カテゴリ:今日のわんこ( 27 )

黒柴月くんその2

f0076833_09214807.jpg

名古屋の貸家でまた月くんとの生活が始まって、月くんはこの時すでに8歳になっていました。犬の1日は人の何日分に相当するのだろう、私は月くんの一生の半分が過ぎてしまっている事を知り、あとの半分を、充実したものであるようにと、日々願って暮らしました。
仕事は忙しくしていましたが、ほとんどがアトリエで作業の日々。月くんとは四六時中一緒にいました。近くの夕焼けスポットで散歩したり、大好きなドライブを楽しんだり。でもそうしているうちに、仕事がどんどん忙しくなり、名古屋の家では手狭になってきました。
私は少し田舎のほうで庭が広くて大きめの家を探そうと、色んな物件を見に行きましたが、たまたま美術関係の知り合いのご夫婦が、三重に実家あるよ〜、使っていいよ〜と、ご好意で貸してくださる事になり、月くん最後のお引越しをしました。
月くんの老後にはぴったりの、大きくて広い田舎道の古民家。散歩もとても気持ちよくて、家の中も走り回れて、ここでの月くんは、なんだかとっても幸せそうでした。でもこの時もうすでに、月くんは11歳になろうとしていました。

11歳からの月くんは、穏やかに老後を過ごしました。といっても全然元気で、夏は涼しく冬は薪ストーブの生活、優雅な犬生を送っていた事と思います。大好物の薪ストーブで作った焼き芋ができると、大はしゃぎで家中飛び回っていました。こんな日がずっと続くような錯覚に陥るほど、月くんは元気で病院も一度もいきませんでした。

13歳の夏、月くんは初めて倒れました。柴犬によくある、前庭疾患でした。眼振が一週間続き、起き上がれず、お医者さんも治す方法もないので経過を見るしかないという事で、苦しい日々が続きました。
なんとか立ち上がれるようになって、歩けるようになって、でも以前とは決定的に違う衰えを感じました。
私も、月くんも、老いる、という事は初めての体験でした。
育てる、ということは、とても幸せな事です。できる事が一つ一つ増え、その度に家族で喜び、共に感じる事が出来るようになり、自由を一つづつ手に入れることです。喧嘩もあってもそれも元気な証拠です。
老いる、という事は、一つ一つの事が、できなくなる事。獲得した自由を手放していく事です。最初はそれに抗おうと必死で、毎日涙しながら足のもつれる月くんを散歩に連れ出しました。
でも、日に日に、寝るばかりになり、お漏らしも増え、夜鳴きもするようになりました。死に向かって歩いているのだと、見ていて感じるようになりました。
時という大きな存在には、何者も抗えない、生き物ひとりひとりに、それぞれが持つ寿命があって、死も、その子の一部なんだと、知る事になりました。
最愛の存在の死は、受け入れがたいですが、死はもともと生の一部なので、その子の死をも愛せるようになりたい、そう思いました。今は目の前で息をして生きていて、ある日だんだんと呼吸が止まり、動かなくなって、心臓がだんだんと停止する。その終わりの時を迎える月くんを、自分が淋しいからといって目を背ける事はできません。
月くんは幸い長生きしてくれたので、私は月くんが倒れてからの一年間は、ボーナスタイムだと思って暮らしました。
覚悟をする時間が一年もあったので、ちゃんと見送ってあげられたようにも思います。

そんなこんなで、初代月くんはある日息を止めて亡くなり、友達が火葬を手伝ってくれたのですが、なんとその近くから、小さな小さな亀が、ヒョコヒョコと出てきました。友達は慌てて我が家へ亀を届けてくれて、ムンちゃんと名付けられたその亀は、今も月くんの大好きだったテラスで、悠々と泳いでいます。

亀くらいが、ちょうどいいや、
人間と距離をとって生きられるし、長生きできるし、冬は寝られるし、楽ちん!

月くんが、そう言って願ったような気がします。
亀になった月くんと、新しく迎える二代目月くん。また仲良く日向ぼっこできるといいね。

世界は、生きているだけで本当に美しいものです。共に暮らす仲間がいればなおさら輝きます。誰かと出会うという事は、別れる時が来るという事。嬉しさと、哀しさが同じだけ起こるっていう事。それでも、私はまた犬を飼いたい。
初代月くんがくれたたくさんの宝物のような時間を、二代目月くんに恩返しできたらいいなと思っています。



月くんの一生の彫刻に触れられる展覧会、今度は名古屋で開催します。
ぜひ月くんに逢いにきていただければと思います!

木彫りどうぶつ美術館
11/24-2/25 
ヤマザキマザック美術館
ワークショップや、アーティストトークなどのお申し込みはこちら

彫刻の販売に関することはこちらをご覧ください



f0076833_09185797.jpg



[PR]
by m_kirin30 | 2017-11-06 09:18 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(3)

ハナちゃんほぼ完成

ちょっとづつ進めていたハナちゃんの彫刻がほぼ完成しました。
といっても、手足がまだ彫りきってないのに我慢しきれず顔だけ仕上げてしまった(^^;)
という、いつもの状態ですが、私の中では、色を塗った瞬間に、いぬの心が彫刻に宿る気がして、制作していて一番うれしい瞬間です(^^)
f0076833_14524522.jpg

勢いで撮った写真もバックがめちゃめちゃきたなくて見苦しいので、気を取り直して白バックで撮影しました!(まだ完成していないのに、、、)
f0076833_1534431.jpg

今日から月末まで、我が家はパグ二匹で生活することになります(^^)
顔のでっかいナナちゃんは、子分が出来てうれしそう。
f0076833_1553079.jpg

こうやって、生まれては旅立ち、家にはたくさんのいぬの思い出がつまって増えていきます。
いぬの彫刻を作り始めて10匹を超えましたが、100匹になっても、1000匹になっても、私は一匹一匹を忘れることはないでしょう。
同じ時間を過ごしたいぬとの思い出は、飼い主さんが分けてくれた最高の時間です。
いつも、ありがとうでいっぱいです。
ハナちゃん彫刻は、直島アートマーケットに飾れそうなら飾り、広島で二月に行うグループ展でも、出品します。たくさんの人とハナちゃんが出会うことを楽しみにしています(^^)
[PR]
by m_kirin30 | 2007-11-11 15:21 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(18)

姫路のハナちゃん

先週ずっと兵庫に帰っていて,かねてから制作していたハナちゃんに会いに、姫路まで行って来ました。
f0076833_21523427.jpg

ハナちゃんは,16歳のパグです。
目が大きくて愛らしく,ほっそりしていて,性格はとてもおだやかなわんこです。
ハナちゃんのしわしわの顔に,16年間愛されて育って来たたくさんの幸せがつまっていました。
肖像彫刻というのはとても難しい。
それは、人間であっても犬であっても,私には同じ事です。
印象や,その子が持っている空間や,姿勢や、しぐさ、とにかくまるごと,つかめるまで試行錯誤します。
「詩のある彫刻は美しい」
と、かつて先生だったひとが言っていました。
私は,その意味がしばらく分からずにいましたが,最近,ようやく分かりかけています。
きっと,こちらに何かを語ってくる作品の事なんだと思います。開いている作品、というか。
本当の美しさは,きっとちょっとやそっとじゃ目に留まらないような些細な形に,表情に,潜んでいるのでしょう。
いまは,とにかく美しいものを発見出来る目を,鍛えて行けたらなと思います。
f0076833_2231070.jpg

ずっと我が家にいたカールちゃんとも今日でお別れです。
飼い主さんである,バイト先の社長のお宅に今夜からお邪魔する事になりました。
どちらかというと、もともと社長の家で住んでいた犬だから、やっぱり社長の家が一番の美術館です。彫刻が,あるべき場所に帰ったのかもしれません(^^)
カールちゃんが家にいる間,リビングがほっこりあたたかな空間でした。ありがとね。
p.s
f0076833_2285168.jpg

またまた代ゼミにいってきました。今回は,デザイン工芸科の人にははじめての,ブルータスの首の模刻です。
みんな,頑張りました(^^)
[PR]
by m_kirin30 | 2007-10-29 22:14 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(6)

エルボちゃん

f0076833_1693020.jpg

おかえりなさ〜いと、待っているのは,今日,できたてほやほやの,エルボちゃんです。
エルボちゃんは,ヴェルちゃんカブくんの飼い主さんからの紹介で作り始めたわんこで、顔が
真っ白ですが,ボストンテリアです。
まさに,一目惚れ!なんてかわいい!
二月くらいから取りかかり,ちょっとづつ制作を重ねて,ついに,今日完成しました。

f0076833_1622517.jpg

ナナちゃん(パグの彫刻)は、新しいメンバーが増えて,アイドルの座を奪われないかどうか心配しているようです(^^;)
エルボちゃんは,まず愛知のカフェグリットさんで,初出品します。
これからたくさんの人達にかわいがられる事を祈っています。
f0076833_16265894.jpg

エルボちゃん,モデルになってくれて,どうもありがとう(^^)
[PR]
by m_kirin30 | 2007-08-02 16:30 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(13)

月くんを彫る

f0076833_21444755.jpg

実家で月くんの彫刻を彫って来ました。
なんだか地面から顔だけ出ているような写真ですが(^^;)
月くんは,今四歳で、今年で五歳になります。ゼロ歳の時、一度彫ったので,二度目の挑戦となります。月くんは,あと三体は彫りたいです(^^)成長の記録として、、。
f0076833_21482694.jpg

さすが飼い犬だけあって,強引にポーズさせる事もでき、強引に時間も使う事が出来たので(^^;)仕事は一気にはかどり,丸二日でかなりのところまで彫りました。
今年中には完成出来そうです。
f0076833_2151430.jpg

じっくり観察出来て,思う存分作ろうと思っています。
時間や仕事を忘れて,大好きな事にのめり込める事は,まさに至福の楽しみです。
「道楽」とは、こういう時間の使い方のことを言うんだ,と,オジサンくさい事を考えながら彫刻をした,楽しい三日間でした。月くん,おつかれさま(^^)
[PR]
by m_kirin30 | 2007-07-22 21:55 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(14)

カールちゃん完成!

去年から取りかかっていた、仕事先の仏像修復会社のわんこ、カールちゃんの彫刻が完成しました。
f0076833_2347136.jpg

カールちゃんは16歳くらいで、まだまだしっぽがくるりとカールしていてめちゃめちゃ元気です。
f0076833_23485139.jpg

カールちゃんの笑顔の彫刻は、今までで一番描写を追求した作品で、いいも悪いも、私の作りたかったものが、だんだん現れて来ました。
現実をまるごと作りたい、と思い始めてから、やっと10年が経ちました。
美術を続けられて、とりあえず、よかったな、と思いました。
カールちゃんに、10年分のデッサンを込めて、みんなに愛されますようにと、願いも込めて、完成させました。
いつかみんなにカールちゃんをさわってもらえたら嬉しいです(^^)
p.s
パパ画伯の更なる作品、バリスタ猫、森のカフェの絵が届きました!
f0076833_23593171.jpg

また、キャッツアイシリーズのアクセサリーも完成しつつあります!
f0076833_002291.jpg

来年のキノボリ展では、パパグッツも充実させて行く予定です(^^)
楽しみにしててくださいね!
[PR]
by m_kirin30 | 2007-07-04 00:05 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(8)

絵を描く

六月は梅雨で雨ばっかり降るので、動物園にも行けず、家の中で絵を描いたりします。
最近はGRITさんという会社のしゃちょーさんが飼っているわんこ、レオくんの絵を描きに行きました。
GRITさんは今度名古屋市中川区に、でっかいギャラリーカフェを開くのですが、なんと、卒業制作のチンパンジーくん、テングザルくん、ドンちゃん、ヴェルちゃん、カブくんの彫刻を常設してくれる事になりました。私の彫刻なのでもちろん触ってもいいので、オープンしたらぜひ、
触りに来てくださいね(^^)
f0076833_230696.jpg

その会社わんこ、ハルとレオはとっても大きいやさしい子たちで、今回はレオくんにモデルになってもらいました。何と仕事中の会社の中でスケッチをさせてもらいました!
f0076833_2314083.jpg

気さくな会社で、「犬好きじゃないと働けません」と、会社のチラシに書いてありました(^^)
前々から描いていたYUMEちゃんの絵もほぼ完成しました。
f0076833_2333479.jpg

平日は会社でカールちゃんを彫らせてもらい、忙しいながらも超充実した毎日です。
美術を、ずっと続けられたら、どんなにいいだろうと毎日思います。あと、50年くらい、続けれたらいいな、そしたら77歳の、おばあちゃんですが(^^;)
f0076833_2364684.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2007-06-24 23:07 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(17)

カールちゃん

いま通っている仏像修復会社のわんこ、カールちゃんは、おそらく16歳になります。
会社でちょくちょく、家でちょくちょく彫り続け、あと一息で完成となりました。
f0076833_16453841.jpg

はじめて私が会社に出向いたときも、カールちゃんは笑顔で迎えてくれました。
毎朝の朝礼も、笑顔でみんなに挨拶してくれます。たまに寝坊していますが(^^;)
きっと私が来る15年前から、こうして職人さんたちの心を癒してくれているのでしょう、そのカールちゃんの笑顔には、たくさんの幸せがつまっています。
それを彫りたくて、口開けポーズに挑戦していますが、もう少し苦戦しそうです(^^)
f0076833_16491486.jpg

カールちゃんは白内障が進んでいます。そのままの目を、彩色しました。
ありのままの嘘をつかない描写が、一番美しいものなんだと今でも思っています。
p.s
ワンワンキーホルダーの届いたお客様から、メールをもらいました。f0076833_16544357.jpgf0076833_16545520.jpg
クリームちゃん、YUMEちゃん、ありがとうございます。
f0076833_16563237.jpg

p.s2
長くなってすいませんが、全国ツボカビ撃退委員会がパパカエルによって発足しました!
カエルちゃんの絵はリンクフリーです。みんなでエコライフを広めましょう(^^)
みなさん、地球のかわいいカエルちゃんを、守りましょう!
[PR]
by m_kirin30 | 2007-06-14 16:58 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(16)

犬の絵本

f0076833_22565892.jpg

犬の絵本が描きたくて、もうかれこれ構想2年になりますが、水彩、彫刻、色々やってみて、今はペン画を色々試してみています。
最近は受験生の人にデッサンを教える機会もあるので、前よりももっとデッサンに対する意気込みが増え、毎日絵を描く事を心がけています。
犬は、一瞬の表情に、すべての気持ちが入ってるように思います。
犬が何をその時言いたかったのか、描き上がったデッサンを見て、知る事がよくあります。
f0076833_2335466.jpg

絵は、たまに写真を超えるリアリティを持つ事があります。
「絵画に未来はない」
とジャコメッティは言いましたが、それは、近代絵画が、いかに派手で、目立とうとして、個性的であろうとして、デッサンを捨てて来たかを嘆いていたから言った言葉であったそうです。
f0076833_239469.jpg

もう一度、古いと言われても、デッサンの面白さを伝えて行けるように、犬をいっぱいデッサンして、いい絵本を作りたいと思っています。
モデルになってくれる友達わんこのみなさん、いつもありがとうございます(^^)
[PR]
by m_kirin30 | 2007-05-27 23:16 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(10)

ワンワンキーホルダー

卒業制作展は、本当にたくさんの人に彫刻を見て頂き、飼い主さんかたがたも来て頂き、ほんとにありがとうございました!
会場で電話の充電が切れたり、電波が通じずで、一週間ほとんど音信不通になってしまい、せっかく来て頂いた方々に会えなかったのが悔やまれます(^^;)
さて、忘れかけていたワンワンキーホルダー、100匹めざして続々製作中です。
後日、これまでに完成した全作品をアップしますので、楽しみにしててくださいね!
f0076833_23522276.jpg

ニューフェイスも続々現れています。
このワンワンキーホルダーは、5月の香川県という最高のシチュエーションで(^^)、友達が作ったギャラリーで一挙に展示します。
観光にももってこいの香川なので、遊びがてら、という方はぜひ遊びに来てくださいね。
遠くて行けないかも、、という方も大丈夫(^^)ネットで楽しい展示の状況をupしますよ〜。
f0076833_23581627.jpg

実はまだ、40匹しかできておらず、夜を徹しての作業が予想されます(^^;)
モデルも随時募集しているので、ぜひメールにおすわり写真を添付して送ってくださいね(^^)
ニャンコ、珍ペットもふるってご応募ください(笑)
f0076833_033217.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2007-03-20 00:03 | 今日のわんこ | Trackback(1) | Comments(13)