<< 月君完成 モモちゃん四国へ >>

月君と二週間

月君の彫刻を仕上げるため、二週間実家の兵庫に帰って制作をしました。

f0076833_14341842.jpg


あと、色を仕上げたら完成です。

月くんの彫刻は、これで二体目になります。
一つは一才のときに彫った寝ている月君。
f0076833_1437294.jpg


小さい頃は寛平ちゃんみたいな目をしていて、大人になるに連れて、ほんの少し、目が大きくなりました。

f0076833_14382921.jpg


月君には、やっぱり特別な思いがたくさんあります。
東京暮らしで寂しくなかったのも月君のおかげですし、1000枚以上のクロッキーのモデルをしてくれたのも月君でした。

f0076833_14412241.jpg


一彫り、一彫りにおもいでがいっぱい詰まっています。
こういう時間が過ごせるのも贅沢でありがたい時間だと思います。


f0076833_14434013.jpg


愛知では、大雨が降りました。
モクモクの雲が連れてきた雨は、一日半もやみませんでした。

f0076833_1444494.jpg

人間史上一番贅沢な時代に生まれた私たちは、地球に傷を付けて生きているのかなと思うと、たまに心苦しくなります。
地球は、たまに、怒ってる。
大人としてこれから絵を描く子供たちに、少しでもたくさんのモチーフを残してあげられるように、美術=自然というのを忘れずに、生きて行こうと思いました。
[PR]
by m_kirin30 | 2008-09-07 14:49 | 日常
<< 月君完成 モモちゃん四国へ >>