<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デッサンのススメ

f0076833_21175167.jpg


答えのない、何がいいかは誰にもわからない美術の世界で、デッサンにとりつかれながら暮らしてきました。

デッサンのいちばんの秘密は、うまく描こうとしない事にある。
これは、12年デッサンを続けてきて私が思うひとつの答えですが、こう描いてやろう、と意気込んでも、自分を押し付けるだけで空回りする事が多かったからです。

自分の感覚と目を、完全に脱力させて、何でも染みこむフワフワの状態にさせると、目が綿のようになって、無限の色や形がどっとおしよせてきます。

だから私はデッサンをする前は、必ず深呼吸、光を感じて、
ワクワクしながらも白い紙の奥にすでに見えてくるモチーフを、手ざわりを、感じるようにしています。

次に私は、いつの頃からか一本の手ではたりなくなって、両手で絵を描くようになりました。
最後はもちろん利き手が頑張ってくれますが、右も左も、最初は猫の手も借りたいくらい忙しいからです。
見えてくる現実のスピードに、ついて行くのに必死です。

紙の奥に空間の手ごたえを感じながら、いっぴつ、いっぴつ、
ここで終わりと言われても悔いのないように仕事を進めていきます。


デッサンには自分が嫌でもあらわれます。
自分のダメなところが、進むのをさまたげる大きな壁となって、よりよくするには頭の根っこから、くつがえしてあたらしい目と感覚で世界をみるしかありません。

そのときはじめて、自分を知り、自分の武器も盾も、盾で守ろうとしていたものも見えてきます。

武器を捨てるのではなく、武器を極めよ、が、デッサンの秘訣。
自分のもっていた武器で世界一を目指してから、極めたらはじめて武器を捨てられる日がくるからです。
f0076833_21271984.jpg


デッサンをしすぎると、デッサンにとらわれて自由な線がひけない、昔のような絵に戻れない。
こんな言葉を聞いた事がありましたが、
私はちがうとおもいます。
昔の絵に戻る必要は全くないし、過去の焼き増し作品を作っても仕方ありません。

真のデッサン力は、自由な絵へと自分を導いてくれる。

デッサンを続けて続けて、続けたそのさきに自由が待っていて、デッサン力は決して自分を縛りつけたりしません。
感覚を縛りつけているのは、自分のデッサンに対する引け目と、力のなさ。

デッサンが目指しているところは、そんな器のせまい世界ではなく、ようやく世界に向かって開かれたドアのように、ひろがっていく自由の空間です。
それが、私には一枚の白い紙。

白い紙を目の前にした自分は、あたらしい世界のドアの前に立っている自分。
自分で、描いていくリアルな世界。
夢物語でもなく、重いシリアスでもない、
何となく楽しく苦い、この現実の世界です。

長くなってしまいましたが、
私はデッサンをまだまだ続けていきたい、
100年弱の寿命が与えられるとしても決して足りない無数の世界のドアを、開いていきたい。

そんな風に、暑い夏の夜思った、今のデッサンに対する思いのまとめでした。




アラブ滞在のスケッチをまとめた動画をひとつ。今このこたちの彫刻をつくっています!






現在、動物愛護法改正案があって、パブリックコメントという、国民ひとりひとりからの意見を募集しているようです。
私もコメントしてみました。
ペットを飼っている方はぜひ!
[PR]
by m_kirin30 | 2011-08-22 21:32 | 日常 | Trackback | Comments(4)

すきま

f0076833_22404933.jpg


アトリエで一人でこもって制作をしていると、たまに、今こうして木を彫っている事に、不思議な感動をすることがあります。

かつて10年前、毎日木が彫れたならそれだけで幸せだった、そのころの夢の中にいるような気持ちになって、どこへでも向かっていけるような。
だけどそんな、すこし気持ちよく感じる時ほど、注意をするようにもしています。

初心が大切と言いながらも、技に酔い、経験に酔い、自分に酔い、過去に酔っぱらって制作がだめになる事はたくさんあります。
敵はこの3つ、技術、経験、自分。つまりは過去。

昨日までの自分を、何のためらいも無くすべて捨てる勇気を、大切にしています。
彫刻は、つまりはそういう事だからです。
どんなに苦労して形をぽりぽり作っても、その形が違うと思ったら、勇気をだして、捨てていく。
その自分の過去と戦う勇気だけが、彫刻の味方なのかなと思います。

最強の敵は、最大の味方にも等しい。
過去といつも戦って、勝って、味方に付けていく。そんな気持ちでいつもいられるように、ナマケモノの自分とけんかしつつ制作したいと思っています。
f0076833_22403942.jpg

この夏も、名古屋の河合塾さんで木彫りのワークショップをさせて頂いています。
毎回、教えなければいけない私が、皆さんの傑作に、感動でテンションが高くなってしまって、
わけのわからない事を話してしまっているような気がしますが、
みんなのなかの、誰も見る事のなかったいのちの形が、そとの世界に、わっと出来上がる瞬間に立ち会うことができて、感動で胸がいっぱいになります。
f0076833_22413889.jpg

私自身、たくさんのいい先生に出会えた事で、本当に自由に、作る事が楽しく、なにも押し付けられずにすくすく育ててもらいました。
自分のように、楽しんで、でも戦って、作って欲しい、そんなふうな願いを込めて毎回みんなの仕事をみています。
f0076833_22405844.jpg

f0076833_22411042.jpg

みんなの作品が、なぜこんなに魅力的なのかな、と考えると、
ひとつ、思いあたったことがありました。

見る人と彫刻との間に、ちょうどいい「すきま」のあるのだ!と。
見る人に少し入りこむ余地があって、だけどそのすきまは絶妙な感情の隠れ家になるような。

うまく作ろうとせず、完成を無理に目指さず、思いがあふれて、作りきれない、そんなものの中にだけ存在する、ちいさなすきま。
その空間がないと、見るひとのこころが作品に入りこむ場所がなくなって、帰ってきてしまいます。
上手くなると、すきまのないものをつくってしまいがちです。

わたしも、みるひとにちょうどいい「すきま」のある彫刻をつくりたいと、こころから思ったこの夏前半でした。
来てくださった皆様、本当にありがとうございます、ひとりひとりともっと話せたら、と思うのですが、バタバタしてしまってすみません。
来週の最後の講座も、たのしみにしています!

次回のブログで、最近思うデッサンの神秘について少し描こうかなと思っています。
[PR]
by m_kirin30 | 2011-08-08 04:25 | 日常 | Trackback | Comments(6)