<< アカデミアナッツ 彫刻 >>

デッサン

f0076833_20323540.jpg

最近よくデッサンをします。
新たなモデル、リンゴちゃんを彫刻するためのデッサンですが、改めて、一枚のデッサンの観察の価値に気がつきます。
1000枚の写真より、一枚のデッサンが、彫刻するときに助けてくれます。
デッサンは、自分が探った形の足跡のようなものなので、触るような感覚がよみがえってきます。眼で触れるという感覚でしょうか。
f0076833_20322179.jpg

デッサンをするとき、出だしは、クロッキー脳を使います。
クロッキー脳とは、全体を視野に入れて、天と地と空間とを丸ごととらえるような感覚ですが、恐ろしい程緊張します。
普段はめちゃめちゃ寒がりな私ですが、なぜかデッサンや制作をしているときは、寒さを全く感じず、おなかもすかず、自分の体が勝手に動くような感覚になります。
集中が切れたとき、手が氷のように冷たくなっている事がよくあります。
f0076833_22112552.jpg

この前愛知県美術館に「アンドリューワイエス展」を見に行きました。
展示は、ほとんど見に行かない出不精な私ですが、ワイエスは8年前に岐阜県美で見て以来デッサンで尊敬する存在の一人です。
そのデッサンの緊張感に、刺されたような感覚になりました。
ワイエスも、真冬の風景を、凍てつく寒さの中、描きたいものを描いていたんだな、と思いました。
いい展示を見ることができました。

デッサンは、緊張感です。
きっとそれは、自然界がすごい緊張感の中で、すごいバランスで、できているので、デッサンも自然を描くと、その絶対的なバランスがぎりぎりのところで緊張するからだと思います。

f0076833_2212521.jpg


自然は、びっくりする程美しいです。
特別なモデルだからというのでなく、きっと、皆さんの飼ってる犬やネコ達、野良猫、小鳥、子供達、おじいさんおばあさん、風景、空、木、全てが、びっくりする程絵になります。
デッサンは、そんなびっくりを体験できる私のとても楽しい時間です。
f0076833_20335496.jpg

リンゴちゃんは以前彫らせてもらったカブ君家のおねえさんで、とっても優しい女の子です。
二人そろって彫刻になって並べて、家族の風景がつくれるといいなと思っています。
リンゴちゃんの彫刻完成予定は三月で、アトリエのオープンにはお店にいると思いますので、楽しみにしててくださいね!
[PR]
by m_kirin30 | 2009-01-21 18:46 | 日常
<< アカデミアナッツ 彫刻 >>