<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やくざ猫トム

 猫つながりでもうひとつ。
 うちのトムはおととしの夏に八歳で家出をしたきり帰ってきません。
f0076833_21254111.jpg

トムはヤクザな猫で、しょっちゅう血だらけでけんかして帰ってきたり、犬を引っ掻いたり大変でしたが、それでもかわいい、大好きな猫でした。f0076833_2129752.jpg
 うちのパパが持ち前のセンスを発揮して、捜索願を描いたのですが、見つかるはずもなく(笑)三ヶ月くらいは帰ってくるかなと思って待っていましたが、お別れもちゃんとできないまま、結局帰ってきませんでした。
 
f0076833_21325657.gif

 良く怒る猫でしたが、膝の上に座ってくると、とても嬉しくて、幸せな気持ちになりました。トムの彫刻、一体だけですが、彫っておいて、よかったと思います。だって、トムの怒った姿や空間を鮮明に思い出せるから。彫った動物が死んでしまったりした事は、まだないのですが、もしかしたらトムが、最初にこの世界からいなくなったモデルさんなのかも知れません。
by m_kirin30 | 2006-07-24 21:38 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(8)

今日のニャンコ

f0076833_18522143.jpg

 大学で先週、子猫が生まれました。なんと今日は、木彫室の隣で子猫たちは飛び跳ねて遊んでいます。チェンソーも、うるさいだろうからかわいそうで使えず、今日は久しぶりに猫のドローイングをする事にしました。
 久しぶりに、子猫を描いて、新鮮な気分になりました。
 通りかかった友達が、
「初心にかえるのが大事だね!」
と、いいました。そうだな〜。
 大学に入るまでは、受験のためにみんな必死で毎日朝から晩までデッサンするのに、大学に入っちゃうと、デッサンしている人をほとんど見かけません。
 美術を始めた頃は、何もかもが新鮮で、街路樹の色とりどりの美しさに感動したり、落っこちている小石さえ、モチーフにして絵を描きました。
 あの頃の目で、一生、絵を描き続ける事ができたら、きっといい絵が描けると思います。
 いつも、「はじめの心」を持ち続けたいな、と思う一日でした。
 
f0076833_1963863.jpg

by m_kirin30 | 2006-07-07 19:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トゲトゲな友達

 トゲトゲは、大学四年生の時に描いた絵本で、出版してもらう事ができました。
 この、「トゲトゲ」には、モデルがいます。大学時代のコーヒー同好会の仲良しの友達です。
 その子は長崎出身で、その頃劇団に入って頑張っていました。
 その子がある日、「うちは、世界のトゲになる!」と、いいました。
 『!!!』  私はその言葉の潔さに感動して、その日のうちに、みるみるストーリーが浮かびました。その子がどういう意味でその言葉を言ったのかはその子にしかわかりません。でも、その時の、その子の全てをかけた、言葉でした。
 トゲは痛いし、怖いものかもしれないけど、自分を守る道具でもある。動物だって、みんなもってるし、その子がトゲトゲになるなら、トゲも、私の友達なんだ、そして世界には必要なんだ!と気がつきました。
 柔らかく、優しいものだけが、生きてるんじゃない、とがって、嫌われそうなものでも、この世界には、必要とされて生きている、そういうテーマを込めて、描きました。
 
f0076833_225231.jpg

友達には恵まれて生きてきました。友達は、一生ものです。
みんな、元気かな?
by m_kirin30 | 2006-07-02 22:08 | Trackback | Comments(2)