<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

そだつ

f0076833_952884.jpg


自分が立ち上げてきた彫刻家 はしもとみお、という仕事が、
自分とはまるで違う性格や姿で、生きている、と感じます。
仕事がいきもののように動いたり勝手に成長して、
自分が眠っている間にもそだっている時だってあります。

知らない人に会うのが苦手で、ワガママで自分勝手で、常識のない私が、木を彫る仕事のおかげで、どんな事でも進んでできるようになりました。
人にちゃんとあやまることも、責任をさいごまで取ることも、
人見知りなのに、仕事着を着ると(ツナギですが)知らない人と初めての彫刻設置などの仕事でも、しゃきっとがんばることができるようになりました。

木を彫って生きていけるなら、どんな仕事でもうれしい。
仕事が、自分を育て、自分が、仕事を育てる。

自分で一から立ち上げる仕事というのは、何かを育てる感覚と似ているのかもしれません。
木に水をやったり、犬にえさをあたえたりする、そんな成長を心から楽しみにする瞬間に、毎日であって、喜んだり哀しんだりしながら、仕事と暮らしています。

自分の仕事のこの先どういうふうに育って、どういう形になって行くのか、
それを支えていけるのは、自分しかいない、それが、作家業というものなのでしょう。

f0076833_9521292.jpg



ものづくりの仕事は、時間がすべての鍵です。たとえば時間をいくらかけてもいいなら、ほとんどの事が誰だってできること。 決められた時間と予算の中で、どれほどのいい仕事ができるかが、生きのこれるかどうかの要になっている、そのように思います。

それは、短いスパンの時間という意味ではなくて、ものによっては、
それこそ生きているうちに、一作でも最高傑作が生み出せれば、それだけで生きていけるということもあるでしょう。

環境はひとそれぞれですが、環境のせいにせず、環境はあってないものとする、
めぐまれていても、めぐまれていなくても、どこだって、
仕事を育てることの楽しさをおぼえたら、もう大丈夫、どこまでだって成長して行けるはずです。

f0076833_9521618.jpg


もちろん仕事には、自分がかくそうとしても現れてきます。

それなので、芸術家は、もっとたくさんいい思いをしないといけない、するために努力しないといけない、そう思います。
人より苦労もあっても、色んないい思いをすることで、人をいい思いにさせられるものが作れるから。

評価されないことにだけは、慣れてはいけないと、思います。
うまく稼げないことにも、決して慣れてはいけない、
くやしいとおもって、問題点を見つめ、いつも理想の形でものづくりができる暮らしをみすえていないと、仕事の成長は止まってしまいます。

大きく育てることが目標ではなく、ゆたかに、たくさんの実を付けて、鳥や動物たちがよってくるような、ほっとするような、
そんな一本の木のように、自分の仕事を、育てて行きたい、とおもっています。

f0076833_9522127.jpg

f0076833_9522454.jpg


「ケモノたちの夏休み」 名古屋河合塾千種校 ギャラリーNAFで開催します

7/21(sat)~8/5(sun) 10:00~18:00

会期中は無休です。ご家族で、お友達と、はたまた一人でカメラ片手に、さわったり、思い出のスナップを撮ったり、会場で動物たちの絵を描いたり、自由に参加していただける彫刻の展示会です。

今回の写真は会場風景の写真です、受付ではシバちゃんがスタンバイしていますよ〜!
by m_kirin30 | 2012-07-21 11:07 | 展示 | Trackback | Comments(12)

これから

f0076833_154114.jpg

どんなものでも、使うことはとても楽で、作ることは手間ひまかかります。
その、つくる、と、つかう、の、バランスがこわれると、ものは失われて行きます。
一枚のお皿、木の机、一枚の絵。
たいせつに手のひらで作られたものも、いつかは壊れたりもしますが、たいせつなものほど、大事に使ったり、修理したりしながらいつまでもそのかたちが続くように、願われて守られていきます。

最近は、大量生産品が増え、失くしてもいいものが増えてきて、そのせいでか、ものをたいせつにする、使うことが、苦手になってきているような気がします。

すべてが使い捨てなら、よかったのですが、もちろんそんなことは許されません。
むしろ、そうやって後に残るものたちのことを考えず、今を使い尽くしてきたのが、ここ最近の私たちであり、日本なのでしょう。
これからのくらしを、真剣に考えないといけない世代の私たちは、成長期のこの国とは、大きく違った方向でものを使って行かなければならないし、
むしろ、失ったいいものや自然をこれからのために、つくってつくってつくりまくるしかない、そんな時期になっています。

色んな理由があって、色んな夢もあって、私も、この場所にいます。
大変なことがあっても、誰にだって日本で暮らしていきたい理由があり、日本で暮らさなければならない理由もあります。

日本の音楽や芸術、
すばらしい表現者の方々に、巡り会うといつでも、
この人たちの、表現する場を、守っていきたい、と思います。
音楽家がきもちよく音楽を続けられる場所を、
芸術家がのびのびと芸術を創作できる場を、
ものがうまれるところ、を、つくっていきたい、と心から思います。
芸術活動に過度な豊かさは必要ありません。
むしろ、文明を失って火と水だけになっても、つづけられるのが芸術で、
私たちの仕事は、感覚や心の、目に見えない部分の栄養を作り癒す、お医者さんのようなものです。

f0076833_15479.jpg



使うことよりむしろ、作ることの方が私には楽しいです。
一つの土地で、制作を続けていこうと思うのも、一日でも地道に自分の仕事を進めよう、と思うのも、
今は、ひとつの彫刻家、という仕事を作っている最中なので、
きょろきょろせず、気をそらさず、無駄に手を広げず、
しっかりと、成長できる範囲で足場を作っていきたい、と思っているからです。

もし、興味のおもむくままに色んな物事に手を出し、
興味あることを使い捨て感覚でチャレンジしてはのりかえて
そのどれもが中途半端に終わってしまったら、
どれほど後悔するでしょう。

この仕事からだけは、離れない、そう決めて前へ、
またすこし、進んでいこう、と思っているこのごろです。

f0076833_1542222.jpg


お知らせはいろいろあり、

7月1日に、全国タリーズコーヒーさん店舗で、絵本「神様のないた日」が、再販していただけることになりました、ぜひ、タリーズコーヒーさんにおたちよりの際は、絵本を読んでみてくださいね。

f0076833_242288.jpg


「ケモノたちの夏休み」 河合塾千種校 ギャラリーNAFで開催決定!

             7/21(sat)~8/5(sun) 10:00~18:00

             木彫りワークショップも同時開催!

会期中は無休です!ご家族で、お友達と、はたまた一人でカメラ片手に、さわったり、思い出のスナップを撮ったり、絵を描いたり、

自由に体験していただける彫刻の展示会が開催します。

場所は愛知県名古屋市、JR千種駅前の河合塾美術研究所付属の、NAFギャラリーです。

展示会&ワークショップもあります、おとな講座は定員になってしまいましたが、子ども講座はまだ申し込めますし、同伴参加もオーケーなので、ぜひ参加してみてくださいね!


7月16日には、PoPoyansさんツアーファイナル、「PoPoyanzoo」に、彫刻の移動動物園を開催します!かわいい音楽も聴けて、彫刻にもさわれる、楽しい企画です。


またくわしくはつぎの機会に書きますね!
by m_kirin30 | 2012-07-02 02:11 | 日常 | Trackback | Comments(5)