<< 美術のちから 原点 >>

原点その2

f0076833_23454782.jpg

東京出張で象鯨美術学院で壁画を描いた後、長期取り組んでいた小児科のカウンターに置く動物彫刻の仕上げを、神奈川県の本多絵美子ちゃんのアトリエで行ってきました。
本多さんにはこの中の2体、作ってもらいました。
分かるひとはすごい!
この仕事をきっかけに、東京造形大学時代に作った、自然彫刻の集まった展示
「小豆蟲(アズキムシ)」の活動を再開することになりました。
アズキムシは、 「アズキのように、小さな蟲の、底力」が発足のもととなり、大学3年生のときに本多さんと立ち上げたプロジェクトです。
難解で複雑な美術が流行のこのごろ、二人とも、そんな美術に疑問を感じていました。
日本の町中に、裸婦は必要なのかどうか。
人間ばかりをモチーフにする美術はどうなのか。
自分の苦しい、や、つらい、を伝える美術はどうなのだろうか。
二人でいろんな事を話し合い、美術は、自然の美しさをひとに伝えて行くためにあるもの、という答えに行き着き、自然から学んでいるという感謝を込めて、なるべく天然の素材を使い、もういちど太古に帰ろう、という所にいきました。
f0076833_035272.jpg

つくるなら、たのしいものをつくりたい。
この思いに当時の造形大学ではうれしいことにたくさんの友達が共感してくれました。
そうして大学生活後半は、このアズキムシの活動に二人で取り組み、約20人前後の仲間達が毎年、この展示会に協力してくれました。

この展示が、来年度、復活することになりました。
メンバーからも続々参加の声をいただいて、とてもうれしく思っています!

ああ、わかる!という彫刻を、この活動で広めて行きたいと思っています。
美術を全く知らないひとが立ち止まって見てくれる。そして感動してくれる。
それが表現者として究極に嬉しいところです。

二人で会議をした後、お兄ちゃんのやっているジャズのライブに行ってきました。
f0076833_0142830.jpg

そしたらなんと、お兄ちゃんがさっき私たちの話していた会議の内容と同じことを言っていました。
「全くジャズを知らないひとが、単純に感動してくれる、それが最高や」
このバンドのリーダーの太田朱美ちゃんは私と同い年、朱美ちゃんの世界感も、ジャズを全く知らない私たちが、笑って、楽しくて、感動して、幸せな気分になるような音楽でした。

音楽の世界でも、同じようなところで表現している人たちがいて、本多さんも私もとても幸せな気分になりました。

そこで、アズキムシの世界とジャズのライブをコラボさせた企画も思いつき、小学校の廃校なんかを借りてライブ&展示をできたらなと思っています。

プロになって、また学生時代の友人達と集まれること、新たな出会いと楽しみな企画ができること、新しい事をやるのはいつも困難ばかりですが、この困難もチャンスだといつもありがたく思っています。
「私はキリストもお釈迦様も信じていないが、自分の失敗だけは信じている。
 失敗こそが、自分を導いてくれる。」
チャレンジして失敗して勉強して一回り大きくなってゆく、そんな手探りの活動ですが来年は少しずつ始めたいと思っています。
f0076833_029782.jpg

本業の方も、来年は個展が二つありますので応援よろしくお願いします!
[PR]
by m_kirin30 | 2009-09-24 00:29 | 日常
<< 美術のちから 原点 >>