に乗せてもらったりして、いろんな美術館や、旅行や、お散歩、たくさんの時間を、ほとんど一緒に暮らしました。

その後、大学院に進むことになり、お金もそれほど使えないので、ちいさなアパートに引っ越すことになり、
月くんは、私の生活が安定するまでの4年間、私の実家でうちの両親と暮らしました。
うちの両親は本来とっても動物好きなので、大変可愛がってくれました。
今となっては、お散歩も楽しかったし、ドックランやドックカフェなんかも行けて、最高の時間だったと、両親は話してくれました。
愛知県で、大学院も卒業し、彫刻家として生計を立て、なんとか犬一匹養えるようになった頃、月くんは愛知県のまたまたちいさなお庭のついた貸家に、私と一緒に暮らすことになりました。


つづく。



f0076833_12145724.jpg
f0076833_12160276.jpg


広島県で初の個展が、三良坂平和美術館で開催されます。
9/16~11/5
ぜひ、西日本周辺の方はこの機会に足をお運びください!


[PR]
by m_kirin30 | 2017-08-30 11:57 | 日常 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://mkirin30.exblog.jp/tb/28107441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by inuzure at 2017-08-30 15:54
月くん逝ってしまったのですね。
いつも一緒だったのに、さびしいですね。。。

私ごとですが、きのう、4年前に逝った2代目はなの残していた毛を(ブラッシングで集めたもの)お友達に紡いでもらい毛糸にしてもらいました。そして、ひさしぶりにこちらに伺ったら月くんの悲しいお知らせでした。

これからは、月くん彫刻の中に宿ってくれるような気がします。また月君のお話、拝見しに来ます。
どうぞ元気だしてくださいね(*^_^*)
Commented by シゲじい at 2017-08-30 22:09 x
先日東京のギャラリーにおじゃましました。
月君旅立つ、ですか。
月君の彫刻をみると実に幸せに生きているというのが伝わってきました。
「はしもとみお」という彫刻家を育てた月君、というよりも二人三脚で月君と一緒に大きくなった感じがします。
永六輔さんの「生きるものの歌」を月君への献歌としてささげます、youtubeなどで聴いてみてください。
みおさんはもとより、多くのみんなに愛された月君。
合掌。
Commented by ミューミュー at 2017-08-31 10:13 x
今年岡崎で、初めて木彫りの月くんに会いにいきました。初日の一番乗りだったので、お迎え入口で思う存分月くんを撫でました、ハグもしてしまいました。このブログを拝見して、どうやってみおさんと暮らしだしたかを知りました。月くん、土に還り、空に昇ってほんとうのお月様のそばに。月くん、かわいいお顔ありがとうね。
Commented by トコ母 at 2017-08-31 22:25 x
初めまして、みおさんの大ファンです。
月くん、寂しいですね。
実は、今日、うちのサバトラ猫のイクラちゃんも、虹の橋を渡ってしまいました。
天国で、月くんとイクラちゃん、会えてたらいいなぁと思います。
岡山在住なので、広島の個展は絶対にお邪魔したいです。
Commented by もぐこ at 2017-09-05 07:37 x
はじめまして。
今年の大雪の日、積雪のリアルな情報を探してる時に
みおさんのtwitterで可愛い月くんをお見かけしまして
ファンになりました。

今は桑名市在住なのですが、
やすし犬舎にびっくり!実家の近くです。
月くんはやすし犬舎の子だったんですね~。
ご冥福をお祈りします。
Commented by ちぃちゃん at 2017-09-06 00:01 x
はじめまして、はしもとみおさんを初めて知ったのは、確か柴犬の雑誌だったと思います。
可愛い黒柴の彫刻。月君だったんですね。
我が家も黒柴犬がいたので、月君の彫刻に釘付けになっちゃいました。
みおさんの大学生活、彫刻家としてのみおさんを一番近くで見守り支えていてくれた月君。
突然の別れはあまりにも辛過ぎますね。
我が家の黒柴麦(むぎ)も、昨年4月に11歳で突然旅立ってしまいました。
こんなにも涙は出るものか、というほど毎日泣いてばかりいました。
今は、切なくも夫とともに笑って麦のことを話せるまでになりました。
でも、やっぱり会いたい。もう一度抱きしめたい。

みおさんが、デッサンを描き続ける限り、彫刻を続ける限り、月君はいつもあなたの足元に静かに寄り添ってくれていると思います。
心から月君のご冥福をお祈りいたします。
Commented by at 2017-11-02 23:47 x
みおさんへ☆

ご無沙汰しております。
今日黒柴月くんに会ってきました。
凛々しい姿で、立派でした。

今日三良坂平和美術館にお邪魔しました。
美術館の方も黒柴月くんの事、おっしゃってました。
悲しいけど・・・誰もが通る道だから・・・
私も何度かありましたが、やはり・・・寂しいです。
でも今日元気なお姿を見れてよかったです。
みおさん、ありがとう。

初めてこの目で、みおさんの作品を拝見しましたが
もう言葉には言い表せないくらい感動しました。
み~んな生きてるようで、何度も何度も繰り返し拝見しました。
美術館の方が手で触っていいと言われましたが、
作品に対して触るなんてって思い、結局触りませんでした。

またいつもみおさんのHPで見てる画像が目の前にいるなんて
信じられませんでした。
食い入るように、ずっと見てました。
久々の感動を与えていただいて、みおさんには感謝の言葉しかありません。
私もみおさんを見習って、挫けず負けないよう頑張っていきたいと思います。
自分を信じていきたいと。

今日1日本当に充実した1日でした。
そんな充実した日を与えてくれた、みおさんに感謝します。
ありがとう、みおさん。
これからも引き続きよろしくお願いします!

※今日美術館にあったノートに書き込みました。
 つい焦ってて、署名するの忘れてました。
 2017/11/2って書いたのが私です。。
<< 黒柴月くんその2 こどもたち画伯につたえたい10のこと >>