<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

すきなこと


このまえの展示のときに、青羊(あめ)鈴木藍ちゃんが、動物たちにまみれて撮影をしてくれました。彫刻達もなんだかとっても嬉しそうに見えます。
f0076833_9203164.jpg


彼女の音楽が大好きです。兄の関係もあって音楽の友だちができてとても嬉しく、また、音楽も美術もいつも、一緒だなあと感じます。

すきなことを仕事にする。
誰でも、そうありたいと思っています。
だけど、とても厳しい。それも、当たり前です。
すきなことであればある程、ゆずれないものがあって、本気なほど、激しく傷つくことばかりです。

だけど、すきなことだから、あきらめたくないし、がんばって続けます。
お金ですきなことを汚したくないと、ある時期はとても、仕事と美術の関係に、苦しみました。
だけど、目的はお金を稼ぐことでなく、たくさんのひとを、美術の力であったかくしたい、そう思ったら、今の私を取り巻く全部が、大切な一歩づつなんだと気づきました。

すきなことは、すきなだけすきなまま楽しみたい、という想いもあります。
わたしにとっては、音楽だったりスポーツだったり。
美術も昔はそうでした。
絵がすき、粘土がすき、ものづくりがすき。
ほめられたい、見てもらいたい、わかってもらいたい、そんなかんじでした。

今は決定的に違うことがひとつ。
「見返りがなくても、ごく自然に続けるだろう」
ある朝起きて、そんなことを漠然と思いました。
私は呼吸をするのと同じように、絵を描くだろう。
食事をするように、美しいものを食べて、
ただ生きるように、彫刻するだろう。

すきなことは、いつしか生きることそのものに変わっていました。
それに気づいた時、生きていて一番感動した朝でした。
f0076833_863134.jpg


藍ちゃんにとって、うたうことが生きることであるように、
私にとって、つくことが生きること。
世界中の一人一人が、自分で選んだようで本当は、神様だか何だかわからないけどおっきな力に選ばれた、自分の仕事をするための命なのかも知れません。


藍ちゃんのブログに、こんな歌の歌詞がありました。ミルトンさんというひとが、うたっています。


それは人生の宴でか パンを貰おうとしたバールでか
多くの人が この職業に足を踏み入れた
楽器を演奏し 歌う仕事に
聴衆が木戸銭を払おうが払わなかろうが どうでもよく
歌うことそのものが 陽光の元へと至る道だった
昔の自分を思い出すことがある
歌うためなら 何も苦にならず すべて快適だった
トラックの荷台に乗り でこぼこ道を揺られていく旅すらも
そんな風だった
泥まみれの服 大地で一杯の魂
アーティストはみんな 人のいる場所どこへでも
出かけていかなきゃいけない
過去においてそうだったなら これからもそうなのだ
歌は僕を溶かす 決して人生に退屈しない
無論 歌うことにも


あまりに自分の気持ちと一致するこのうたと、藍ちゃんとの出会いに、
つくりてにとって、気持ちは音楽でも美術でも、まったく同じなんだと、気づきました。
f0076833_863952.jpg


たくさんのつくりての仲間達が、同世代でがんばってくれているのはわたしにとって、一番の励みになります。
自分のその誰かの励みになれるよう、この仕事をずっと続けよう、そう思います。
続ける、ということは、とても難しい事です。長く、一生ひとつのことを続けるということは、進歩し向上しないと、決して時代について行けません。

10年後も20年後も、この唄のようにまっすぐに、続けて行きたいなと思います。
この唄を教えてくれた藍ちゃんに感謝を込めて。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-10-28 09:07 | 日常 | Trackback | Comments(2)

プロフェッショナル

f0076833_18472038.jpg

先日久しぶりに、動物園でみんなの前で絵を描きました。
専門学校生のための公開スケッチだったのですが、
小学生がわあ〜っと集まって来てくれて、
「プロだ、プロがいるよ!」
「プロの絵描きさんだよ、せんせい〜!!」
周りできゃあきゃあ言って、喜んでくれました。

プロフェッショナル。
とは、どういうものか。
何にも私の事を知らない子達が、絵を見て、ただ、プロだと思ってくれた。
それが、心から嬉しくて、すこし、自信が持てました。

写真よりもリアルに描く。
リアルな生きているかのような彫刻を作る。
それって、すごい事みたいに感じてくれている。
でも、わたしが他のプロの人を見るとそうだ、と思いました。
私はマラソン選手とか、あんなに長距離を速く走れて、訓練と鍛錬の先にある、超、能力なんだと思います。どんなしごとでも、プロフェッショナルな技は、超能力だ、と思います。
普通の人には決してまねできない、鍛錬に鍛錬を重ね、汗を流し時を費やし、真剣に向き合い壁を何度も乗り越えた先に、超能力はある。
天才、なんて言葉は私は無いと思っています。
むしろ、天はすべての人に才を与えているので、誰でも天才は持っています。
f0076833_18471444.jpg


昔見た先生とかのデッサンは、絶対自分には描けないんじゃないかっていうくらい上手くて、
おちこんで、真似ばっかりして、自分を見失って、絵を描く事が怖い時期もありました。
でも5年、10年続けるうち、
当たり前のように自分の予測通りに筆が運んで色が作れるようになって来た。
更なる自然の美しさにも気づき、
もっともっと先へ行けると、あの頃よりも努力できる強い自分になれて来た。
上手くなるっていう事は、上手さを捨てて行く事なんだとも気づけて、
終わりが無いこの努力の世界にただ感動することができた。

努力だけの先にある、かたい意志の先にある、
超人的な技術は、超能力に近い。
そのくらい先を走っていないと、プロフェッショナルとはいえない。

自分の彫刻が美術品としてどうかは分かりませんが、
動物をリアルに彫刻して行く事については、プロフェッショナルでありたい、と思います。
誰だって、そういう自分のたったひとつの武器だけを磨いて、
そしたら自分の居場所は、誰だって世界にたったひとつ、
そんなふうに、技術を高めて行けたら、
何を言われても、ゆるがない、つよいこころで、
自分だけの美術と、向かい合って行けるのかなと思います。
f0076833_18465860.jpg


芸術や、アートの世界ではないけれど、
ひとりの職人さんのように、
目の前の美をそのまま、まるごと刻んで行きたい。
誰もが感動する大きな木や、
晴れた空や、
愛らしい動物たち。
そんな誰の上にも与えられた美を、拾い集めるように制作して行きたいなと思いました。
f0076833_1847674.jpg

生涯プロフェッショナルでありたいなと思います。

「美術以外の事で、お金を稼ぐな。」
彫刻家の佐藤忠良先生がそう語っていました。
美術一本、腕一本で生きて行く、そうである事がプロフェッショナル。
じっくり、長く時間がかかったとしても、このままで、
更なる向上を目指して、がんばって行きたいなと思います。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-10-24 00:29 | 日常 | Trackback | Comments(2)

ケモノとケモノ

f0076833_2033644.jpg

農家民宿 源さんで飼われている黒柴 シバちゃんの彫刻が完成しました。
シバちゃんは、はじめてこのお宿に泊まりに行ったとき、びっくりしました。
それは、私が飼っている黒柴月君とそっくりの男の子だったからです。

シバちゃんを彫っている時、不思議なことがいくつもありました。
私が集中力がふっと切れて疲れると、
シバちゃんはむっくり起きて来て頭をわたしにゴシゴシしてくる。
私が疲れてすこし手を切ると、
すごく遠くにいたのに、目を開けてこっちをみたあと、寄ってきて確認する。
夜はガラス窓越しに、手を当てると手をあててくる。
深刻な話をしていると、その人と人の間に入って来て、聞いている。

こころとこころがふれあっている、
そうとしか思えない状況が続きました。

いきものは、想像をはるかに超えて、理解しあえる。
自分がケモノになったような感覚で、
ヒトであるというプライドや既成概念を捨てると、
いきなり動物たちはこころをひらいてくる。
ケモノとケモノのひととき。
おびただしい星のなか、地球でいまここで、ケモノ同士が互いを認めあっている。
そんな瞬間に、震えるくらい感動して、
やっぱりこの目の前の美しいときを、そのままただ残したいんだと、心から思いました。
f0076833_20333657.jpg


動物たちは、わたしたちにまっすぐにケモノのこころをひらいている。
こちらの考えてる事は、おおよそ理解できている。
ただ、私たちが動物たちのこころを、理解するちからを無くしてしまっているだけなんです。
それを、向こうの頭が悪いと勘違いしているだけで、
頭が鈍いのはこっちのほうなんだと思います。

いきものの声を聞こう。
いきもののこころを、言葉でなく感じよう。
ケモノとケモノになれる時間を、一体化してくる瞬間を、地球とも同化して、共感しあいまるごとがひとつになる瞬間を感じよう。
それぞれがそのままで美しく、
一緒にいるだけで感動する。
隣にいる木も、その美の一部になって行く。
ひとつの美のかたまりになる。
その感動を残して行けたら、わたしの一生はそれでもう充分です。
f0076833_20332888.jpg


飼われている生き物は、幸せをただ感じているはずです。
どんな環境に育ったとしても、
ちゃんと愛された生き物は、今に満足している。
飼い主が裕福でも貧しくても、
背がたかくても低くても、
頭が良くても悪くても関係ない、
大好きな飼い主。

そんな、人といて幸せを感じている動物たちは、何よりも美しい。
愛される事で、ひとも動物も植物も、もしかしたらすべてのものが、
美しくなって行くのかなと感じます。
f0076833_20332216.jpg

来月は一ヶ月、UAE(アラブ)に、動物たちをスケッチしに行きます。
今後彫刻にするための、大切なスケッチです。
おそらく、心を通わせないと何もできずに帰って来ることになる。
もう一度初心(生まれたときのようなまっさらなこころ)で、
生き物の美しさを見つめに行こう。
人生でも大きな境目に立っていると感じる今、
今一番いい仕事ができたら、
続けて行くための、大きな勇気になるように思います。
楽しみな旅になりそうです。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-10-15 21:56 | 日常 | Trackback | Comments(5)

三角と3日

伊勢志摩にある農家民宿 源さんにシバちゃんを彫りに一人合宿させて頂きました。
f0076833_22445693.jpg

まずは車に道具、木、食料などをつめこんで、大好きなドライブを楽しみながら伊勢志摩まで。
着いたと同時に制作を始めさせてもらいました。
シバちゃんとの出会いは2年前。
何とも性格のいい、そしてマイペースで、あたたかい、黒い柴犬。
そのシバちゃんに心を奪われた私は、それから2年越しに、シバちゃんの彫刻を作る時間を作ることができました。
f0076833_22442961.jpg


シバちゃんのゆるい空気の波に乗るようにまったりとした制作。
それとは裏腹に、
木からシバちゃんまでの果てしない距離。
目の前のこんなに近くにシバちゃんはいるのに、
木と向き合うと、途端にとおくとおく、手の届かないところにシバちゃんがいるような、
なんとも切ないもどかしい気持ちになります。
彫刻は、長い長い片思いの旅のようです。

私は犬を彫る時、飼い主さんの昔話を聞くのがすきです。
見えたものそのままだけを写し取ったんでは、型取りのようにしかならない。

14才。
その、人から見たら短くて尊い今までのシバちゃんの歴史の中に、
どれほど多くの家族との思い出が刻まれているだろう。
私は、それこそ、それを彫りたい。
この目の前にいるシバちゃんが美しくかわいいのは、愛された歴史があるからだと感じます。
その過去を彫れなければいい彫刻なんてできない。
f0076833_22442666.jpg


彫刻は、いのちの歴史を刻むこと。
昔話も、リアリティのためのひとつであって、
どんなかすかな手がかりでも欲しい。
シバちゃんを知るための、すべてのかけらを得なければ。
飼い主さんには到底およばないけど、
それでも近づきたい、そう思います。
f0076833_22445143.jpg

デッサンを重ね、
シバちゃんと言葉でなく語り合う。
こういう制作が一番したい事で、これさえできれば他に何も望まない、
それくらい、動物と木と自分と三角に向かい合える時間は私にとっては貴重です。
その三角の声をまんべんなく聞いて、
三角のリズムか完全にとれた時に、
ほんとうにリアルな仕事ができるような気がします。
f0076833_23141363.jpg

一枚の水彩画と、シバちゃんの彫刻、完成はしなかったけど、いい、制作ができました。
たった3日でも、
純粋に美術と動物と素材と向き合えた、
こんな貴重な時間をすごさせてくださった民宿のオーナーさん、ご飯を差し入れてくださったお母さん、おとうさんに、そして3日間ベタベタさわる私につきあってくれたシバちゃんに、
こころからお礼を言いたいです。
f0076833_7513593.jpg



シバちゃん、また彫らせてね。
[PR]
by m_kirin30 | 2010-10-07 23:24 | すてきなところ | Trackback | Comments(2)