<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

姫路のハナちゃん

先週ずっと兵庫に帰っていて,かねてから制作していたハナちゃんに会いに、姫路まで行って来ました。
f0076833_21523427.jpg

ハナちゃんは,16歳のパグです。
目が大きくて愛らしく,ほっそりしていて,性格はとてもおだやかなわんこです。
ハナちゃんのしわしわの顔に,16年間愛されて育って来たたくさんの幸せがつまっていました。
肖像彫刻というのはとても難しい。
それは、人間であっても犬であっても,私には同じ事です。
印象や,その子が持っている空間や,姿勢や、しぐさ、とにかくまるごと,つかめるまで試行錯誤します。
「詩のある彫刻は美しい」
と、かつて先生だったひとが言っていました。
私は,その意味がしばらく分からずにいましたが,最近,ようやく分かりかけています。
きっと,こちらに何かを語ってくる作品の事なんだと思います。開いている作品、というか。
本当の美しさは,きっとちょっとやそっとじゃ目に留まらないような些細な形に,表情に,潜んでいるのでしょう。
いまは,とにかく美しいものを発見出来る目を,鍛えて行けたらなと思います。
f0076833_2231070.jpg

ずっと我が家にいたカールちゃんとも今日でお別れです。
飼い主さんである,バイト先の社長のお宅に今夜からお邪魔する事になりました。
どちらかというと、もともと社長の家で住んでいた犬だから、やっぱり社長の家が一番の美術館です。彫刻が,あるべき場所に帰ったのかもしれません(^^)
カールちゃんが家にいる間,リビングがほっこりあたたかな空間でした。ありがとね。
p.s
f0076833_2285168.jpg

またまた代ゼミにいってきました。今回は,デザイン工芸科の人にははじめての,ブルータスの首の模刻です。
みんな,頑張りました(^^)
by m_kirin30 | 2007-10-29 22:14 | 今日のわんこ | Trackback | Comments(6)

コスタ  デル  ソル!

f0076833_22444211.jpg

一泊二日の南伊豆の旅に出かけて,かねてから気になっていた、彫刻家リビオ デマルキさんが作った 「本の家」 に行って来ました!
f0076833_22472555.jpg

なんと、この本の家は,ペンション 『コスタ デル ソル』 の海を見ながら入れるお風呂!なのです。
驚きと感動で,たくさん伝えたい事はありますが(^^)家全体が本の積み重ねで出来ていて,めがねの門があって,えんぴつで柵が出来てて,それはそれは、楽しい夢が形になった家なのです。
f0076833_22512265.jpg
f0076833_22514411.jpg

中にもたくさんの木彫作品があって,何とお風呂の更衣室には,木で出来たパンツが!!
f0076833_22524965.jpg

な、なんとアスパラが椅子になってる!!
f0076833_22533594.jpg

風船シャンデリア!?
など、ほんとに感動だらけでした(^^)
彫刻って,こうやって人を楽しませるためにあるんだ〜と思うと,胸がいっぱいになりました。
私も,こんなに人を楽しませてあげられる愉快な彫刻が出来たらどんなにいいだろうとあらためて思いました。
自分の満足ではなく、みんなの笑顔のためにある,そんなこのお家は,訪れる人みんなを必ず笑顔にさせてくれる強いちからを持っていました。
f0076833_22581770.jpg

めがねが見つめているのは,何にも無い一面の海。
何も無いから、何でも空想する事が出来ました。
まさに、たそがれる、という感じです(^^)   
眼鏡越しの海の景色を心に焼き付け,また当たり前の毎日に戻って来ましたが、いつか、こんなところで暮らせたらいいな,,と夢がまた一つ増えてしまいました。
by m_kirin30 | 2007-10-14 23:07 | すてきなところ | Trackback | Comments(10)

デッサン力

「美術は,どこいっても、デッサン力にかかってくるんだよね」
と、誰も彼もが言います。
私は単純なのでそれを信じて,何もないところからデッサンだけをひたすら頑張りました。
それが見えている物があまりにも描けなくて、巨匠の模写をしてみたり,先輩のデッサンを隣に置いて描いてみたり,あらゆる手を使って,何百枚も描きましたが,全然,描けません。
二浪目に石膏デッサンや静物デッサンがあまりにもうまく行かなくて,ひどく落ち込んだときがあります。
その頃は,「絵が好き」という、当たり前の気持ちすら無くしてしまっていて,ましてや、「楽しんで描く」なんて,いくら言われても分かりませんでした。
日曜日は,気晴らしによく動物園に行きました。
絵を描かなきゃ,という気持ちから,何となく絵を描いていましたが,しばらくすると嫌になって,ずっと,大好きな動物たちをながめていました。
f0076833_853599.jpg

そんな時,ふっと動物の水彩が描きたくなって、B3パネルを持って,透明水彩のセットを持って,動物園に行きました。
なんと、デッサン用具を持ってくるのを忘れてしまい,下書きも出来ない事に気がつきました。
せっかく来たのに帰るのもバカだし,仕方なしにとっても緊張しながら,そろ〜り、そろ〜りと描いた絵が,上の、ヤギさんの絵です。
今までの絵とは違うし,どうかな〜?と思って,次の日先生に見せに行くと
「ハシモトも,ようやく、自分の絵が見えて来たな」
と,先生が言いました。
その言葉が,とっても嬉しかったのを覚えています。
自分の絵を描くには,自分の目で見えた物を丁寧に描けば、それでいいんだ、と、その時少しだけデッサン力の秘密を知りました。
f0076833_911691.jpg

絵を心底楽しんで描いたときに湧き出る,力の塊がデッサン力なのかもしれません。
いつも楽しい事ばかりではないので,いつもいい絵が描ける訳ではありませんが,私は,今でも白い紙を目の前にすると,ワクワクします。
これからどんな絵が生まれてくるんだろうと思って。
p.s
うちのパパさんを見習って,絵を楽しく描く事をこれからもがんばります(^^)
f0076833_9274359.jpg

カフェグリットにて
f0076833_9282650.jpg
社長の似顔絵
by m_kirin30 | 2007-10-05 09:38 | 日常 | Trackback | Comments(12)