<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひとつの才能

f0076833_2119619.jpg

マンボウは一度に二億もの卵を産むと言いますが、
私も、展示会がいつも終わると、制作意欲がわくというか、ものすごい数の彫刻を作りたくなります。

展示の前はいつも部屋中が動物だらけ、食卓もサファリパークのように恐ろしい状況になりますが、
展示会の後はなんだか、うちの動物密度がなくなってしまい、妙に落ち着きません。

そこで、段ボール箱一杯にとってある木っ端をとりだし、早朝から取り付かれたように小さな彫刻の粗取りをし、とにかくテーブルの上をこれから彫れる彫刻でいっぱいにします。

この、これから彫れる彫刻が無限に目の前にある状況が、私にとっては最高に幸せな時でもあります。

彫っても彫っても、まだある。
彫っても彫っても、彫りたい。

そうして一日がたち、右肩の限界が来るとバタッと動物のように眠る。
これが最高に幸せなのです。

f0076833_21194614.jpg


いつか、2畳分くらいのでっかいテーブルに、1000体以上の粗彫りの動物たちを並べて、

「こんなに作ってどうするん、、」と自分で自分にあきれながらも、
笑いながら制作をしてみたいな、と思います。
そうしておばあちゃんになって、
「よーけ、彫りすぎた〜!」
と、ばたっと倒れ、無数の動物たちに囲まれながら休みたいな、と思います。

f0076833_21252338.jpg


ひとつひとつの彫刻に、今日のドラマがあり、今日の思い出があり、同時期に生まれた作品は、一本の樹から生まれているので、兄弟でもあります。
みんなが旅立って行っても、寂しくないように、できるだけたくさんの動物たちの兄弟を作ってあげたいな、と思います。

ふと、実家で、自分のルーツを見つけました。
f0076833_21291636.jpg


あふれんばかりのぬいぐるみ、これは私のパパが描いた絵をママがぬいぐるみにするという我が家の儀式、今回は私が月君のぬいぐるみを作りたいと言ったばっかりに増えて増えて、深夜までかかり、朝起きてもすぐつくり、2日でこんな数になってしまいました!

私の、つきない制作意欲はどこからくるのか、両親を見ていて思いました。
ああ、遺伝子だ、と。
作るという事が無性に好きで、楽しくて、いくら作っても疲れない。
もしかしたら、このことだけが、私が神様からもらった唯一の才能だったのかもしれません。

名前もない、センスもない、お金もない、不器用で、常識のない、めんどくさがりやで片付けのできない生い立ちの私が、美術の世界にしがみついていられるのは、
この、作ることへの飽くなき魂、だけなのだな、と思いました。

ひとつの才能を磨くだけ磨けば、神は多くの才能を与える
という言葉があったので、
わたしはとにかく、生涯かけて、めっちゃつくるぞ!
と、
育った尼崎の町を歩いていて、心に決めました。

環境に恵まれていない人も子供達も、だから大丈夫です!
すきなことがあれば、とことんやって、
それを仕事にしてしまおう。
その仕事のためにめっちゃ努力をしよう。

わが町で育ったダウンタウンさんも、貧乏を笑いに変える事から今に至っていると言っていました。私も小学校時代はいじめられてるだけのよわっちい子供でした。
こんな町にだけ、与えられるひとつの才能もあるはずです。
美術を目指したい人たちへ、勇気を与えられるようなものが作りたいなと思いました。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-02-21 21:53 | 日常 | Trackback | Comments(6)

バイバイ

f0076833_1556382.jpg

ミュシカさんでの展示は本当にたくさんの方々が来てくださっていて、友達ももちろんたくさん来てくれて、さらに新しいたくさんの出会いがありました。

作品もうれしいことにたくさんの方々が手に取って、連れて帰ってくださり、彫刻の赤ちゃん達が、巣立って行くようなさびしくもうれしい思いをたくさん感じることができました。

彫刻家という仕事は、毎日がさよならの連続です。
四六時中を一緒に過ごして、思いを彫り込んで、ようやく完成した我が子のような彫刻を、その日に手放すこともあります。そんなとき、受け取った人はいつも最高の笑顔を見せてくださいます。

それはまさに、さよならは、出会いなんだと思える瞬間でした。
そんなたびに、さよならは、世界にいい事をしてるんだ、と思えるようになりました。

「さよならだけが人生だ」と、寺山修司の本に書いてありました。
「さよならCOLOR」という大好きな唄もありますが、
さよならのあとには、必ず出会いがある。そう思います。

月日が過ぎ、人も動物たちも同じではいられず、年を取って、すむ場所が変わったり、この世界からいなくなったり、必ず、さよならは来ます。

涙がとまらないまま描いた、亡くなる2日前のアニー君の肖像画のお仕事や、
忘れられないドンちゃんの、飼い主さんと過ごしたさよならや、
死んじゃったヴェルちゃんの絵を久しぶりに見て涙が出たり、
小さい頃の夢だった獣医さんにはならなかったのに、
たくさんのさよならの現場にも遭遇します。

生きた彫刻を作る、という仕事にとても大きな責任感をいつも感じます。
大切な動物の家族への思いを、かけてくださる方々がいるたび、苦しく厳しい彫刻の仕事も、私がやらねば誰がやる!と、いつも元気と勇気をもらっています。
f0076833_162155.jpg


いつも、思います。
さよならが寂しくて流した涙は、新しい自分という樹を育てる雨のようなもの。
たくさん泣ける人程、豊かに豊かに育ちます。

たくさんのさよならを、あたらしい出会いに変えて行けるように、
また今年もたくさんの彫刻を作って行きたいと思います。
ミュシカさんの展示会に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

f0076833_16371878.jpg

月君ハナちゃんCARも、新しい出会いがあったよう、さすが車の彫刻、猛スピードで私のもとから旅立って行きました。
このさよならも、とても幸せなさよならです。どうか新しいお家でたくさんの笑顔につながりますように!
f0076833_16414520.jpg

バイバイ!
[PR]
by m_kirin30 | 2010-02-12 16:55 | 展示 | Trackback | Comments(14)

木彫り教室

ミュシカさんで6日、7日と木彫り教室をさせていただきました。
一日目にカメラを忘れるというなんともなさけないおっちょこちょいの私、さらに皆さんに手を切ってはいけない!とえらそうにイキったあとに「あ〜」と情けない声を出し一番に私が手を切りました。
そんなアホアホスタートでしたが、生徒さんのあまりの出来の良さにびっくりの二日間でした。

人は、すばらしく器用です。
そして、すばらしく根性を持っている!
そう、思います。
人という生き物の技術のすばらしさ、これは動物界屈指のすばらしいものです。
と、動物目線で生徒さんを尊敬のまなざしで見ていました。

f0076833_914786.jpg


一日目に生まれたベストヒット作品、富士山チョコは、二日目もその技を受け継がれて行きました。
普段サタデッサン教室に通ってくれているメンバーは、講師として二日目は参加して頂きました。
さすが美術を楽しむ事を覚えたみんな、教える傍らに、すばらしいスイーツを作ってくれました。

f0076833_9165974.jpg


ケーキを挑戦してくれた生徒さんも、ばっちりケーキを作って帰られました。
f0076833_9175223.jpg

みんな、童心に帰って木彫に打ち込んでくれました。
f0076833_919444.jpg

最も愛情深かった作品、鳥の彫刻、すばらしいできだと思います。
まさに、愛情が技術の上を行く、これは、私たちプロこそ見習うべきものなんだと思います。
f0076833_9214432.jpg

すばらしい表情のイエテイ。
みなさん、美術を楽しんでくださって、私もとっても嬉しい二日間でした。

最後の最後に、とっておきのプレゼント!
一部友達はご存知の通り、ドラクエフリークな私に、最高のプレゼントが届きました!
f0076833_9241510.jpg

感動で写真がブレましたが、スライムタワーの色鉛筆画をもらいました!
宝物にしま〜す!!

ミュシカさんでの展示会は、ほんとにたくさんの方々に足を運んで頂いています。
一人一人のお客様と話す時間が取れなくて申し訳ないのですが、感謝の気持ちを新しい作品でたくさん表現して行きたいと思っています。

残り一週間になりましたが、よろしくお願いします。


f0076833_22563499.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2010-02-08 09:27 | イベント | Trackback | Comments(2)