<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

たのしいこと

f0076833_16164866.jpg


私の楽しい事は、なんといっても絵を描いているときや、彫刻しているときですが、最近、もう一つ楽しい事を見つけてしまいました。

フリークライミング、というスポーツです。
私はジムでのぼったりする程度ですが、のぼる、というただそれだけでこんなに楽しめるのは、きっと猿だった頃の記憶がよみがえるからでしょう。
趣味が高じて、こんなものも作ってしまいました。
f0076833_16203242.jpg

これらの彫刻も、ツラナッテのお店に飾ろうと思っています。
私の夢は、どーんと、彫刻山をのぼって楽しめる、アートクライミングです。
触れて楽しむ彫刻にはぴったりだな〜と考えています。

f0076833_16231662.jpg

フルーツホールドも、これからたくさん増えて行く事でしょう。とりあえず1000個くらいあれば、クライミングジムができるかな、と、夢膨らませています。

壁一面に野菜やフルーツや動物がくっついている光景を、思い浮かべながら楽しんでいます。

本来の仕事ももちろん楽しんでがんばっています(^^)

f0076833_16271123.jpg


「家族の晩餐」というシリーズで、お猿たちがおいしいご飯を食べている彫刻群、これらは4月からは彫刻レストランでみる事ができるので、楽しみにしててくださいね!

3月末に、東京 フリュウ ギャラリーさんで彫刻レストランのイベント展示をします。
詳しくはまたアップしますね!
f0076833_2221743.jpg

by m_kirin30 | 2008-11-27 16:32 | 日常 | Trackback | Comments(4)

民芸

f0076833_23132060.jpg

 オランウータン君も無事完成を向かえ、動物たちの晩餐シリーズは、着々と進みつつあります。
二年前の卒業制作でも、「家族の食卓」というテーマで作品を作りました。
きっとそのころから、料理人あさちゃんと愛知で出会うという事や、彫刻レストランを開くことになるなんて言う予感が、していたのかもしれません。

民芸、という言葉がありますが、私の制作は、アートではなく、確実に民芸です。
一般の人たちが生活に密着したもの作りをしていく事で美がうまれるという民芸は、なんだかしっくりきます。

彫刻レストランは、この生活と美術の垣根をなくす場所になって欲しいと思っています。
アート鑑賞、と固くなって緊張した目で見に行くより、家族のいつもの食卓や生活にこそ美がある、そういう目を持つことができれば、毎日は美であふれています。
イチゴだって、レタスだって、椎茸だって、めちゃめちゃきれいですよね。

近所に生えてる木の一本にも感動できる毎日は、豊かで楽しいです。
日々の生活が、一番の「アート鑑賞」なのだと気づけるような、そんな作品が作っていきたいと思います。

f0076833_23503023.jpg

先週用事で東京に行ってきましたが、なんとデッサンをさせてもらいました。

f0076833_2352117.jpg

これは、拾ったカラスの骨だそうです。
都会にも、美はころころ転がっているんですね。
アミューズメントパークに行くより、デッサンしていた方が楽しい私なので、東京を満喫して帰ってきました。

f0076833_2355819.jpg


アトリエの隅っこに、猿が!?このサルは、もう、お分かりの方も多いのではないでしょうか(^^)
そう、○○○猿!
近日完成予定です!
by m_kirin30 | 2008-11-10 23:58 | 日常 | Trackback | Comments(4)