<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

過ぎる

f0076833_21433937.jpg

今取り組んでいるジプシーさんの表情だけを彫り続けて一週間、まだ思うように進みません。
時間はほんとに凄まじくはやく過ぎて行きます。
作品は、進むにつれて、一刀の重みが大きくなり、迷い、立ち止まって、手が先に出なくなります。
小さい頃、時間は無限にありました。
何をするでも無く、木に登ったり遊んだり、犬と走ったり、時間は、惜しいものではありませんでした。

美術を始めてから、時間が、過ぎて行くのがはやくなりました。
これは、時間を忘れるくらい美術が好きだ、という簡単な事ではなくて、どうやら、

生き甲斐を見つけてしまって、この勉強は一生あっても足りはしない

という不安にも似た感情でした。
時間を忘れるくらい好きな事なら他にもたくさんあります。
音楽や、スポーツ、一人旅や犬の散歩。
だけど美術をしている時間だけは、他のどんな時間でもかなわない、大切な時間です。

深く集中はしているつもりですが、それでも、もっと時間が欲しい。
約100年という限られたタイムリミットで、もう30年を使ってしまいました。
10年間で作れたものを考えると、想像以上に少ないものでした。

猛スピードで過ぎて行く時間の中で、なまける事無く仕事をしているのかどうか。
私の予備校時代の先生が、こんなことを言っていました。
「この世の最もの敵は、自分自身の怠惰だ」
世界はほんとにフェアにできています。時間は万人に共通だからです。
この、与えられた「時間」というのを正しく使う事だけを考えて、制作をしています。

過ぎて行った後振り返ったとき、彫刻という形に残る仕事を選べた事は幸せでした。
時を刻む、という言葉の通り、彫刻は今を刻むものです。
美しい今を刻めるように、美術の目を日々鍛えて行きたいと思っています。

少し前の話ですが、
「動物の似顔絵屋さん」
を、タリーズコーヒー桑名店で開催させて頂きました。
この日はとっても貴重な時間を過ごせたと思っています。
美術のライブイベントも、どんどんと行って行きたいと思っています。
f0076833_22113770.jpg
f0076833_22115622.jpg
f0076833_22121835.jpg
f0076833_22123186.jpg


動物似顔絵、ほんとに楽しい企画でした。
またどこかでできる日を楽しみにしています。

深い一日も、軽い一日も、時間の価値は同じ。
今年も後一ヶ月、悔いの無いように仕事をしようとおもっています。
by m_kirin30 | 2009-11-26 21:43 | 日常 | Trackback | Comments(8)

見て、描く

最近、水を得た魚のように楽しんでいるドライブスケッチ、
思い立ったとき、「そうだ、スケッチに行こう」といって、ぷらっと車に水彩用具とデッサン用具を一式積んで、晴れの日は絵を描きに出かけます。
f0076833_21394669.jpg

来年の個展へ向けて、モデル探しの旅の途中、真っ先に惹かれたのが、愛知県農業センターにいる、ブタのプリンちゃん。ブタがこんなにおもしろいなんて、何時間見ていてもあきません。
大きなブタの彫刻を、年明けに始めたいと思っています。
つづきましては、
f0076833_21454572.jpg

岡崎市東公園にいるミーアキャット達、なんとここの動物園は無料です。
少し遠いのですがそれでも、お弁当を持って、一日中観察出来るので取材にはもってこいです。
f0076833_21492950.jpg

今日は予約をして、ラブのリンちゃんをスケッチさせてもらってきました。

どうして美術の学校の授業は、モチーフを見て、描く時間が少ないのかなと思います。

小学校も中高も、いろんな事を広く浅くは勉強しましたが、モチーフを見て、デッサンをしっかりとして、正しく形を見る勉強がすごく少なかったのを覚えています。
美術の授業で、本物の彫刻や絵画を見る機会が少ないのも、不思議でなりません。

最近始めた勉強はどれも楽しいけれど、どうして学校で習っていた時は、この楽しさに気がつかなかったのか。もしかしたらすべての勉強が、広く浅すぎるのかもしれません。

たくさんの事を知らないとテストについて行けないので、興味のある事だけを深く勉強することができない、または勉強そのものが、リアルでない、そんな風に思います。

何かひとつからでも、深くどこまでもどこまでも、きりがない勉強を続けて行きたいと思います。


私はデッサンから、美術のほとんどの事を学びました。

何故自然は美しいのか、 美をとどめるとはどういう事か、美とは何か。
そんな勉強は、一つのモチーフをしっかり見て、深く感動しながら描く事を始めた、デッサンを習い始めた18歳の頃からでした。
美術は得意じゃないから楽しくない、そういう人が日本に多いのも、もしかしたら、「うまい」「へた」などの誰かが決めた基準でしか判断されてこなかった、哀しさから来るものかもしれません。


見て、感動して、描いたものは、すごいものです。
それは、絵を描いている、のではなく、感動を描いている、からです。
そこには上手いも下手もありません。

見て描く事の大切さを、忘れないためにも、晴れた日にはスケッチを!を心がけています。
晴画雨彫 というかんじです。もちろん彫刻家なので晴れの日も彫りますが(^^)
f0076833_22102077.jpg


ジプシーさんも、だいぶんと進んできました。
f0076833_22112054.jpg

f0076833_22113864.jpg

名古屋市、一社のミュシカさんで来年展示をさせて頂く詳細が決まりました。
北欧雑貨店ということで、いつもの彫刻展でなく、使えるカトラリー100個を展示販売します。
また、動物の彫刻のおもちゃなども展示させて頂きます。
彫刻ってなんだかよくわからない、という人にも、気軽に楽しめる楽しい展示会にしたいと思っているので、ぜひ遊びにきてくださいね。
f0076833_22154855.jpg

「今年も寒くなったね〜」
ネコが入っているのはカメこたつ。
カメこたつは、彫刻絵本、というものを作ろうと企画していて、その主役になるものです。
彫刻絵本シリーズも、少しずつ進めているのでまたまた少しずつキャラクターを作って行こうと思っています。
by m_kirin30 | 2009-11-11 22:19 | 日常 | Trackback | Comments(6)