<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

できること

f0076833_11374342.jpg

昔は、できないだろうと思っていた毎日彫刻を彫って仕事をする環境、あきらめかけていた作家という仕事、想像さえできなかったことが、今は忙しくも充実しながら、実現しつつ暮らしていて、
よくよく考えると、なぜ、できないだろうと思っていたのか、今となっては考えることがあります。

あれはきっとできない、この仕事にはきっと就けない、
いろんな思いが頭をよぎり、小さい頃の夢をあきらめた経験は誰でもあることかもしれません。
野球選手にはなれない、宇宙飛行士にはなれない、歌手にはなれない、、
あこがれの職業ほど、あきらめてしまうのはなぜなのか、
よくよく考えると、
「なれる可能性」という面では、ほぼ100パーセントの確実で、何にでもなれるでしょう。
日本という国にいれば、ほぼなおさら、何にでもなれるでしょう。
もし何かしらの障害があり、その職業が事実難しかったとしても、確実にその職業のちかくにある仕事に、つける、そう思います。

天賦の才能、という話もありますが、
私は努力でできないことはないと思っています。
持っている「夢」を、持ち続けることができれば、その可能性はほぼ確実です。
なぜなら、夢の実現にむけて努力するということは、
冷静に自分の実力を判断し、無謀な夢は捨て、自分に可能なものを探し、弱点を強化して長所を最大限のばし、着実に階段をのぼっていく、
むしろ、夢を持ち続ける事こそが、何よりもつらく、険しく、精神力のいることなのでしょう。

そこで誰しも生まれ持った力の壁にぶちあたりますが、
自分にしか開けない突破口が必ずあり、なりたい職業の分野で、自分だけにしか戦えない手段が、きっと見つかります。それを見つけさえすれば、何になってなれるし、どこへだって行ける、そう思います。
自分、という鍵はこの世界に一つで、自分だけが開ける扉がある、という謎解きのようなものです。
長い長いロールプレイングゲームのようなもので、どんなに難しくても、時間を費やし努力すれば必ずクリアできると、そういうイメージです。

f0076833_11374019.jpg


では、その自分の「夢」を壊そうとする敵は、なんなのか
よくかんがえると、それば、「既成概念」というやつでした。
脳の中の、「限界フィルター」みたいなもので、
生きてきた経験、受けた忠告、世間の常識、社会の情勢などによって、
振り払おうとしても全く消えてくれない、「既成概念」の重くて分厚い壁が、私たちの夢を拒みます。

「あれは無理だからやめとけ」「そんなのなれる訳ない」「それでは食べていけない」
大人になるにつれてたくさんの現実を見た中で、世間一般にとって難しい事は、自分にとっても難しい、と、判断し、楽な方へ脳が指令を出します。
その、甘い指令に、ちいさく強くすこしづつ抵抗していく事が、きっと、「努力」というものなのでしょう。

「限界突破」の脳さえつくれれば、あとはかなり自由に進みます。
できない事はないので、あとはできるまで時間や努力を費やし続けるだけです。
その、惜しみない努力と時間、犠牲だけが、短い一生の中でどれぼど費やせるかに、かかっているのでしょう。
鈍感で、バカなほどに一つの事をつづければ、たいていの事は、可能になるような気がします。

とはいいながらも、自分もまだまだ限界を知ってはいなくて、
今なお、既成概念の壁と戦いながら、毎日、彫刻をしている暮らしです。


「数学の神は、その自分に払われた犠牲の分以上は、決して人に恩恵を与えない」
これは数学の世界の言葉だそうですが、
どの世界でも、そうなのかなと思います。

美術で生きていくというのもまた、多くの犠牲(という言葉が正しいのかはわかりませんが)を、
自分の暮らしから払わなければ行けないのもたしかです。
これから、どんな厳しいことがあっても、けして美術をやめない精神力を、
養うためにいま、基礎体力作りをしていこうと思っています。

f0076833_11373534.jpg


星ヶ丘洋裁学校での展示会もおわり、会場には本当にたくさんの方が足を運んで、彫刻をさわってたのしんでくださいました。
f0076833_11373195.jpg

今年はたくさんの展示会の機会をいただき、本当にうれしく思っていて、
動物たちも、すこしにやりと喜んでいるような気もします。

f0076833_11372624.jpg



次回展覧会は、名古屋市千種駅近くの、河合塾美術研究所付属の、NAFギャラリーです。

ケモノたちのなつやすみ 展 

2012年7月21日(土)〜8月5日(日)まで 会期中無休 10:00〜18:00

小さな動物たちの彫刻約300体ほか、大きな等身大の犬や猫、異国の動物、ガゼルやラクダなど、たくさんのさわれる木彫りの動物たちを展示します。
彫刻をさわったり、記念写真を撮ったり、絵を描いてみたり?!
お好きな楽しみ方で、展示会にあそびにきてくださいね。


今回も、同時開催で、木彫り教室をします!
河合塾での木彫り教室は、大きなアトリエで一日つかってすこし大きめの作品を作ります。
初めての方も、道具がなくてもすべて貸し出せるので、お気軽に参加してみてくださいね!

お申し込みはこちらから  0120-591-109 です。


f0076833_12235776.jpg

f0076833_1224869.jpg

by m_kirin30 | 2012-06-05 12:24 | 日常 | Trackback | Comments(0)