<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

月君完成

やっと月君二体目が完成しました。
これでまた出張わんこ展示に新しいメンバーが加わることになります。

f0076833_10284259.jpg

たくさんのわんこ彫刻を車に乗せて、知らない土地に連れてっているとき、わんこ彫刻の体を拭いているとき、ふっと、たくさんの犬を飼っているような満たされた感覚になります。
きっと、たくさんの動物と暮らすことは、私の夢だったんだな〜と思います。
その夢を叶えようとして、たくさん作り始めた、のかなと思います。

f0076833_10342698.jpg

一週間経つと、机の上はこの有様、
毎日小さな動物を作り続けて、数を数えたこともないですが、おそらく今で400体くらいは制作したでしょう。
長生きできれば、円空さんの一万体にとどくかな〜、と果てしないことを考えたりもします。
名前は知らないけど、この彫刻は知っている。
そんな作家になりたいなといつも思っています。
「有名は無名に勝てない」と、河井寛次郎さんは言いました。
有名は、きっと、背負うものが大きすぎて、純粋なものをつくれなくなるせいでしょう。無名は、これで最後かもしれないという覚悟を持って制作ができる。
これほど強いものはないのだなと思います。
f0076833_1040445.jpg

お店に置くオランウータン君も、ウチグリ(中をくりぬいて軽ーくする)がおわり、ようやく完成に向けての段階が始まりました。
年内には完成できそうです。
もう、2008年も、あと三ヶ月なんですね。
by m_kirin30 | 2008-09-20 10:43 | 日常 | Trackback | Comments(2)

月君と二週間

月君の彫刻を仕上げるため、二週間実家の兵庫に帰って制作をしました。

f0076833_14341842.jpg


あと、色を仕上げたら完成です。

月くんの彫刻は、これで二体目になります。
一つは一才のときに彫った寝ている月君。
f0076833_1437294.jpg


小さい頃は寛平ちゃんみたいな目をしていて、大人になるに連れて、ほんの少し、目が大きくなりました。

f0076833_14382921.jpg


月君には、やっぱり特別な思いがたくさんあります。
東京暮らしで寂しくなかったのも月君のおかげですし、1000枚以上のクロッキーのモデルをしてくれたのも月君でした。

f0076833_14412241.jpg


一彫り、一彫りにおもいでがいっぱい詰まっています。
こういう時間が過ごせるのも贅沢でありがたい時間だと思います。


f0076833_14434013.jpg


愛知では、大雨が降りました。
モクモクの雲が連れてきた雨は、一日半もやみませんでした。

f0076833_1444494.jpg

人間史上一番贅沢な時代に生まれた私たちは、地球に傷を付けて生きているのかなと思うと、たまに心苦しくなります。
地球は、たまに、怒ってる。
大人としてこれから絵を描く子供たちに、少しでもたくさんのモチーフを残してあげられるように、美術=自然というのを忘れずに、生きて行こうと思いました。
by m_kirin30 | 2008-09-07 14:49 | 日常 | Trackback | Comments(8)