人気ブログランキング |
<< バトン earthquakes >>

スーパーフルムーン

f0076833_22525492.jpg

昨年10月に行ってきたUAE、たくさんのスケッチとともに帰ってきて、ようやく、本格的にアラブの動物たちをつくりはじめています。
たくさんのスケッチも大切ですが、写真より、スケッチより、記憶。
脳というちいさなハードディスクには無限大の情報がつめこめる。
情報だけではなく、希望も、欲も、なんとでもつめこめる四次元ポケットを、みんなひとつづつもっていると思うと、すごいです。

超高性能ロボット、にんげん。
無限のハードディスク、
からだの自動再生機能、
心臓の超持続バッテリー
こころの感情機能
何兆円の開発費を使っても決して作れない、いのちのロボ。
そんなすごい命をもらったなら、最大限にこの力を使わないと!
と、むかしドラえもんを読んでいて思ったことがあります。
f0076833_2138517.jpg


自分の実体験の記憶ほど、強く鋭いものはありません。
その刃物のような鮮やかな記憶は、木を美しく切り、彫り、削り、
リアルな彫刻をいとも簡単に彫りだしてくれます。

たいせつなのは、たしかな記憶。
こころの感動、うつくしいものを気づいた喜びや、しあわせ。
寒かったり、痛かったり、苦しい中での発見。

そんな感情の動きが、記憶をより強くクリアなものにしてくれて、
彫刻をする時に、いちばん大切な要因となるのです。
なので私は記憶を絶対的に信じています。
f0076833_21385720.jpg

彫り上げるのは、記憶が確かなら、そう困難なものではありません。
美を発掘する記憶作りのほうがいちばん難しいので、
すーっと、あとは自然と、木の中にある形が現れてきます。
f0076833_21395100.jpg

どんどん、どんどん。
自分でもよくわからない集中力があらわれて、
どんどん動物たちが現れてきます。
f0076833_22543028.jpg



気がついて、
ふっと一息、
アトリエを見渡すと、
あたり一面の動物たち!

こんにちは。
はじめまして。
この、くりかえしです。
f0076833_21391093.jpg

こわれても、こわれても、つくってきた。
人間は、つよくかしこく、地球と共存してきた。
困難なときほど、つくりたい、という思いがあふれてとまりません。
今にしかできないものが、きっとある。

たのしい記憶も、苦しくて辛い記憶も、
どちらも大事なエネルギー源。
どんな感情でも、いいものを作る方向へ向けていくこと。
いまは、つくりてにとって、それが試されているような気がしてなりません。
f0076833_2392880.jpg



3月19日から20日、
月が地球に大接近。
スーパーフルムーンというそうです。
スーパーなパワーをもらって、がんばろうとおもいます!
by m_kirin30 | 2011-03-18 22:42 | 日常
<< バトン earthquakes >>