<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

まるごと




ものをつくることは、いつのときでも自分を助けてくれました。
どのような時でも手には道具を持ち、なにかを作っていることで暮らしてきました。
ものづくりをすればするほど、自分の弱さと、甘さに気付かされます。
つくり手も人間なので、完璧や正確にはいかない、
だからこそ、自然の完成された美しさに、ひどく感動するのでしょう。

わたしは苦しい時や弱っている時、いつも動物たちや自然の美しさに助けられます。
どんなにつらくても空が美しくみえたり、生き物がかわいくみえたりすると、
自分のこころがまだ、大丈夫だ、と思うことができます。
誰かが作った優しい音楽をきいて、涙が出るように、
美術も、だれかにとってそういうものでなければならないと、深く感じます。
芸術は、ほんとうは、優雅で満たされている者たちの友ではなく、くるしいものたちの、弱いものたちの友達で、ほんとうの昔から人は、芸術にこころを求めて、つくったり大切にしてきたんだと、そう思います。

私は彫刻に、現実の幸せだけでなく、哀しみをいつもちゃんと作りたいと思っています。
生あるものの中にすでにある死を、ちゃんと作りたいと思っています。
哀しいもののなかにある、ちいさな幸せや美しさが、
ほんとうに美術を必要としている人たちの、味方になってくれるような気がするからです。
まるごとを、ちゃんとつくれる作家に、なりたいと思っています。

いつのときでも、そのことを忘れないように、
誰かにとって友達になれるような、そんな彫刻を作っていけたらなと思っています。




12月に、福岡県相島というところに猫の取材に行ってきました。
猫の島、とてもすてきな日本の風景に出会えて、今年は猫の彫刻がどうやら増えそうな予感です。

2015年度の展覧会はすでにいくつか決まっていて、

1月24日 NHK文化センター青山教室  木彫り教室



2月8日 NHK文化センター梅田教室 木彫り教室

はしもとみおと作る動物の木彫りワークショップ
ワークショップ 2/28、3/1
2/21~3/1 はしもとみおの作品のsmall展示  会場 巣巣 東京

3月20〜23日 いなべ市フェア 東京 参加

5月16日〜6月20日  はしもとみお個展「旅する彫刻」   東京 gallery kissa 

8月後半 〜9月前半 大阪 けんちくの種  2人展

雑誌掲載予定 
シーバ  天然”猫”生活 MOEなどなど


2015年も、引き続きオーダーいただいている彫刻の製作と、なるべく多くの土地で展覧会を開きたいと思いますので、お近くの際遊びにいらしてくれたらと思います、今年もよろしくお願いいたします。








 
[PR]
by m_kirin30 | 2015-01-03 11:19 | 日常 | Trackback | Comments(13)