<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ものがたり。

f0076833_18204118.jpg

東京での展示会が終わりました。
このブログを読んで知って頂いた方が想像より多くて、びっくりと同時にとっても嬉しいです。
今回の展示では、本当に不思議なことがたくさんおこり、
色んな物語がありました。

そんな彫刻のまわりに付いてくる、たったひとつのものがたり。
いまはそれが嬉しくて楽しくて、仕方ありません。

こんな物語がありました。
彫刻家の舟越桂先生。私の大学時代の先生であり、彫刻家としても大先輩であり、とても尊敬している先生です。
雨の中、ふらっとギャラリーに立ち寄ってくれたそうで、
古い封筒を持ってきて、私の作品を選んで、買ってくださったそうで。

その封筒も、そのお金も、実は私が6年前、東京造形大で桂先生にお渡ししたものでした。

かつて私は大学四年のころ、卒業制作に使う木を探していましたが、お金もそうなくて、アルバイトをしてためたお金を握りしめ、材木屋さんに行きましたが、大きな木はたかく、とうてい買えません。どうしようかと考えていた時、先生から、ひとつの大きな木を、紹介してもらいました。

ごろんと大きなその木は、人3人が手をつないでぐるっと囲めるくらい、太くて力強く、すばらしく赤いクスノキでした。
「これでよかったら、使わないからあげるよ」
という先生に、いやそれはいけない、私は買います、といって、少ないですが封筒にお金を入れて、お渡ししました。
「なんだか申し訳ないなあ」と、先生は小声でつぶやいていました。

その木はすばらしく、くせの強いクスノキですが、コブや木目やその木の堅さと格闘するうち、私の腕はもりもり太く強くなり、くせの強い木ほど木と対話し、木と向き合い、友人のように木と接する事で、その木そのものになりたい形があることを学んだ本当に貴重でいい出会いでした。
f0076833_18205060.gif


およそ10ヶ月の格闘のすえ、テングザルと犬の彫刻になりました。
私にとっては一番想いでの多い、長く時間をかけた作品でした。


あれから6年。
造形大に遊びに行った私は、桂先生に久しぶりにお会いしました。
そのときふっと、「あの封筒、実はとってあるんだよ。」と。
「あの封筒のお金で、君が作家として作品をどこかで発表したら、何か買わせてもらおうとおもう」
そう言って、いつものように先生はやさしく笑っていました。

そして、今回の展示会で、その約束(約束というより、先生がくれた物語ですが)を、
6年越しに、ほんとに実現してくれました。
私は嬉しくて、涙なしではいられませんでした。


彫刻科に入って、彫刻をはじめて。
彫刻の、そのまわりに起こる出来事や、生きた木との出会い、人との出会い、そして彫刻との別れ。
すべてが感動と喜びと、あふれる思い出で胸がいっぱいになります。
奇跡のような出来事も起こります。

先生がくれたたったひとつの物語を、これからたくさんの後輩たちに伝えて行きたいなと思いました。お金では、本当に買えない、何より貴重な物語。
仕事にする以上、お金は関わっては来ますが、
それを超越したものがたりに出会えると、苦しくてもつらくても、この先一生彫刻に人生を捧げるのだと、勇気をもらっています。
どんな仕事でも、ほんとうはお金より貴重なそういう出会いがあるから、続けて行けるのかもしれません。

正しく誠実に仕事をして行こう。
彫刻は誰かと出会うかたまりなんだと、造形大学の先生やみんなが、教えてくれた大切な彫刻の原点を、
思い出せた大切な一週間でした。
f0076833_18204571.jpg

f0076833_18205213.jpg

最終日はjazzフルート奏者の太田朱美ちゃん,
ベースの織原良次君、
そして兄のドラマー橋本学を迎えて
美術の空間で音楽を作ってもらいました。

あまりの楽しさに、また音楽と美術をつなげたいねと、
お互い心に誓った、楽しい時間でした。

友人にはほんとうにめぐまれてきました。
私に、こんなにすてきな友だちがいる事が、私が誇れるたったひとつの勲章です。
これからもともだちや後輩、先輩や先生、彫刻をなででくれたひとりひとりの方々に、
私の目の前の美しい世界を伝えたいと、
また、努力を続けるつもりです。
展示会に来てくれた方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。
f0076833_18204948.jpg


[PR]
by m_kirin30 | 2010-09-30 20:14 | 日常 | Trackback | Comments(8)

万有引力

f0076833_1465960.jpg

昨日から始まったフリュウギャラリーさんの展示会、すでにたくさんの方が来て頂いて、オーナーさんも私も嬉しくて仕方ありません。

小さな子ども達も来てくれて、彫刻になった動物たちとあそんだり、さわったり、親子で楽しんだり、、とってもうれしいひとときを過ごしています。

彫刻のちからって、すごいなあ、と、あらためて感じます。
ひとつひとつの生き物のかたまり。
そんな感じがしています。
彫刻は、エネルギーのかたまり、
感動や感情や圧力や色んな物質や分子。そのほか色んな原子や温度や何かがぎゅっとつまって、ビックバンがおこり、宇宙が生まれて星が生まれて引力を持つ。

その引力がいちばん大切な人をひきつけ、その人のもとへ彫刻が行く。
そんな偶然のようで必然の出会いが、
今は嬉しくて仕方ありません。

f0076833_147694.jpg

私の力ではなく、モデルになった動物たちのちから、そして木のちから。
たくさんのちからが手を貸してくれている。
彫刻はそんな不思議なかたまり。
彫っている時も、何か大きなちからが手を貸してくれている。
木のかたまりから、万有引力を持った星のかたまりのように生命力を持ち、
ひとつの彫刻の中で、物語がもう始まっている。
そんな風に思います。

今回もそんな不思議な出会いがたくさんあり、
最高の出会いの人のもとへ彫刻が旅立つ。
そんなさよならの瞬間が、今は一番嬉しい瞬間です。
新しい物語が、その彫刻とその人の中で始まり、一生を彩る生活の一部になれたら
私はもうそのほかに何もいらないなあ、と思います。
f0076833_147562.jpg


今週水曜日までと短いですが、多くの出会いがあったらいいなと思います。
最終日にはお兄ちゃんと織原良次くんが来て、少し演奏もしてくれるので、楽しみにしててくださいね!
f0076833_147714.jpg


10月は伊勢志摩で彫刻を、11月はアラブに動物たちをスケッチ&彫刻に行くことになり、そのあと、12月は大阪のラマダホテルで展示会があったり、ライブ彫刻イベントがあったり。
色々今年もにぎやかでおもしろい日々が始まりそうです。

ゆかいなおかしな彫刻人生を、これからも見守ってくださいね!
f0076833_14728.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2010-09-25 21:10 | 展示 | Trackback | Comments(5)

ともだち。

f0076833_9194462.jpg

美術と人生の半分近くを共にしてきました。
その前は音楽とともに歩いてきましたが、
私にはそれなので、美術は一番の古いともだちのようなものです。

美術にほとんどのことを教わってきました。
ひとつのことを長く続けるということ、それはこれからどんなことにチャレンジする時も使える、
「努力のやりかた」のようなものを学ぶことでした。
音楽で壁にぶつかって、美術にチャレンジしましたが、美術でも同じ壁にぶつかりました。
きっと私は、この先、ここを超えなければ何事も成さずして人生が終わる。
そんなことを予感しました。

負けず嫌いで好奇心おう盛なので、ある程度まではぐ〜っとがんばってまずまずできるようにはなれる、だけど美術でプロフェッショナルになるのは、ある程度、ではまったく歯が立ちません。

かつてない、その道での、類を見ない、世界最高の、史上最高のものを目指さないと、意味がないのだ、そう気づきました。
美術は新しいものを生み出す仕事でもあります。
そのあたらしいものが、過去のものに負けていたり、見たことがあるものだったり、誰にでもできそうなものなら、つくる意味がなく、レコードを残せないスポーツマンのように、残酷に波に飲み込まれて行きます。
f0076833_9195259.jpg


美術と生活を共にする。
そう決めて、たくさんの人に、無理だ無理だと言われながら、それでもここまで続けて来られた。
10年経ってようやく、美術との友情が築かれてきたような気がします。
一方通行だった想いが、ようやく、美術の方から私に答えてくれるようになった。

無理だという人は、自分が成し得なかったか、あまりにも辛いからやめとけという意味か、わかりませんが、本当に正しい意見というのは、その人が心から堅く決めたことであれば、どんなに辛い道でも乗り越えられると信じてあげることが一番の友情なんだと思います。
人は、みんな他者だから、自分の固定観念ではその人の能力は計れない。

「わが怒りもって成したものは、華やかに生い育つが、
 一夜過ぎ、雨に消えたり。
 
 わが愛より捲けるものは、
 常に芽ぐむ。
 その実りおそけれど、祝福はその上にあり!」 ペーター ローゼッカー

肝心なのは、続けること。
どんなに遅くても、待ち続けること、
その人の中に怠惰やあきらめがないのであれば、
つねに芽ぐむ、と、そう思います。

この先どんな大きな壁にぶつかっても、私と美術との信頼関係なら乗り越えて行ける、そう信じて、
この仕事と、生涯を共にして行きたいなと心から思っています。
f0076833_9193969.jpg


今週24日から29日まで、東京、千駄木フリュウギャラリーさんで個展をさせて頂きます。
目の前に当たり前のようにあり続けている美。
ものの見方ひとつで、地球は美の塊ボールです。
そんなたくさんの思いをこめて、彫刻につめこみました。
見に来てくれる人に、少しでも伝わればいいなと思っています。
f0076833_9195771.jpg

今週の彫刻。
宇宙犬ライカ。
ライカは帰ってくる燃料を積んでいないロケットに乗せられ、星とともに消えて行った犬。
そのかなしくも人を信じているまっすぐな犬の強さをつくりたい。
ライカは、いろんな形でつくり続けて行きたい犬です。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-09-21 10:06 | 展示 | Trackback | Comments(0)

東京

f0076833_21251351.jpg

「東京に来て得たものも、東京に来て失ったものも、全てが何かになると信じて、
 日々、こっちで楽しく過ごしてみるよ。」

7年前、東京で5浪して、東京芸大に入れなかった親友から来た手紙に書いてありました。
私たちは大阪で3年浪人し、私は拾ってくれた東京造形大に入り、親友はその後東京の予備校で2年間浪人しました。
あの頃私たちは、何が何でも東京に出てきたかった。
大阪から見た東京は、あまりにかっこよく、あまりに輝いて、あこがれの地でした。

美術の最先端の展示会が次々に開かれ、美術書の専門店なんかもあり、たまに行ける東京の街でむさぼるように好きな作家の画集を読んで漁りました。
東京の地にいるだけで、美の神様がついて来るような気がしていました。

ちょうど、100年前のパリの町も、そんな夢を抱えて、たくさんの画家や彫刻家達が歩きさまよっていたのでしょう。
ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソ、ジャコメッティや、マリーニ。

だけど本当は、そのほかに世に出なかった素晴らしい作家が、人間の歴史上数億といたのでしょう。
売れたくない作家は一人もいません。名のない作家は常にこれでいいのかと、自分に問い続けます。

みんな、評価を求めてさまよい、孤独と戦い、挫折したり格闘しながら美術を続けていたのでしょう。10年前に夢見た東京も、地方から来た私たちには、まさにそんな場所でした。
友だちのいないアトリエで、一人泣きながら粘土をこねることもありました。

東京にいるだけで、美術のなにかしっぽがつかめると信じていた頃。
毎日おとずれる展示の案内や、コンペや発表の機会。
転んでも転んでも、美術の世界に自分の居場所を探していました。
みんながどんどん進んで行って、自分だけ取り残されて、
毎日、なにか恐怖と戦っていました。

だけど、美術のうつわはそんな狭いものじゃない。
名のある作家だけを受け入れる訳じゃない。
全ての美術を愛する人たちの作品を、受け入れるだけのうつわが、美術にはあると気がつきました。

それは、地球上どこにいても、
どんな立場に自分がいても、
どんな生き方をしていても、
美を求める心があれば、
美術はできるんだ、ということ。
こうでないとだめなんだ、なんてものが美術にはないんだと知りました。

f0076833_21252165.jpg

あれから10年。
東京からもらったものは数えきれない刺激といつも見上げる向上心。
そして、数えきれない大すきな人たちとの出会い。動物たちとの出会い。
現在進行形で、東京の街からたくさんのものをもらい続けています。

今も東京でがんばっている作家の友だち、音楽をやってる友だち、いつも泊めてもらうおうち、彫刻を置いてくれている場所、お帰りと言ってくれるお店。たくさんの犬や動物たち。
そんなみんなががんばっている東京の街が好きです。
今は、東京に行ける時がいつも楽しみです。
たくさん東京に行く機会が持てるように、いい彫刻をたくさん作って、みんなに届けられる機会を持ちたいです。
f0076833_21252797.jpg

国立のアグレアブル ミュゼさんでは先日イベントをさせて頂きました。
古典のフラダンスを彫刻の犬が眺める機会をもらいました。
彫刻が、たくさんの風景を見られることが、嬉しくて仕方ありません。
f0076833_2125685.jpg

いぬのえかきやさんも、いつもワンコとの出会いがあり、一期一会の出会いに感動をもらっています。
f0076833_21251775.jpg

動物の彫刻をおさめた東京都立小児総合医療センターには、たくさんの絵が飾られていました。
病院の中で美術の力が子ども達をたのしくしていると思うと、嬉しくてたまりません。
f0076833_21282232.jpg

いま、千駄木で「アズキムシの夏休み」展が開催されています。
そのあと24日から同ギャラリーで個展も開催します。
今回限りの作品もあり、このワン子達も新しい出会いがあったようです。
ぜひ、動物たちに会いに行ってくださいね。

名古屋市ミュシカさんでも、今月中はひきつづき小さな動物たちがいます。
9月はイベントが盛りだくさん、まだまだ、伝えたいことがたくさんです、
ナマケモノですが、よろしくおねがいします!
[PR]
by m_kirin30 | 2010-09-13 22:54 | すてきなところ | Trackback | Comments(8)

まほうをかける。

f0076833_929349.jpg

ミュシカさんでの展示会が終わりました。
アニマルペンダントと、一部の彫刻は引き続き北欧の森に仲間入りする予定です。
遠方の方々も来てくださったそうで、店主さんときゃあきゃあよろこんでいました。
9月いっぱいはまだまだミュシカさんはイベント目白押しですので、遊びに行ってみてくださいね!

展示やワークショップは、普段離れている皆さんとの距離が近くなる時間です。
今回も2回に分けて木彫りのワークショップをさせて頂き、たくさんの人と楽しい時間を共有することができました。
f0076833_12424420.jpg

生徒さんの作った木彫りのペンダント  1
f0076833_12424072.jpg

その2

みなさん、最初は彫刻刀の怖さと木の堅さと立体の難しさに、すごくどうしよう、どうしようとなります。けれど、形が見えてくるとだんだん楽しくなり、やがてはのめり込み、時間を延長してまでしっかり終わらせて帰ってくれました。

みんなで木を彫って、笑顔があふれたり、感動してくれたり。
わたしはそんな時間が嬉しくてしょうがありません。
自分は木の伝道者なのかもしれません。
ある日、一本のクスノキにまほうをかけられて、
「木とふれあう楽しさをたくさんの人に伝えるのだ」
と、ちいさいころ約束したのかもしれません。

木屑になってしまうようなちいさな木のカケラから、小さな小さなかわいい動物たちが生まれる。
これは、木に人がかけるまほうのような瞬間です。
目の色を塗ると、とたんに命が輝きだし、木の動物たちがこっちをみつめてきます。

素材が、命になる瞬間。
私はたくさんの命が生まれる瞬間に立ち会ってきました。
みなさん、ほんとうに嬉しそうに喜んでくださり、ペンダントも全員、つけて帰ってくれました。

うれしいなあ。
いつもそう思います。
自分が関わった事で美術に興味を持ってくれたり、
絵を描くことがすきになってくれたり、
木彫りにも挑戦してくれたり、
日常に美術のスパイスをふりかけてくれる。
そんな人が、ひとり、またひとり、増えるたび、
この険しく果てしない道も、選んでよかったんだと、思える日々です。
f0076833_9291362.jpg


ちいさい頃木にかけられたまほうを、たくさんのひとに伝えて、日常を楽しく明るくして行けたらいいなと、思っています。
また、木彫りのワークショップは定期的にミュシカさんで開催したいと思っているので、はじめての方もぜひ参加してみてくださいね!

今週金曜日9月10日から、「アズキムシの夏休み」展に出品します。
アズキムシを立ち上げてからはや7年、当時学生だった私たちも、いまはそれぞれ作家活動を全国に散らばりながら行っています。
全国の彫刻の虫たちが東京で集まり、今回は北欧からも参加してくれる方がいます。
関東地方の方は、ぜひ千駄木フリュウギャラリーに遊びにきてくださいね!
そのあと、24日からは、個展が同ギャラリーで開催されます。

国立 アグレアブル ミュゼさんにて 9月12日「いぬのえかきや」開催します。
午後13:00〜日没まで。 ワンちゃんを連れてきて頂くか、難しい場合は写真でも対応します。
ご予約はこちらから042-577-7353


p.s
今週のデッサン  バイク越しのシバちゃん。
以外と、乗り物を描くのが大好きだったりします。
f0076833_9292254.jpg

[PR]
by m_kirin30 | 2010-09-06 13:18 | 日常 | Trackback | Comments(6)