カテゴリ:ことば( 2 )

こどもたち画伯につたえたい10のこと

f0076833_08524661.jpg
こどもたち画伯へ

ひとつ

 絵を描くということは、うまく描くために描くのではなくて、よく世界を見るために、よく感じ、よく学ぶために、そしてそのことを、だれかに伝えるために、描くのだよ。見る人のことを思って、描くのもいいよ。世界と君とをつなぐ、窓なんだよ。


ふたつ

 描いた絵を見せるということは、窓をひらくこととにているよ。鍵がかかってしまっていると、みんなには絵がよく見えないから、まずは「ようこそ!」と、窓をひらくように描くのがいいよ。君の世界へ、たいせつなひとたちを招待するきもちで、描くといいよ。

みっつ

 見えたまま描いたらいいよ、うそをつかなくても、大丈夫。君の見えているもの、美しいと思うものを、信じて描くんだよ。見て感じたままに、描いたらいいよ。ただし、絵の世界では、ひとやものを傷つけるのはやめよう。絵はいつも、見る人のこころをあたためるために、あるのだから。

よっつ

いつもあたらしいきもちで、描くといいよ。今まで描いてきたどのやりかたも、今描きたいものには、使えない。だって、描いている時間も、光も、空間も、君も、ひとつとして全く同じではないのだから。あたらしい描きかた、あたらしい気持ちで、わくわくと、描くといいよ。

いつつ

どんなものでも、描いてみるといいよ。きらいだとおもっていたものの中にも、うつくしさがあったりするし、描くのが苦手だと思っていたもののなかに、いい絵をめざすヒントがかくされているよ。たいせつなのは、どんなものでも一度、描いてみることだ、描いてみてから、やっぱりよく描けなかったとしたら、今のじぶんには、そのもののよさが、わかってあげられなかっただけだよ。

むっつ

みえないものも、いっしょに描くんだよ、見えるものの奥に、目にはみえないうつくしさがあるよ。見るだけじゃなく、音や、においや、おんど、てざわり、感じたものを、すべてまるごと、描くんだよ。たのしさ、かなしさ、いかり、あいじょう、きもちをいっしょに描くことが、とてもたいせつ。

ななつ

君が絵を描くとき、世界をじっと見るとき、君は夜空にまたたく星とおなじ、世界とつながっているんだよ、一枚の絵の中では、なんにでもなれるし、どこへだって行ける。自由に、思いのまま旅をして、べつのひとやものになってみてもいいよ、いつもとちがった目線で、世界を見るための時間なのだから。

やっつ

絵を描いていてとてもかなしいことや、くるしいこと、つらくて逃げだしたいようなとき、絵になみだがこぼれるときもあるよ、くるしいことのまわりを、まずはよく見つめてみよう。もしかしたらつらいぶぶんを一度おいておいて、ほかのぶぶんをがんばっていれば、くるしいことがなくなっていることがあるよ、ひろいひろい目で、深呼吸して、世界をみわたしてみよう。

ここのつ

まるごとを描いたら、ひとつの部分をみつめて描く、ひとつの部分を描いたら、まるごとをみなおして描く。このくりかえしで、絵はふかく、うつくしく、大きくなっていくよ。朝がきて、夜がまたくるように、春がきて、冬がまたくるように、小さい目、大きい目をくりかえしてくりかえして、絵は成長していくんだよ

とう

じぶんにしか見つけてあげられないうつくしいものやかたちが、きっとあるよ。君は世界で、だれもみたことのないうつくしいものの、発見者になるんだ、そしてそのことを、絵で伝える配達人なんだ。だれのもとに届いても、君が自信をもってじぶんのみつけたうつくしいものを伝えられるように、ほこれるように、いい絵をかこう。
f0076833_08513399.jpg
f0076833_08513398.jpg
f0076833_08512764.jpg
f0076833_08512745.jpg
おかざき世界こども美術博物館での展覧会で、感想ノートをおいておいたら、ほんとうにたくさんのこども画伯の絵がぎっしりと何冊もうめつくされていて、嬉しくて涙がこぼれて、ページをめくることが怖くなるくらい感動しました。

たくさんのこどもたち画伯へ、感謝のきもちをこめて、絵を描くことが好きでいつづけてくれるように、10のメッセージをかいてみました、もっともっとかんたんな言葉でいつか、まとめられるといいなとおもいます。
言葉や絵や彫刻は、できるかぎりシンプルに、ストレートに、かんたんなことばで、伝えるべきものだと思うからです。私たち彫刻家は、美の要約ができないとダメなのだなと、感じています。

こどもたちへ、ありがとうのきもちをこめて。


[PR]
by m_kirin30 | 2017-07-05 10:00 | ことば | Trackback | Comments(3)

デッサン10か条

f0076833_142024.jpg

f0076833_14195127.jpg




デッサン10ヶ条


1まるごとを見よ
  モチーフを取り囲む空間のすべてを見ろ。
  どこか一部にとらわれるのでなく、
  また、見ないようにするのでもなく、
  極小の細部から、まるごとの空気まで、
  全てを一度に見よ。

2、描き方を忘れよ
 モチーフを目の前にしたら、
 自分が描いてきた歴史を忘れよ。
 未知のものを描く緊張感でモチーフを見よ。
 鮮度は、全ての技術の上を行く。


3、力を込めよ
 描く道具は手と一体に
 手は自然と天地と一体に
 力を込めれば、力は道具に伝わり、
 紙に伝わり、見る側に伝わる。
 感動を絵に込めよ。

4、絶えず前進せよ
 描けないものはない
 作れない形はない。
 描かないだけだ。
 作らないだけだ。
 進め。前進にはスピードを出せ。

5、重みを描け
 重みに次元が存在する。
 生物の水の重みを
 空気の軽さを描け
 モチーフの、重みを描け。
 地球の重力を感じろ。

6、何度でも失敗せよ
 自分の失敗など、思い込みにすぎない。
 描写に全く影響しない。
 自然は失敗を何度も包み込む。
 そこから持ち直せ。

7、全てを描ききれ
 描けない部分があるとき、
 問題は他にある。
 大事だと思わない部分にこそ、
 リアリティが潜む。
 すべてが必要なバランスだ。


8、自我をなくせ
 くせをなくせ。
 くせというのは、
 物事がよく見えていないとき、
 出てくる自我である。
 客観的に自分の絵を見ろ。
 モチーフに感覚を預けよ。
 第一印象を思い出せ。


9、リアルを探せ
 うまく行ったと思うな。
 満足したとき、
 絵に力は失われ、
 探究心はなくなる。
 リアルは、探さねば見つからない。


10、正しく見よ、眼を信じろ
 モチーフが美しく見えるのは、
 自然の構造と、
 あなたの眼が、
 正しく働いているからだ。
 見えるがままに、正しく描け。
 自らの持つ、眼の力を信じよ。


5年前に、デッサンにおける自分にとって大切なことをまとめたのが、このデッサン10か条です。
デッサンは、上手く描くためのものではないことを、血に染み込ませて覚えていく、
そういったことを体感しつつ、いまなおデッサンを楽しんで続けています。

美術をさいしょに教えてもらった先生が、象鯨美術学院の西村浩幸先生ですが、
私はそのさいしょ、に、とても恵まれました。
さいしょの学びの時間が、たのしくきびしく正しくないと、10年も20年も楽しんで続けられる力は、身に付かなかったでしょう。

私はおしえてもらったことを、たくさんのこれからの世代の美術家に伝えていきたい、美術とは関わりを持たない人にも、美術を鑑賞するたのしさを伝えていきたい、そう強く思っています。

デッサンを観る、描く、愛する、すべての方々へ、
歴史の美しいデッサンたちの、仲間入りができるようなものを作れるように。

2月の展示会では、デッサンも70〜80点展示します。
ぜひ観に来てくださいね〜^^


はしもとみお展 「動物たちからの手紙」
一宮市三岸節子記念美術館
2014年2月1日(土)〜2月23日(日)

 
[PR]
by m_kirin30 | 2013-12-19 14:18 | ことば | Trackback | Comments(3)