<< 制作日和 民芸生活 >>

民芸その2

f0076833_23225217.jpg

「有名は無名に勝てない」
と言ったのは、柳宗悦さんですが、この言葉の意味を美術をやればやる程思い知らされることになります。名が先に立つと作品は正しい評価を受ける事も難しくなってきます。
何が正しいのかさえ分からないところに立たされたりもします。

かといって無名で彫刻を続けるのは至難の業で、おおよそ現代では生活が成り立たずに彫刻自体を手放すことになりかねません。
だけど本当にそうなのか、最近は無名でも続けていけるんだと感じています。

すべてが美術をとりまく既成概念だったのかもしれません。

スポーツは、勝ちたい、というのは当たり前の事です。
料理であれば、おいしいものが作りたい、だとしたら
美術は、有名になりたい、というのは間違っています。
美術は、美しいものが作りたい、というところへ向かうのが自然です。

なぜか音楽や美術は、有名であればある程すばらしい、というような風が吹いていますが、いいものが作りたい、という事であれば、どんな生活の中からでも生まれる可能性はあります。
ものの真実の美をみつけ、名にかかわらずいいものを評価した日本の民芸運動に、とても共感するこのごろです。

f0076833_2342813.jpg

f0076833_23442967.jpg

正しい仕事をして、求められている仕事をこなし、今できる最高の仕事をし、技術を日々向上させる、もはや職人に近い仕事ですが、かつて造形大学で教えてくれた先生も、
彫刻とは、職人仕事だ。と言ってくれました。
アートや芸術は、天性の感や天才的なものから来ると思われがちですが、本当にすごいものは、限りない汗と努力の結晶だったりします。
f0076833_23551882.jpg

日本人の職人魂はきっと日本人に与えられた才能なのかも知れません。
「ひとつの才能を磨けば、いずれは多くの才能が与えられる」
これも職人のことばですが、日々の努力と汗がいいもの作りにつながるんだなという事を、改めて最近感じるようになりました。

無名の小さな彫刻ですが、リアルで深く彫り込んでいく仕事を続けていけたらいいなと思っています。

f0076833_041086.jpg

来年あたりにまたアズキムシ(大学の頃やっていた自然派彫刻の仲間です)のみんなに声をかけて、古民家や古い小学校なんかを借りて自然彫刻展をやりたいな〜と思ってます。
新作も続々がんばっていきたいと思っています。
[PR]
by m_kirin30 | 2009-08-24 00:11 | 日常
<< 制作日和 民芸生活 >>