<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

手紙

f0076833_2034996.jpg

いままでどれくらいの彫刻を彫って来たのでしょうか。
オーダメイドの彫刻はおそらく書類で残っているでしょうが、もちろん数えたことも無く、
大学の頃は一日ひとつくらい小さな動物たちを彫っていたので、見当もつきません。
またそのためのスケッチやデッサンにいたっては。

だけどこの自分の目と手だけが知っている、数えきれない記憶の彫刻。
おおよそすべてのものは、誰かの元へ行きましたが、それってなによりしあわせなことだったんだと気がつきました。
彫刻は、たくさんの人の元へ届いた、私からの手紙のようなもの。
リアルなまま伝えたい、一緒にまるでそこにいたかのように。
私は、世界一リアルな手紙を作りたいんだと、最近になって気がつきました。

f0076833_2034560.jpg


よく、彫刻をしていると、君のコンセプトは何だと聞かれます。
コンセプトって何だろうと思って、調べてみると、意図するもののような意味。
長年考えて、ようやくひとつの言葉が浮かびました。

「私の彫刻は、私からうけとる人への、遠くの地から書いた手紙のようなものです。」
最近はこう、こたえるようにしています。

旅に出て遠くはなれた知らないところで、目の前に、こころがわあっとあふれるくらい、うつくしいものに出会った、そのあふれるきもちを、誰かに伝えたい。
そのために、その想いと記憶を、一番リアルな方法で伝えたい。
そんなふうな思いで、友だちに手紙を書くように、私はただ彫刻を作っています。

私なりの言葉で、私なりの手紙を、せいいっぱいの思いをこめて、出した、
そののち、しばらく、とどいてるかな、伝わったかな、と、おもいえがく。
いちばんリアルな手紙のかたちが、私にとっては彫刻だったのかもしれません。
f0076833_2034038.jpg


美術は、音楽や演劇と違ってその場で相手の顔が見られません。
たったひとつの自分の想いの詰まった作品ができるその瞬間は、いつだってひとりぼっちです。
孤独を友人に持たなければならない、と聞いたことがあります。
孤独を味方につけ、ひとりぼっちで自分の本当の気持ちを書いた手紙、
そんなかなしくもリアルな日常の美術を作って行きたいと思っています。
f0076833_20341481.jpg

GWは、今年も友人作家の井上アコさんと一緒に展示をさせて頂くことになりました。

いぬのえかきやさんも5/1、2に国立「アグレアブルミュゼ」さんで行なっています。
5/5の夜7:00ごろから、絵本「神様のないた日」の読みきかせ会も同じお店で行ないます。
ぜひ大人の方も子どもの方もいらしてくださいね。

私は木彫りペンダントをたくさん持って行きます。東京方面は初なので、これもぜひ見に来てくださいね!

そしてなんと5/7日にデッサン教室を開催することに!詳しくはこちら
お問い合わせはこちらまで! nishimura@accademianut.comまで
by m_kirin30 | 2011-04-24 23:19 | 日常 | Trackback | Comments(4)

はるウララ

f0076833_11393084.jpg

春はうららかできもちいい。
ほんとだったら全国桜のニュースや入学式。
うららかなニュースがたくさんあふれる時期ですが、今年はいろいろありました。
だけど桜が咲いて、猫が歩き回って、亀が冬眠から目覚めて、
いつもの春がやってきました。
きっと、うちの亀は、地震があったことを知らないんだろうな。
ミノムシはあいかわらずぶらさがって、
新しい春生まれの命が、いっぱい芽吹いて行くのでしょう。

だけど私もそうでありたい、とおもいます。
どんな事があっても生きていく、とは変わって行くこと。
何かが起こったとき、それ以前には、誰も決して戻れない。
時間軸は、常に一方通行だから。

起こった出来事を受け止めてそれを乗り越えて、変わって行く。
変化しながら、今に受け答えしながら、なんとかして生きのびて行く。
すこしでもいい風に、ちょっとでもいい風に、
変化しながら。そんなふうに乗り越えて行きたいと思います。

最も強い者が生き残るのではなく最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である   
と、ダーウィンが言いました。
変わることが生きること、というふうに、
いつもあたらしく、いつも新鮮に、けれど変わらない思いを胸に、
いつもよりちょっとがんばって行こうと思う春です。
f0076833_11355532.jpg

友人がこの前写真を撮ってくれました。
思いをこめて彫る
ただそれだけの毎日ですが、私にとっては一番のしあわせなのかも知れません。
大好きな彫刻だから、彫刻とはなれたくないから、どんな辛いことでもがんばれる。
そんな仕事に巡り会えただけでもとてもしあわせなことでした。
f0076833_11355791.jpg

今は彫っても彫ってもまだ彫りたい。
死ぬまでに目一杯の彫刻を作って、目一杯の動物たちに囲まれて、
あーつかれたと言っておばあちゃんになるのをゆめみて、
彫刻を彫り続けて行こうと思っています。
f0076833_1135566.jpg

f0076833_11354922.jpg

開催の有無も確定するのがおそくなってしまいましたが、
今年も井上アコさんとのGWの展示を行う事にしました。
5月1〜5日に、東京国立のアグレアブルミュゼさんにて、
動物アクセサリーを展示します。
また、オーダーメイドなどの注文なども受け付けたり、(5/1〜3)
いぬのえかきやさんもいつものように開催したり、(5/1〜3)
今回は木彫りのワークショップも開催します。(5/1)
最終日には、原きよさんによる絵本「神様のないた日」の、読みきかせ会も行ないます。(5/5)
絵本「神様のないた日」は、地震の経験を元に描いた絵本なので、今回、子供達や大人の方にも色んな気持ちを知って頂きたいなと思って開催することになりました。
たくさんの方に来て頂きたいです!
by m_kirin30 | 2011-04-09 23:13 | 日常 | Trackback | Comments(10)