<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

考察

f0076833_11163458.jpg


気持ちよく描くことと、見る人が気持ちいい絵を描くことは少し違う、
心地よく生きることと、周りの人に心地よく生きてもらうようにすることが、少し違うように。

そのどちらかに偏ると、反動が起こり、ひずみが生まれてきます。
作ったものが心地よく残っていくためには、どちらも犠牲にしてはならない。

目の前のものに素直になって、純粋な目で、モチーフを観察することはとても大事ですが、
実は絵を描くときにそれを100パーセント素直に描くかというと、少し違います。
紙が心地いいように、筆が心地よく走るように、そして見る人が心地よく感じるように、
素材のことや、いずれ向き合う人たちのことを考え、瞬時に細心の注意をはらっていきます。

それは、意識的にそうしているのではなく、反復の訓練によって身に付いた、無意識の技術。
自分だけがきもちのいいものを作っても、他者が心地よく感じてもらえるはずもなく、
素材も、その素材をうまく扱ってくれない人間のことは、平気で裏切ります。

ものをつくる、他者にみてもらう、自分でみなおす、
これを無限に繰り返すことで、自分と世界とのひずみが、すこしづつ修正されていき、
自分の好きな物で、人も好きになってもらえるものづくりができるように、なってくる気がします。

f0076833_11163069.jpg


それは、どんなものでもそうなのでしょう。
話しかける、答えてもらう、また話す。
描く 見てもらう また描く。
一回目より二回目には、
同じ失敗はしないように、
新しい挑戦ができるように、
よりよい関係が築けるように、
その向上心を一生持ち続けることは、とても実は難しいことのような気がしています。
どこかとちゅうで、このくらいでいいや、と思ってしまう自分と戦いながら、
日々常に向上心を持って、もの作りを続けていきたいです。

そんなあたりまえのことを、一生守り続けることの難しさ、
年を重ねるごとに、感じています。
日々、いいものを作れるように。
f0076833_11162320.jpg


10、11、12月とイベント、展示会、続きます。

10月19、20日 東京 もみじ市

多摩川の河川敷に動物たちの彫刻が並びます!販売も少し行います。
ワークショップもあります! 詳細はコチラ


もみじ市さんが撮ってくれたビデオレター(のようなもの笑)

11月23、24日 大阪 ボダイジュエキスポ

ボテルの一室一室が個展会場!たくさんのアーティストさんが一度に見られる機会です。
小さな彫刻の販売も行います^^2014年度のオーダーメイドの受付もいたします。

12月21、22日 東京 ギャラリーkissaさんでワークショップ&小品展示会&ライブ
f0076833_1616100.jpg



11、12月ミュシカ分室 木彫りデッサン教室


できるだけたくさんの地域で展示会やワークショップを行っていけたらいいなと思っています。
お近くの方はぜひ遊びにきてくださいね^^
by m_kirin30 | 2013-10-15 16:10 | 日常 | Trackback | Comments(0)