<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デッサン10か条

f0076833_142024.jpg

f0076833_14195127.jpg




デッサン10ヶ条


1まるごとを見よ
  モチーフを取り囲む空間のすべてを見ろ。
  どこか一部にとらわれるのでなく、
  また、見ないようにするのでもなく、
  極小の細部から、まるごとの空気まで、
  全てを一度に見よ。

2、描き方を忘れよ
 モチーフを目の前にしたら、
 自分が描いてきた歴史を忘れよ。
 未知のものを描く緊張感でモチーフを見よ。
 鮮度は、全ての技術の上を行く。


3、力を込めよ
 描く道具は手と一体に
 手は自然と天地と一体に
 力を込めれば、力は道具に伝わり、
 紙に伝わり、見る側に伝わる。
 感動を絵に込めよ。

4、絶えず前進せよ
 描けないものはない
 作れない形はない。
 描かないだけだ。
 作らないだけだ。
 進め。前進にはスピードを出せ。

5、重みを描け
 重みに次元が存在する。
 生物の水の重みを
 空気の軽さを描け
 モチーフの、重みを描け。
 地球の重力を感じろ。

6、何度でも失敗せよ
 自分の失敗など、思い込みにすぎない。
 描写に全く影響しない。
 自然は失敗を何度も包み込む。
 そこから持ち直せ。

7、全てを描ききれ
 描けない部分があるとき、
 問題は他にある。
 大事だと思わない部分にこそ、
 リアリティが潜む。
 すべてが必要なバランスだ。


8、自我をなくせ
 くせをなくせ。
 くせというのは、
 物事がよく見えていないとき、
 出てくる自我である。
 客観的に自分の絵を見ろ。
 モチーフに感覚を預けよ。
 第一印象を思い出せ。


9、リアルを探せ
 うまく行ったと思うな。
 満足したとき、
 絵に力は失われ、
 探究心はなくなる。
 リアルは、探さねば見つからない。


10、正しく見よ、眼を信じろ
 モチーフが美しく見えるのは、
 自然の構造と、
 あなたの眼が、
 正しく働いているからだ。
 見えるがままに、正しく描け。
 自らの持つ、眼の力を信じよ。


5年前に、デッサンにおける自分にとって大切なことをまとめたのが、このデッサン10か条です。
デッサンは、上手く描くためのものではないことを、血に染み込ませて覚えていく、
そういったことを体感しつつ、いまなおデッサンを楽しんで続けています。

美術をさいしょに教えてもらった先生が、象鯨美術学院の西村浩幸先生ですが、
私はそのさいしょ、に、とても恵まれました。
さいしょの学びの時間が、たのしくきびしく正しくないと、10年も20年も楽しんで続けられる力は、身に付かなかったでしょう。

私はおしえてもらったことを、たくさんのこれからの世代の美術家に伝えていきたい、美術とは関わりを持たない人にも、美術を鑑賞するたのしさを伝えていきたい、そう強く思っています。

デッサンを観る、描く、愛する、すべての方々へ、
歴史の美しいデッサンたちの、仲間入りができるようなものを作れるように。

2月の展示会では、デッサンも70〜80点展示します。
ぜひ観に来てくださいね〜^^


はしもとみお展 「動物たちからの手紙」
一宮市三岸節子記念美術館
2014年2月1日(土)〜2月23日(日)

 
[PR]
by m_kirin30 | 2013-12-19 14:18 | ことば | Trackback | Comments(3)

「動物たちからの手紙」



f0076833_12361090.jpg
昔々から、世界にはおびただしい数の命が生まれ、過ごし、
そうしてだれもが、この世界を去って行きました。
生き物の、命の数だけ物語がある。生き物は、世界にたった一枚の、手紙のようなものです。
私は彼らの肖像を彫刻にするとき、いつもその命がけの手紙を受け取っているような感覚になります。
言葉をもたない彼らの、言葉より伝わる想いや感情、
温度、手触り、おもさ、空気感、
彼らと向き合いながら、彼らからもらったものすべてを、なによりもリアルに伝えられたなら、
それが私から、彼らを知っていた、知らなかった人々へ送る、
いきものたちから受け取った、たった一枚の手紙です。

そんな思いでありのままの姿をそのまま作る、シンプルなデッサンを15年続けてきました。
後にも先にも、この仕事以外の事ができるとも思わないし、
3次元のデッサン、リアリティのスペシャリストにさえなれれば、
私の一生はそれだけで十分だと思っています。
レンブラント、デューラー、ダビンチといった敬愛する方々の繫いでくれた技と感性を、
現代にうけつぎ、そして深めて行けたらいいなと、心から願っています。
そして願わくばそのモデルになった動物たちの嬉々として生きていた姿の彫刻に触れて、
同じ世界に生きていたひとつの命と出会っていただければうれしいなと思っています。
そんな私の彫刻人生の、最初の15年の仕事の集大成の展示を、
一宮市三岸節子記念美術館で、開催していただける事になりました。
f0076833_22362520.jpg
f0076833_00001953.jpg

学生時代の頃の彫刻から、近年まで大小おそらく百数十点の彫刻とドローイングを、飾らせていただきます。
今年はほぼこの展示会の準備をつづけてきたので、オーダーメイドの仕事をあまり進められませんでしたが、
かつて出会ってきたたくさんのなかまたちの肖像を、たくさんのかたに見ていただけたらいいなと思っています。
f0076833_12365038.jpg

はしもとみお(1980-)は、東京造形大学、愛知県立芸術大学大学院にて学び、一貫して「生」をテーマにリアルな動物肖像彫刻を作り続けている彫刻家です。

それらの動物は作家自身が出会った、生きている(生きていた)ものたちであり、ひとつの生命が存在する証をこの世に残すために彼女は彫刻をしています。

「めのまえのすべてが、うつくしいもの」というはしもとは、出会った動物を卓越した描写力で、まるで動物図鑑のように正確な情報を描きとり、

そのスケッチをもとにたくさんの言葉や、音や、手触り、温度、そして目だけでは感じられないあらゆることをつめこんで木に向かう、「いのち」と向き合う彫刻を生み出しています。

「言葉の通じない動物からのメッセージを受け取り、人間たちに伝えるために彫刻をしている」と彼女は語ります。

まるで彼らからの手紙を受け取るように、一つの出会いが私たちに訪れることでしょう。

 

●講演会&アーティストトーク

「動物を語ろう 作家の目・動物園長の目」

日時:2月2日(日)午後2時~3時半(午後1時半開場)

講師:橋川 央氏(東山動物園園長)、はしもとみお氏

 

●ワークショップ

「バレンタインの木彫りチョコレートを彫ろう」

女子限定!木彫りで本物そっくりなチョコレートを作って気になるあの人へ。

日時:2月8日(土)午後1時~4時

対象:小学5年生~一般の女性

参加費:2000円(材料費)

定員:20名

 

「動かない動物のスケッチ大会」

はしもとみおさんと展覧会を鑑賞後、展示室で彫刻の動物をスケッチします。

日時:2月16日(日)午後2時~4時

対象:小学生~一般

参加費:500円(材料費)

定員:20名

 

「木でゆれる木馬を彫ろう」

今年の干支にちなんで、ゆらゆら揺れる木馬を彫ります。

日時:2月22日(土)午後1時~4時

対象:小学5年生~一般

参加費:2000円

定員:20名

 

ワークショップ申込方法:往復はがき又はFAXに氏名、年齢、郵便番号、住所、電話・FAX番号(返信先のないものは不可)、

希望のワークショップ名を記入の上、〒494-0007 愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1 FAX0586-63-2893 一宮市三岸節子記念美術館「はしもとみお展ワークショップ」係まで。

各ワークショップ開催日の10日前必着。申込多数の場合は抽選とし、結果をお知らせします。

 

 

●鑑賞ツアー

作家アートツアーinナイトZOO

夜の美術館で彫刻の動物たちと出会おう。はしもとみおさんが飼育員に扮して展覧会をご案内します。

日時:2月8日(土)午後6時~8時

電話にて要申込、要観覧券

 

 

●ミュージアムコンサート

「はしもとみお展コンサート PoPoyanzoo zoo ZOO」

日時:2月11日(火・祝)午後2時~(午後1時半開場)

歌・演奏:PoPoyans

一般1000円、高大生500円、小中生250円、未就学児無料

1月10日(金)午前10時より美術館にて販売開始

 

 

 

 

<交通案内>

公共交通機関をご利用の場合

名古屋駅より電車とバスで約40分

JR東海道本線にて「尾張一宮駅」下車、または名鉄名古屋本線にて「名鉄一宮駅」下車(JR新快速、名鉄特急で10~15分)、一宮駅西口の名鉄バスターミナル?番のりばから「起(おこし)」行きで約15分、「起工高・三岸美術館前」バス停下車、徒歩1分。

 

お車をご利用の場合

大阪方面/名神高速道路:岐阜羽島I.Cより約15分

東京方面/名神高速道路経由:東海北陸自動車道一宮I.Cより約10分

関・郡上方面/東海北陸自動車道:尾西I.Cより約10分

※駐車場には限りがございます。公共交通機関をご利用ください。

 

 

一宮市三岸節子記念美術館

〒494−0007 愛知県一宮市小信中島字郷南3147−1

TEL 0586−63−2892

FAX 0586−63−2893

http://s-migishi.com
















[PR]
by m_kirin30 | 2013-12-12 23:57 | 日常 | Trackback | Comments(0)