2011年 12月 09日 ( 1 )

「ココにいるケモノ」

f0076833_2214377.jpg

12/9日から、神奈川県大磯町の世代工房さんで、「ココにいるケモノ」展を開催しています。
初日にも関わらず、寒い中足を運んでくださったり、木彫りを連れて帰ってくださったり、本当にうれしく思っています。
たくさんの想いの詰まった、この「ココにいるケモノ」展。
どれから話そうかなと考えると、まずはじめに、この展示で伝えたい事を、お話しようと思います。


この展示は、去年の11月、一ヶ月UAEに滞在し、動物たちと暮らし、スケッチし、記憶して、日本へ帰ってから制作したこの一年の肖像画です。

ココにいるケモノ達は、はなももファミリーと呼ばれる、UAEに暮らすステキな夫婦が、家族として共に暮らしている動物たちの肖像をつくってほしいと思ってくださったところから始まったのです。

f0076833_23235823.jpg

滞在中、無数のスケッチを描き、写真でなく、三次元の記憶でつくるのが一番だと考え、今回はほぼスケッチのみを頼りに、彫刻達をつくりました。
せかいのどこかで、であうはずのなかった生き物たちと、出会える、
たいせつな家族の肖像が、つくれる、
こんなに私にとって、うれしい仕事はありません。

この展示会で、伝えたい事は、たったひとつ、
「美と共に生きる」、ということ。
ここにいる、彫刻になった動物たちは、別に特別な子ではなく、あるひとつの家族の、ある日常の、その日の肖像、なのです。
そんな家族の風景を、まったく遠くの日本で、「ココにいる」体験をしてもらうことで、
彫刻になる事で、はじめて気がつける美があるということ、
だれでも、美とともに暮らしている、ということ、
そんな日々のトクベツでない美が、一番うつくしいんだということを、
ケモノ達といっしょに、からだで感じて欲しいと思っています。

f0076833_22141736.jpg


ことばは、それほどいらないのかもしれません。
ただ、いままで行なってきた展示会のなかで、いちばん
あったかい展示にできたとおもっています。
お近くの方は、ぜひ、とおもっていたけれど、
いまは遠くても、来て欲しいとおもってしまう、それくらい、
たくさんの方に体験してほしい、温度のある空間になっています。

この動物たちののっかったじゅうたんの上で、ひとりでも多くの方が、
砂漠の真ん中にねころがったみたいに、自由であったかい気持ちになれればいいなと、
今、こころから願っています。

f0076833_22145046.jpg


ぜひ、ゆっくり時間を持って、遊びにいらしてくださいね。
ワークショップは、ほぼ定員となってしまいましたが、
23日にクリスマスのライブ、「ケモノハウス」は、まだ空席がありますので、
ご予約は必要ですが、動物たちの前で音楽を聴ける素敵な空間にしようとおもっているので、ぜひ遊びにきてくださいね!
けもの
[PR]
by m_kirin30 | 2011-12-09 23:58 | 展示