人気ブログランキング |
<< 思い出でいっぱいになったら ありがとう >>

つなぐ

農家民宿 源さんにテングザル君の彫刻を届けにいってきました。

そして天気に恵まれた二日目は、彫刻シバちゃんの撮影をさせていただきました。
オーナーさんが撮ってくれた写真はどれもほんとにすてきで、宝物の写真がまたたくさんできました。
f0076833_98074.jpg

雨のあとだっだせいか、くもがもくもく、うみはあおく、
彫刻シバちゃんはふるさとに帰ってきたせいか、とても嬉しそうでした。
f0076833_993450.jpg

おなじ顔、おなじ笑い方、彫刻で撮影、シバちゃんで撮影。
なんだかたのしくて不思議な時間が過ぎていきます。
f0076833_995120.jpg

きれいだな〜と海をながめていると、、、
f0076833_910764.jpg

一瞬のうちに波にさらわれるシバちゃん!
このあと彫刻シバちゃんはびしょぬれになってしまいました!
f0076833_985782.jpg

海のほうをながめながら、たそがれるシバちゃん。

だけどほんとうの目的は、夜に待っています。
満月と海とシバちゃん。
さむさむ対策をしっかりして、満月の国府の浜へ!

そこには、30年間生きてきて見たことのない、うつくしい月と、海と、夜空と、時がありました。
どれくらいそこにいたのか分かりませんが、
ほんとうに美しいものや景色をみていると、ぜんぶの感覚がそっちにいくからか、
寒さもわすれ、時も忘れ、
しばらくすると自分も忘れて、
ただ、生きている今に、感動してふるえているいきもの。
そんなものになれる気がしました。
f0076833_9102429.jpg


この感覚を忘れないでいよう。
こころが目の前にある全部のものとつながって、
すべてにやさしくなれるひととき。
海と空と月とつながって、
うつくしい景色の一部に自分もとけあえたら、
もっとこのせかいと仲良く生きていける。
そんな風に思いました。
f0076833_911396.jpg

月が夜空高くあがり、
夜はこうして過ぎていきました。
また見に行きたいな。
とってもきれいでしずかな、さむいよるの話です。

「そらとうみの間に、何がある?」
このお宿のパンフレットに書いてありました。
ほんの少しだけ、そのこたえ、
分かったような気がした、夜でした。
by m_kirin30 | 2010-12-24 12:00 | すてきなところ
<< 思い出でいっぱいになったら ありがとう >>