人気ブログランキング |
<< ひとにやさしく 五感? >>

進化論。

毎週一回はリンゴちゃんを彫りに尾張旭市に通っています。
f0076833_7413416.jpg

このお家には以前彫らせてもらったカブ君、そして新しく家族になったバルタン、そしてリンゴちゃん、亀のまるちゃん、ヤドカリ君たち、鳥のピーやん、などたくさんの仲間がいます。
人より生き物たちの方が多いこのお家に行くのが、楽しみでなりません。
f0076833_744175.jpg


彫刻でどこまで進めるのかな、といつも考えています。
動物を好きだから彫っている、と思われがちですが、実際は少し違った感覚です。
生き物たちには、感動し、尊敬している、という感じの方が強いです。

目の前にあるものに感動する、その秘密を知りたい。
美とは何か、喜びとは何か、彫刻とはどういうためにあるのか。
美に法則性はあるのか、ないのか。感動と共感を作れるものとは何か。
その謎を解いて行く研究のように思っています。

ただ、動物が好き、という事なら、きっと続けて来れなかったと思います。

もともと理系だったこともあり、進化論に取り付かれ、動物の姿が理にかなって進化してきたことを知りました。命がけの進化が、美を生むのか、神が宿るのか。

「動物を捕まえるしか、能がない人間。」こう呼ばれていたのは、チャールズ ダーウィン。

「〜しか能がない。」これは、大きなチャンスの言葉なんだと思います。
 神様が、チャンスの言葉を皮肉って伝えている。そんなようなものです。
 私は、「動物を描くしか、能がない人間。」でした。
大学で人物の塑造をやっても最後までへたっぴで、学科も理科以外はまるでだめ、先生もあきれるほど、偏った人間でした。

欠点を克服する事!と考え、人物塑造は熱心に取り組みましたが、それでもまるでだめでした。
でも、間違っていたのかもしれません。
そもそも、私は裸婦に感動していたのか。
感動ができないなら、作れる訳がありません。
ニセモノの感動なんて土は一瞬でみやぶってしまいます。
いいものを作れる訳がありませんでした。

f0076833_100124.jpg

美術における進化論とは、自分だけの「〜しか能がない」部分を見つけ、それを誰よりも、おそらく世界中でいちばんに、過去の人類史上でも類を見ないほどできるようになる、これが一番なんだと思います。

どんなものでも、世界にも過去にもたったひとつであればそれは生き残る。
進化の仕組みです。
そのための努力は、けっこう楽しいものだったりします。

先日、ともだちがこう聞いてくれました。
「描きたくならないときってないの?」
「絵を描いていた昔はそういうこともあったけど、いまはならんよ〜。これは私の中の研究に近い時間やから、医者が研究書を開くように、弁護士が六法全書を開くように、私は目の前の動物の神秘を探る。だから描きたくならない事はないな〜。」
「へ〜え」
ネコを描いてる間中、ご飯を作ってくれた友だち、こんな私につきあってくれてありがとう。

目の前に無限の難問と答えがある。こんなに楽しい時間はありません。
これからもデッサンと彫刻で、どこまでも進化を続けて行けたらいいなと思っています。

f0076833_10122876.jpg

木のいろのままの方がよかったかもしれませんが、リンゴちゃんは黒い犬。
真っ黒にしました。
これも進化の過程なのかもしれません。
リアルを突き詰めたい。
嘘偽り無くしたい。
それでいて型取りではなく存在を残したい、
動物を彫るしか能がないので、これからもこれで進化して行けたら、自分の居場所が作れるかな、と、庭に何故かいたフンコロガシをみていて、思いました。
彼も、懸命に生きる場所を探したなかのひと種族。
こんなものに私は涙が出るほど毎日感動しています。
f0076833_10203621.jpg

by m_kirin30 | 2010-06-26 10:20 | 日常
<< ひとにやさしく 五感? >>