<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボーナスステージ

f0076833_20402276.jpg

あした地球がおわるとしたら、何がしたいか、と考えると、
すきな音楽、すきな美術をあつめて、すきなばしょで、たくさんのお料理をつくって、一夜限りの晩餐会が開きたい、とおもいます。
最後の晩餐、は、だれしもの夢なのかな、とおもいます。

でももしかしたら、いまのこの世界が、ボーナスステージなのかも、ともおもいます。
いちどやりのこした一生があって、もういちど、やり残した事をやってこいと、たのしめと、この世界に送り込まれてきた、ボーナスステージ、だとしたら、どんどんやっていかないと、またタイムアウトだな、とも思います。
死んでも死んでも生き返った、マリオとルイージのように、元気いっぱいでがんばっていきたいとおもいます。

f0076833_20402820.jpg


最近よく考えるのが、プロフェッショナルと、アマチュア、違いなんて無いんだ、という事。
時に中途半端なプロとしてのプライドが、いいものづくりを邪魔することもあります。

プロが忘れがちな事はたくさんあります。

ひとつめが、「飢え」のちから

つくりたくても、つくる時間がない、そんな時に、つくりたい、つくりたいという「飢え」が、時として素晴らしい力を生みだすことがあります。
日々、飢えに自分を追い込んでいかないと、勝てない、そう思います。

ふたつめが、「遊び」のちから

遊びながら、たのしみながら、つくることは、だんだん怖くなってきます。
慣れてくればくるほど、失敗が怖くなり、失敗を頭で避けるようになり、そのせいでまとまった、おもしろくないものができたりもします。
確かな技術の土台のもとに、ギリギリのハンドルさばきで、遊びにいける人のつくるものは、かっこいい、おもしろい、そうおもいます。

みっつめが、「無知」のちから

知る事は、恐怖を知る事でもあります。
失うものの事を考えて怖くなったり、もうだめだとあきらめたり、知れば知るほど、頭の中でしかものごとを考えられなくなり、結果を考えずにはいられません。
だけど、だいじなのは、何がおこるかわからない、ということ。
「無知の知」ということばのとおり、なんにもわからないのだ、といつでも思っていないと、負けてしまう、とおもいます。

f0076833_20403722.jpg


要は、子どものようなフワフワのこころとからだでいる事、
いつでも新鮮に、学んだその先に、また学ぶ余地をみつけて、すすんでいく、限界を超えて、苦しんだ先に、笑っていく、そうやって作っていきたいと思っています。

毎朝、あたらしいステージにたったマリオの気持ちでいます。
どうみんなを楽しませながら、遊びながら、慎重に、スピーディーに、いのちを増やしてがんばっていくか。
ボーナスステージは、たのしむために、たのしませるために、あるのだ、とおもって。

f0076833_21343162.jpg

f0076833_21345124.jpg


12月の神奈川県大磯 世代工房さんでの、「ココにいるケモノ」展詳細です。

開館日 12/9、10、11、16、17、18、23、24、25日
その他の日にも開館できるので、お問い合わせ下さい。
info@sedaikobo.com
0463-61-9622



はしもとみお彫刻展
UAEでであった動物たちをモチーフとした彫刻や、ドローイングを約60点展示いたします。
関東圏ではUAEの動物たちはこれが最後の展示機会なので、ぜひ遊びにきてくださいね。

2012年
東海地方巡回展1/27〜2/14 名古屋ミュシカ
関西地方巡回展5/17〜5/26 星ヶ丘洋裁学校

お近くの展覧会に、ぜひ遊びにきてくださいね。
全会場、それぞれ違う彫刻達をならべたり、内容も変わっていきますので、3会場遊びにきてくださってもたのしめる巡回展にしていこうと思っています!
by m_kirin30 | 2011-11-17 21:36 | 日常 | Trackback | Comments(6)

いいとき、わるいとき。

f0076833_20262093.jpg


知らない人に会うのが苦手で、ワガママで自分勝手で、常識のない私が、木を彫る仕事のおかげで、どんな事でも進んでできるようになりました。
木を彫って生きていけるなら、どんな仕事でもうれしい。
仕事が、自分を育んでいるんだと、いつも思います。
仕事での痛みや喜びを食べて、毎日それをエネルギーにして生きている、そんな心地がしています。

美術の仕事は、よくひとりで、ものごとを決めないといけない瞬間に出くわします。
ひとつの彫刻の途中でも、こっちを彫ろうか、あっちを彫ろうか。
迷いながら、決めながら、探しながら、自分ひとりでどこをどう彫るか決めていきます。

ものをつくっているとき、ひとつ、大事にしている事があります。

作っていて、きもちいい、調子のいい時、迷いなく、すいすい進んで、もう間違いなくすすんでいけるような、つよい気分になる時があります。

また、作っていて迷いなやんで、落ち込んで、今までどう進んできたのかわからなくなって、彫刻と向かい合うのがつらいような時があります。
f0076833_20285434.jpg

いい時とわるい時、
どちらも同じくらいにおとずれるのですが、
わたしは、いい時だと思うときほど、実は試されているときで、
わるい時だと思っている時ほど、チャンスだと考えるようにしています。

苦しいときはチャンスだという言葉はよく聞きます。
きっと、自分のダメなところが見つかって、今までの自分では解決できない壁があらわれたとき、自分が苦しいときこそ、成長する、これは植物でも一緒だし、生き物全部にとって、くるしいときは、強くなるチャンスなのでしょう。

いい感じの時、その波にのまれてたのしもう、と今までは思っていましたが、
どうやらそれは間違いでした。
好調な時にこそ、その行動が試されている、そう思います。
富をもち、地位を持ち、権力を持った人間がどう動いてきたかで、国や歴史がよくもわるくも動いてきたように、
本当に試されているときというのは、チャンスが舞い込んできている好調のときなんでしょう。

調子のいいときほど、気持ちのよくものごとがすすんでいる時ほど、冷静に。いま、試されている。
最近は、そう思うようにしています。

10年でようやくスタートラインに立てた彫刻の暮らし、ここからはじまり、
ようやくここへ立てた、
きもちいいものをつくれたらな、と思っています。
来年はまた、あたらしいこともたくさん、はじめてみたいと思っています。

わたしのひとつの夢、音楽と美術をつなげていきたい、というもの、
そのライブイベントが、すこしづつはじまっています。

f0076833_2029273.jpg


12/19日詩人の三角みづ紀ちゃんと、詩と彫刻のライブをします!
高村光太郎の彫刻10ヶ条をもとに、部屋から世界までとんでいくストーリー。
わたしはラクダのライブ彫刻をします。
彫刻も数多く展示します。
同期間に展示している個展の動物たちを連れていくので、
大磯はちょっと遠い、という方にもおすすめです。みづ紀ちゃんの詩が、彫刻達を不思議な世界に連れていってくれます。
なんとみづ紀ちゃんとは、東京造形大学の同期。
学生の方にも、ぜひ見にきて欲しい企画です。
不思議でおかしなおもしろ空間に遊びにきて下さいね!

12/19日 
open 19:30 start20:30
charge¥2000+1d

入谷なってるはうす
東京都台東区松が谷4−1−8
03−3847−2113
ご予約 info@misumimizuki.com


f0076833_23353369.jpg


ふだんはアトリエにこもって彫刻をしているので、彫るところを見てもらうのははずかしいのですが、木から出る音とにおいはすばらしいので、ぜひ彫刻のある空間を、たくさんのヒトにたのしんでもらいたいです。
by m_kirin30 | 2011-11-04 23:28 | 日常 | Trackback | Comments(10)