人気ブログランキング |
<< めのまえに 砂漠の真ん中で >>

こころでかんじる

f0076833_17492015.jpg

星の王子様もキツネも砂漠で未だ見つかっていませんが、
目の前の動物たちに、いま本当にたくさんのことを教えてもらっています。

キツネがいう、「かんじんなことは、目に見えない」
あの言葉の本当の意味を、今回の経験でようやく気づけたのかもしれません。

この一週間はガゼルたちの観察にほとんどを費やしました。
ガゼルは砂漠にも野生でたくさんいる、目の前のこのこも、目だけで見たら、ふつうのガゼルの赤ちゃんにしか見ることができません。
だけどこのスケッチしたこの子は、アマール。
すこし小さく生まれ、お母さんや家族に囲まれてすくすくここで育った、
世界でたったひとりのたいせつなこの子。
他のどんなにそっくりな姿形をしているガゼルも、この子の代わりは決してできない。

人に愛されて、守られて、大切に育ったアマール。
わたしがつくりたいのは、アマールそのものなんです。
見た目だけそっくりでも、いい彫刻にはならない。
目に見えないこの子の歴史やきおく、性格やこころ、感情やにおいや、手触りや温度。
まるごとリアルに彫り込んで、スクッと立ったときはじめて、
彫刻が生き物に変わる瞬間がくるのだと思います。

それはわたしの力量ではなく、ただ、自分は目の前の美しいこの子のぜんぶを、
すくってこぼさない器になるだけです。
わたしは目の前からもらった美のすべてを、そのまま木に伝えるだけ。
だからいまはとにかく五感ですべての感動を記憶しておく、それだけです。
f0076833_1750166.jpg


世界をもっとよくみないといけないなと思います。
みる、というのは、目を使ってみるだけじゃだめなんです。
手で触ったり、においを感じたり、音を聞いたり、かくされた物語を探したり、
みて、こころとからだが働いてないと、みたことになりません。

めのまえが美しく見えるのは、
自然の構造と、自分の目と、自分のこころが、
正しく働いているからだと思います。
どれかがひとつでも病んでいると、世界は美しさを失ってしまいます。
まいにち、自分に問いただします。
「今日は、せかいは、きれいにみえる?」
私の仕事の前のひとつの確認です。
f0076833_17482521.jpg

答えはいつもかんたんです。

空を見上げればいい。
木々にさわったり、動物たちに挨拶したり、
世界のどんなところにいても、小さな自然のきれいさは、
フルーツや野菜のひとつにだって、きっとあります。
世界をきれいに感じることができたなら、
きっとその日のこころもきれいにすきとおって、じゆうでやわらかくいられるでしょう。
美術を仕事にする人間にとって、いちばんたいせつな「かんじるこころ」
それを、持ち続けることができたらどれだけでも進めるんだと思います。
f0076833_17485127.jpg

貴重な体験の中で、そんなことをたくさん気づかせてもらって、
滞在させて頂いているここの奥様とご主人様に、感謝してもしきれないありがとうの思いでいっぱいです。生きていて、こんなに充実した毎日が送れるなんて。
滞在期間もあとすこしになってきましたが、最後の日までしっかりと観察を続けようと思います。
f0076833_17505139.jpg

by m_kirin30 | 2010-11-25 02:17 | すてきなところ
<< めのまえに 砂漠の真ん中で >>