人気ブログランキング |
<< 見て、描く すすむ >>

10年前

f0076833_2333263.jpg

去年に引き続き、河合塾の彫刻科のみんなの動物塑造に呼んでもらって行ってきました。

浪人時代はそれはそれはつらいものでしたが、それでも私は予備校が大好きでした。
ちょうど10年前、みんなと同じく朝から晩まで美術に明け暮れる日々でした。
大好きな美術の勉強を一日中できるというだけで、楽しくてしょうがなかったのを覚えています。

毎日すこしづつよくなって行く自分を実感でき、見た事も無いリアリティに出会い、見るものすべてが美しく見えて行く気がしました。
粘土をさわっていると、この粘土のなかに、過去の先輩の汗と涙と努力が練られているんだな、といつも、土に励まされていました。
粘土室を一人掃除しているだけで、粘土の神様が自分におりてくる、と本気で信じていました。

努力のまっただ中にいるみんなに会うのは、私にとっては何より嬉しい時間です。
おそらくどんな美術館よりも、すごいものが生まれる可能性のある場所です。
その事に気づいたのは、だいぶんと後になってからでした。

f0076833_23545440.jpg

さくらちゃんのつくったアリクイさん

f0076833_23554479.jpg

ゆみちゃんのつくった絵本の中のような動物の風景

今時の作品を見に行くよりよっぽど、みんなの作品はすごい、と私は思います。
純粋に、真剣に、謙虚に、つくっているからです。
彫刻家、高村光太郎もかつて自分のもとへ首像を見せに来た学生に言いました。

「学生時代の作品ってのは、たいていどれも傑作だよ、
 君の作品は社会に出てから一度は悪くなるだろう。
 あれこれ考えて、道を見失うこともあるだろう。
 この今の制作の気持ちを、忘れないようにしなさい。」

私は、間違えずに進めているんだろうか、と改めて自分に聞いてみました。
もっともっと、真剣に素直に謙虚に、ひとつの仕事をするべきではないか、
いつも初心でいられているかどうか、
広い視野で見れているだろうか、
みんなからたくさんの事を教えてもらって、私の方が勉強になって帰ってきました。

f0076833_0144311.jpg

一枚の絵を描く時、最初は勇気がいります。
でも自分の目を信じていれば、道を間違う事はありません。
美しいモチーフが見えているなら、目は正しく働いています。
描けないのは、思うように動いてくれない手のせいです。
指令を出している脳のせいでもあります。
自分の目を信じて、素直に、真剣に、謙虚に、手を動かして行く。
間違いだと思ったら今すぐ大きく解決する。
一枚の大きな大きな絵を描くように、一生を過ごして行けたらなと思いました。
f0076833_025544.jpg

サルから進化して来た手、宝物の手。この手でつくって行くものが、いいものでありますようにと、願いを込めてデッサンをしました。
f0076833_033420.jpg

ジプシーさんの彫刻も、少しばかり、進みました。
by m_kirin30 | 2009-10-30 00:33 | すてきなところ
<< 見て、描く すすむ >>